FC2ブログ

「彼岸花」満開の秋日和

9月26日(木)晴れ

今日も気持ちのよい秋日和、買い物に出かける行き帰りの道端に咲く彼岸花を見ると、やはり今年も「撮っておかねば」と、陽が少し傾き始める午後3時過ぎになり、カメラを手に出かけました。

濃淡のあるグリーンの草むらを背景にすると彼岸花の「鮮やかな赤」がさらに強調されます。



近くに小学校がありちょうど下校時で、ランドセルを背負った子供たちが通りかかりました。

ちょっと小さいのでわかりにくいのですが…。

2-20190926036.jpg

そのまま「達身寺」まで足を延ばしました、ここにも彼岸花の群生地があります。

お寺の横にあるおなじみの六地蔵を背景に一枚…。

3-20190926049.jpg

よくあるパターンですが、背景を日陰にすると、さらに鮮やに花ビラが浮かび上がります。

4-20190926045.jpg

ここでちょっと奥の手、ソフトレンズを使います。

同じ被写体でも少し幻想的な雰囲気に仕上がります。

5-20190926001.jpg

白の彼岸花、昔は数本しかなかったのがかなり数が増えました。

単独で見ると、白というより、黄色がかって見えます。

6-20190926047.jpg

それでも「赤花」と並べると「白さ」が強調されます。

この秋の日差しは、輪郭の「にじみ」が命のソフトレンズによく合い、「秋日」の表現にピタリです。

7-20190926012.jpg

日陰を背景に日の当たる彼岸花、右上から下がる葛の蔓をポイントに…。

8-20190926067.jpg

岩の割れ目から伸びた3本の花…、群生とは違った味があります。

9-20190926071.jpg

ここは「樽」に植えられた「蓮」も有名ですが、今は花も終わり、枯れ始めた「蓮の葉」が残っています。

青空と白い雲を背景に下から見あげる形で…、葉っぱが鳥か蝙蝠のようにも見えます。

10-20190926075.jpg

午後3時頃から約1時間、とりあえず「今年の彼岸花」を撮ったことで満足。

28日は”ぐるっぺ「ヒロ」”の例会で神戸へ、29日は同じく神戸の「原田の森ギャラリー」で開催中の「兵庫県写真作家協会展」に行き作品鑑賞の後、出品した私の作品の搬出もしなくてはなりません。
天気がすぐれないのが気がかりですが。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR