FC2ブログ

猛暑の日、「たんば年輪の里」を訪ねる

7月19日(木)快晴

夏日、真夏日、猛暑、酷暑…、新聞テレビ等で毎日この文字が躍らぬ日はない「強烈な暑さ」の続く毎日、暑さの表現も既成の言葉では表現し切れない40度を越えの日もあり、「炎暑」という言葉も使われるこの頃です。

外に出れば焼けつくような日差し、家の中も同様ですが、窓を開け放し、背中に濡れタオルをかけ扇風機に当たるとかなり暑さはしのげます、また夜も窓を少し開けて寝ると、朝方にはタオルケットでは寒いくらいの時もあり、余程の時以外は何とかエアコンに頼らずに過ごすことが出来ています。
また、市役所からの、熱中症対策についての毎日の放送もよく聞き、テレビの健康管理に関する情報も出来る限り見るようにし、一時間おきに水分をとるなど、熱中症対策にもかなり気を使い、暑い夏をそれなりに乗り切れています。

そんな今日、昼前の買い物ついでに久しぶりに「年輪の里」を訪ね、それこそ「痛い程の日差し」のもと、カメラを手に公園内を散策しました。
驚いたことに、こんな中でも、グランドゴルフに興ずるお年寄りたちがいました、熱中すれば暑さなど気にならないのか…、熱中症が心配ですが、あちこちに大きな木陰があり、適当に休憩をとっているようです。



強烈な暑さの中でも地中に根を深く張った植物たちは、暑さなど何のその、緑豊かな姿はいつもと変わりません。

それでもさすがにこの真昼間、いつもよく見かける散歩やジョギングをする人はいませんでした。

2-20180718008.jpg

足元を見ると、枯れ葉に落ちた葉っぱの影が、面白い模様を作っているのを見つけました。

3-20180718005.jpg

見上げると、葉っぱの先に残るセミの抜け殻がありますた。

こんな不安定なところからこの世に生を受け旅立って行ったのです、しかも短い短い生を…。

3-20180718018.jpg

更に見上げると、面白い形の葉っぱが目につきました。

間に小さな丸い実が見えます、これが大きく紫色に育ち、「イチジク」となります。

4-20180718014.jpg

少しアップで迫ります。

光の当たり方で濃淡が出来、見た目もなかなかきれいです。

5-20180718012.jpg

木の葉のついた形のいい小枝がありました。

赤茶けたグランドを背景にすると形が浮き上がり、まるで日本画、襖絵のようにも見えます、

6-20180718021.jpg

青空を背景に大きな葉っぱをアップで。

「トチノ木」の葉ですが、これも光の当たり具合で結構作品になります。

7-20180718025.jpg

同じく「トチノ木」です。

逆光で透かして見ると葉脈が浮き上がり、また違った印象になります。

8-20180718027.jpg

昼前の40分ほど、適当に日陰もあり直射日光にさらされ続けることもなく散策。

真夏日のほんのひと時ですが、やはりカメラを持って歩くというのは、いいストレス解消になります、とは言って、そんなにストレスがある訳ではなく、心のリフレッシュと言った方が正解かも知れませんが…。






関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR