FC2ブログ

北条鉄道ローカル駅から加西フラワーセンターへ

1月12日(土)曇り

本日は、「たんば写真クラブ」の撮影会で、本来は、初心者でも撮りやすい「花の写真」の撮影のためにフラワーセンターでの撮影会を計画したのですが、それだけではもったいないということで、最近特に話題になることの多い、北条鉄道のローカル無人駅も訪ねることにしました。

午前10時に2台の車で6人が丹波を出発、最初に着いたのはは、北条鉄道「法華口」。
この駅は駅舎の中で営業する人気のパン屋の女店長が駅長を務め、電車が停まるごとにホームで出迎え、手を振って見送るという行為がテレビで放映され有名になった駅なのですが、どうやら引退されたようでした。

その寂しさを紛らわすかのように、ホームにはまだ門松が飾られたままでした、おそらく15日前後の「とんど」の日までこのまま残されるのでしょう。

いつも感じることながら、色彩のない冬にあって南天の赤い実の鮮やかさはひときわ映えます。



寒々とした広い平野に長く伸びる二本のレール…。

小さいのであまり目立ちませんが、枯れ枝の先にとまった黒いカラスもかなり意識してシャッターを切っています。

2-20190112012.jpg

登り下り各1時間に一本、上下合わせて約30分に一本の電車が停まります。

ここでは乗客の出入りはありませんでしたが、柱につるされた「テルテル坊主」(あまり目立ちません)が出迎えてくれます。

3-20190112008.jpg

次に北条方面に向い二つ目の駅「長(おさ)」駅を訪ねました。

北条の石仏を模した駅長帽子を冠った石仏を手前に入れ、電車を出迎える駅長さんを…。

4-20190112023.jpg

「無人駅」なのになぜ「駅長さん」が…?当然の疑問に気がつき聞いてみました。

この路線の駅長さんはすべて「ボランティア」で、応募者の中から選ばれるそうな、そして駅の運営は各駅長さんに任され、駅長さんの色々趣向を凝らしたアイデアで路線の活性化を図っているそうな…、パン屋あり、野菜売店あり…等。
そう言えば、「おでん列車」のポスターが貼ってありました、そして、「おでん食べ放題、飲み放題?で、4000円」の乗車切符はすぐに売り切れたそうな…。

車掌さんの足元越しに見る、ホームに入る電車…。

5-20190112024.jpg

駅舎にある、「駅ナカ婚活相談所」、これもボランティア駅長さんのアイデアの一つです。

6-20190112049.jpg

「長駅」の駅長さんにもう一つ面白い駅があると教えられ、一つ手前の「播磨下里駅」を訪ねました。

積み上げた稲わらの上にとまる二羽のニワトリ、どんな意味があるのか乗り出すように線路を見つめています。

7-20190112059.jpg

ここでようやく乗車する人に出会いました。

8-20190112071.jpg

その後、少し遅い昼食をとり「加西フラワーセンター」へ。

花もあまり咲いてない屋外を見送り室内へ入ると、あったかい温室内は色とりどりの花盛りです。

9-20190112078.jpg

横文字の花の名前は覚えられませんが、色と形の面白い花を選んでシャッターを押します。

10-20190112103.jpg

食虫植物の一つ…、なんでこんな形になるか、なんでこんな色になるのか、自然界は摩訶不思議です。

11-20190112086.jpg

靴下か長靴をぶら下げたかのような、これも花の一種なのでしょうか…。

12-20190112088.jpg

あちこちと温室内の花を探して散策、4時になり本日の撮影は終了です。

花はきれいで当たり前…、そこから少し抜け出す作品が出来たかどうか、それは次の例会で明らかになります、楽しみです。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR