FC2ブログ

2020年初詣に「内尾神社」へ

2020年1 月 1日(水)晴れ

明けましておめでとうございます!
いよいよ2020年の幕開けです、と言って取り立てて変化がある訳でなく、いつも通りの朝を迎えたのですが、「新年」と聞くと何となく気持ちだけは新鮮な気分になるから不思議です。また、いろいろ不都合なことがあり、不安定な心を引きずったままになりそうな状況にあっても、それを断ち切るには都合のいい「区切り」となります。

そんな今日、ドサッと届いた広告などで重たいほどの新聞にゆっくり目を通していたのですが、窓の外の気持ちのいい陽ざし見ているうちにやはりじっとしていられなくなり、地元の「内尾神社」に出かけました。

この神社、この近辺の元締めとなるかなり由緒ある神社で参拝客も多く、私も毎年「初詣」というより「撮影目的」で訪れています。

デンと控えた大きな門松、その背後の重厚な鳥居と鬱蒼たる杉木立、下げられた提灯が本殿まで続きます。

その参道を歩く人の姿を入れて…。



提灯を手前に大きく入れて参道の奥の深さを…。

2-20200101002.jpg

本殿に登る階段の手前の手水鉢、かなり暗いのでストロボを軽く焚きました。

3-20200101011.jpg

かなり急な石段を登ると、社務所前の広場に茅の輪くぐりの大きな輪が備え付けられていました。

5-20200101065.jpg

その右手には、燃え盛るかがり火と苔むした巨木があります。

4-20200101016.jpg

社務所前では、焚火が焚かれ甘酒がふるまわれる等、暖かいもてなしがあり、参詣者もゆったりとくつろいでいます。

その奥にはおみくじも売られています。

4-20200101063.jpg

手順にのっとり「茅の輪くぐり」をする二人連れ、丁度並んで足をあげたところでシャッタ―を切りました。

6-20200101057.jpg

さらにもう一段急な石段を登ったところが本堂です。

この木の傷み具合が歴史の深さを物語っています。

7-20200101027.jpg

振り返るとちょうど親子が茅の輪をくぐろうとしているのが目に入りました。

8-20200101035.jpg

お賽銭を入れ、順番にお祈りする人たち…。

願い事も人それぞれ、それをいちいち聞き届ける…神様も大変です。

9-20200101040.jpg

最上部にある6つばかりの祠、それを順次回りながら社務所を見下ろします。

10-20200101045.jpg

見下ろせばかなり急な石段、足元の頼りない私には少し怖い…。

11-20200101066.jpg

境内を歩き回って4、50分、写真に集中してお詣りをおろそかにしそう…、それでも出来ればこの一年、「健康で何とか無事過ごすことが出来ますように…」と、心の中で手を合わせ、今年の初詣?を終えました。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR