FC2ブログ

1か月検診のついでに「西脇市内スナップ」

5月24日(木)晴れ

2年前に手術を受け、その後2年経過したところで詳しい検診を、と先月半ば、2泊3日で西脇病院に入院、「異常なし」、「薬の服用も必要なし」の指示を受け、それから一か月が過ぎた22日に、改めて同病院へMRI撮影等の最終検診を受けに行きました。
結果は、「なんら異常なし」「血流もきれいで問題なし」、「これで無罪放免?です」、「何か異常があればまた診察に来られてもいいですが、とりあえず次回は半年後で結構」、とのうれしい診断を受けました。

人生も終盤に入ってからの二つの大病、その一つは何とか乗り越えることが出来たようで、すっかり気をよくした私は、いつもの「ついでスナップ」に西脇市内を歩くことにしました。

まず、こちらへ来るといつも見かけながらも入ったことのない、「童子山公園」を訪ねました。

特に目につくほどのものはないのですが、快晴の公園は歩くと少し汗ばむほど、それでも木々に囲まれた小高い公園の爽やかな緑には癒されます、黄緑の木の葉の色彩は、ちょうど今の自分の心根そのものです。

錆びついた鉄パイプと緑の葉っぱ…、この取り合わせがいい。



壁に映った木の葉の影もなかなかのもの。

2-20180522007.jpg

これはハト小屋の網に映る木の葉の影、この形が…。

3-20180522012.jpg

公園を散策後、市内に入り、播州織工房館前から少し奥に入ると、廃屋の表に白い花が咲いていました。

きれいな花と崩れかけた建物のガラス戸、面白い対比です。

4-20180522014a.jpg

西脇市は美術家横尾忠則氏の「Y字路」で有名です。

これもそのY字路の一つ、白い看板にその説明が書かれています、そんなY字路を探して歩くのも一興か…。

5-20180522018a.jpg

その少し奥に少し荒れた公園があり、奥のコンクリート壁に子供のイラストが描かれています。

そこに陽が当たり、いい感じ…。

6-20180522026a.jpg

同じく、枯れた大木と草むらと鮮やかなイラスト…。

7-20180522021a.jpg

次に少し足を延ばし、「旭マーケット」に行きました。
ここは大正末期から昭和初期にかけて、播州織工場で働く女工さんの共同宿舎だったとの説もありますが、かって新聞にも取り上げられた貴重で珍しい木造アーケードで、今も人が住んでおられるようです。

9-20180522048a.jpg

人の気配はなく少し物足りないのですが、壁に映る濃い影がポイントになります。

10-20180522043a.jpg

共同の炊事場の後でしょうか、何となく昔の面影が忍ばれます。

11-20180522042a.jpg

その他、このように板壁の建築物もたくさん見られ、それなりに街の散策も楽しいものがあり、新しい発見も出来そうな町並みです。

12-20180522052a.jpg

昼前から2時間ほど、あちこちを散策、それらしき写真も何枚かは撮れました。
ただ時間が昼時で、人が余り出ていなかったので少し寂しい部分はあります。

そして帰宅後、画像をチエックし記事を書こうとしましたが、パソコンのキーボー、「Enter」と「スペースキー」が不良で入力が出来なく、修正しようとネットで色々検索、何度も試しましたがうまくいかず、結局「キーボード」そのものが故障のようで、「キーボード」を新しくし何とか回復、ためにブログ掲載が遅れてしまいました。5月4日以来、ご無沙汰していたので気になっていたのですが…。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR