FC2ブログ

養父市別宮、「お綱打ち」の撮影に行く

1月9日(水)雪

本日は、ぐるっぺ「ヒロ」の撮影会で、養父市別宮の「お綱打ち」の撮影に行ってきました。

昨夜来の冷え込みで外はうっすらと雪化粧の中、8時半過ぎに丹波の参加者2名と出発、10時前に八鹿道の駅「但馬蔵」で、加古川組2名、神戸組4名と合流し車3台で、不安になるほどの激しい降雪を突き11時頃、東鉢伏スキー場下の民宿街である「別宮」に到着しました。
さすがにスキー場下の集落であるだけに積雪量は多いのですが、道路は踏み固められ、長靴がなくとも移動は可能です。

そんな集落の入口近くにある神社横の作業小屋では、大量のワラを集めて「大綱」つくりの作業が進んでいました。



ワラをねじりながら「綱」に編み上げていく作業はなかなか迫力があります。

2-20190109005.jpg

ワラを供給する作業はおばちゃん達の役目のようで、手のかじかむような雪の中でも楽しそうで笑顔が絶えません。

3-20190109016.jpg

太さ約30センチ、重さ約100キロあるという「大綱」ですが、手際よくコンパクトにまとめられました。

4-20190109068.jpg

まとめられた「大綱」をロウソクを灯した祭壇に掲げ、お神酒で完成を祝います。

5-20190109071.jpg

その後、「大綱」を担ぎ出し、吹雪の中お綱屋敷と呼ばれる広場で上組と下組に分かれて「綱引き」が行われます。

7回繰り返しますが最後には上組が勝つようになっており、それでその年の豊作が約束されるといいます。

6-20190109083.jpg

さらに深い雪の中を、集落を見下ろす小高い岡の上までみんなで「大綱」を担ぎ上げます。

7-20190109084.jpg

そこには神木である大きな欅の木が二本あり、その間をつなぐように飾り付けられますが、両方の木の枝に人が登って引き上げる作業はかなり危険で、みんながかたずをのんで見守ります。

8-20190109105.jpg

両側の木にうまく巻き付けられ固定されました。

9-20190109112.jpg

最後は「大綱」に弓矢を飾りつけ作業は終了。

ここでこれから1年間、別宮地区の豊作、無病息災を願って見守り続けることになります。

10-20190109122.jpg

「大綱」を担ぎ出してから約一時間程度でしょうか、作業をする側も大変ですが撮影する側も大変です、おそらく零下を下回る気温は、手袋をはめていても手先が凍えそう…。

それにしても地元の方は、ことにかなりのお歳のおばあちゃんもおられますが元気で、笑顔こそあれ小言は一つも聞こえず、江戸時代から続くといわれるこの伝統行事に寄せる村民の熱意が伝わります。

この後、「大綱」の下に村の人たちが集まり、「バンザーイ!」を三唱するのですが、今年は足場が悪く撮影出来ませんでした、そこで少し古いのですが前回(2012年)に行って撮った「バンザーイ!写真」をお見せします。

ばんざーい

昼を過ぎ、行事も終了したところで、せっかくここまで来たのだからと、「別宮の棚田」と「鉢伏スキー場」まで足を延ばすことにしました、ただ、棚田は雪に埋もれ陰影がなくて写真にならず、スキー場も平日のこともあり人が少なく、これまた写真になりません。

それでも行った記念に1枚。

11-20190109142.jpg

3時頃になり、帰宅にもかなり時間がかかるからと本日の撮影は終了、来た時よりも少し積雪の多くなった道路を引き返し、無事帰宅となりました。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR