FC2ブログ

クラブ撮影会で「舟屋のある町・伊根町」へ

8月6日(木)晴れ

 本日は、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中ではありましたが、『ぐるっぺ「ヒロ」』の撮影会で、空気の奇麗な郊外である「舟屋のある町・京都府与謝郡の伊根町」を訪ねました。
 
 神戸から4名、加古川から2名、丹波から2名、計8名が、午前10時半に舞鶴道「六人部SA」に合流し、途中の食堂で昼食を済ませ12時半過ぎに現地に到着、駐車場に車を停めた後、それぞれの狙いを胸に秘めカメラを手に町内に散らばりました。

 まず目についたのはある民家の玄関先、「ふくろう」のような顔に「ピノキオ」のような足を持つ生き物が額の縁に腰かけているという不思議な光景、それがうまく周りの環境にピタリとはまっています、この製作者はかなりの芸術家…でしょう。

  

 宿の前に置かれた瘤コブだらけの木の根をくりぬいた植木鉢とお花、下から覗いている緑の草も効いています…それを手前に、向こうから人が来るのを待って…。

 2-20200806015cc.jpg

 これもある民家の家先の光景、植木の枝に絡ませた朝顔の蔓がユニークです。

3-20200806025cc.jpg

 いつの間に出来たか、海辺に斬新な形のお店が並び、その中で新鮮な貝でも焼いているような芳ばしい匂いが漂っていました。

 そんなお店のデッキでくつろぐ若者…。

4-20200806045cc.jpg

 漁港近くに行くと、大きな氷の塊が並べて置いてありました。

 こんな暑い日中に何で? 溶けるのを待っているのか…意味不明です。

5-20200806053cc.jpg

 積み重なった丸いブイを前面に、つる草の絡まる窓ごしに港光景を望む。

6-20200806060cc.jpg

 昼を過ぎ人気のない漁協内。

7-20200806076cc.jpg

 つり下げられた合羽の写真を撮っていると、「何が面白いんですか?」と事務所の人に声をかけられました。

 一応説明したのですが、笑って「私にはわかりません」と言われました、ごもっとも…?

 8-20200806074cc.jpg

 まるで生き物のような?ゴムホース。

 「それの何が面白いの?」とまた言われるかも。

9-20200806083cc.jpg

 漁協を後に、少し高台から舟屋群を見下ろします。

10-20200806095cc.jpg

 帰り道に立ち寄った大きな船の倉庫、壊れかけたような「味のある」建物です。

11-20200806165cc.jpg

 広い建物内にはこんな船が一杯保管してありました。

12-20200806156cc.jpg

 3時過ぎになり、本日の撮影会は終了。

 気温も結構上がっていましたが、熱中症にかかることもなく無事帰宅しました。
 
 この日の成果は22日の例会で披露されます、皆さんの自信作が楽しみです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR