FC2ブログ

京都「八坂神社節分祭」から「祇園」へ

2月2日(土)晴れ

本日は、「たんば写真クラブ」の撮影会で京都「八坂神社節分祭」に行って来ました。

参加者は、インフルエンザ等の影響で参加出来ない方が増え、わずか4名となりましたが、幸い天候に恵まれ、少し暖かいほどの陽気と観光客の雑踏の中、何とかそれなりの作品作りは出来たのではないかと思います。

福知山線「篠山口駅」に10時過ぎに集合、大阪で「阪急京都線」に乗り換え、午後1時過ぎに「四条河原町」に到着、早速カメラを構え八坂神社を目指します。
途中「四条大橋」からは、遠くに雪を冠った山並みを望む鴨川の堤防沿いを、春日を浴びながら散策する人たちののどかな光景が目に入り、思わずシャッターを押してしまいます。



体が触れ合わずには動けないほどの人ごみの中を歩き、ようやく八坂神社の山門前にたどり着きました。

おそらく3分の2以上はいると思われる外国人観光客、その中でも着物姿の女性が特に目立ちます、これが日本を訪れる彼女らの最大の楽しみなのかも知れません。

2-20190202013.jpg

きれいな光の中で何かに夢中になる女性の後姿を撮らせてもらいました。

3-20190202040.jpg

余りの人の多さに写真どころではないと、約一時間で神社を後に、「祇園」の町中に出ました。

少し路地を入ると石畳の静かな通りがあり、何となくほっとします。

4-20190202052.jpg

少し角度を変えて一枚。

これぐらいの光景は何も京都まで来なくても…、かも知れませんが、やはりこんな光景が一番「古都」らしく、風情があります。

5-20190202054.jpg

この石畳の通りには、「舞妓さん」でなくとも「着物の女性」が似合います、後ろ姿でも雰囲気があります。

6-20190202061.jpg

スマホで写真を撮りあう二人の女性がいました、オレンジ色の西日がいい感じです。

7-20190202074.jpg

店先で45度に腰を折り、深々と頭を下げお客を見送る割烹着の二人が目に入りました。

その客は余程の上客なのでしょう、一度こんなお見送りをしてもらいたいものです…。

8-20190202072.jpg

狭い路地はどこまでも続きます。

提灯と唐傘、その色彩に惹かれシャッターを押しました。

9-20190202088a.jpg

「四条大橋」袂から狭い路地をめぐり「三条大橋」に着きました。

橋上から河川敷を見下ろすと、サイクリングを楽しむ人の影が長く伸び始め、夕刻が近づいて来たことがわかります。、

10-20190202109.jpg

川辺で腰を下ろし語らう二人、髪の毛の色からして外国人でしょう、その背後をサイクリングの若者が通過します。
対岸には等間隔で並ぶカップルの姿も見えます。

平和な時間が過ぎて行きます…。

11-20190202114.jpg

5時前になり、「阪急河原町」の駅に戻ると、ロボットのパフォーマンスで人を惹きつける白装束の男性がいました。

ギクシャクと動くそのしぐさは見事です。

12-20190202128.jpg

その後、人身事故のせいで阪急電車は遅れたようでしたが梅田まで戻り夕食後、大阪から来た時と同じ経路で帰宅しました。
歩行約13,000歩、いつもに比べ少し少ない目でしたが、それでもよく歩きました。

ところで、「節分祭」の撮影と言いながら、「豆まき行事」は何も撮っていません…、それはいつものことで、狙いは行事そのものでなく、行事の近辺でうごめく「人間模様」を撮るのが目的、だから、「節分祭」の模様が何も写されてなくても不思議ではありません。

そしてまた明日は、”ぐるっぺ「ヒロ」”の撮影会で「有馬温泉」へ行くことになっています。
少し天候が心配ですが、頑張ります!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR