FC2ブログ

1991年11月「白川郷」

7月10日(金)雨

 少し収まりかけたと思った新型コロナウイルス感染が、東京や大阪などの大都市で増え、若年層を中心にまた再び拡大しつつあるとのニュース、まだまだ予断を許さない状況にあるようです。
 それに加え、九州や東日本の岐阜、長野では記録的な豪雨で死者さえも出るほどの被害が出ている様子はまさに踏んだり蹴ったり、今年は後日、「悪夢の年」と記憶されるかも知れません。

 そんな今日は朝から雨、以前から見直している古い写真の中から、1991年11月に訪ねた「白川郷」の写真をお見せします(カラーもモノクロもすべてフィルム写真をスキャンしデジタル化したもの)。
 
 この折に同行したのは、今は亡き妻?…何故「?」かについては後述します。
 
 秋も深まる白川郷、合掌造りの民家や束ねられた茅を背景に、その雰囲気にあった衣装の「絣のもんぺ」を用意し、モデルを務めてくれました。 

1-911124-47cc.jpg

 立てかけられた茅の束の中で。

2-911124-43cc.jpg

 格子窓を背景にシルエットで…。
 
 確か合掌造り保存館のような施設だったと思います。
 
2-199111001cc.jpg

 急な階段を登る…このきれいな光はモノクロでの撮影にピタリ。

3-199111003cc.jpg

 黒光りの板の間に正座…何を考えているのか。

4-199111005cc.jpg

 古い「機織り機」がありました。

 「丹波布」の講座に通っていましたから、「機織り」はお手のもの。

5-199111021cc.jpg

6-199111023cc.jpg

 普段の生活の様子を再現するため、囲炉裏端におばあちゃんとおじいさんがいました。

 何しろどんな人にもすぐに打ち解け会話の出来る性格でしたから、おじいちゃんやおばあちゃん相手はお手のもの…。

7-911124-49cc.jpg

 すぐに打ち解けて仲良くなり、会話もはずみます。

7-199111014cc.jpg

9-199111025cc.jpg

10-199111008cc.jpg

 いかにも寒そうなこの仕草、なかなかうまい演技?です。

3-911124-23cc.jpg

 この他、私の個人的な撮影やクラブの撮影会などでも度々モデルを務めてくれました。

 そんな彼女はこの9年後にこの世を去りました。
 知り合って10年余りの付き合いの末、婚姻届けを出したのは2000年6月半ば、この時にはすでに乳癌末期で余命…日、戸籍上はわずか1か月ちょっとの花嫁でした、よって「妻」と呼ぶには…。
   
 あれからまた20年が過ぎ、やがてまた彼女の命日が巡ってきます。

 もっともっと生きたかっただろうに…! 当時の出来事…楽しかったこと、辛かったこと等々思い出し、彼女の「魂」は今頃どこの空に漂っているのだろうか等想像しながらこのブログを書いています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村





関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR