FC2ブログ

「舞鶴西漁港」&漁村「吉原」をスナップ

4月4日(水)晴れ

毎日続く快晴の日々、桜も満開で心も弾み、どこかへ撮影に出かけたいところ。
そこで昨夜、写真仲間と話していて急に思いつき、本日、「舞鶴西港」の漁港スナップに行くことにしました。
よって今回は、「ついで」でなく、ちゃんと「目的を持ったスナップ」ということになります。

仲間の車に同乗させてもらい午前8時に丹波を出発し、高速「若狭舞鶴道」に乗ると、早いもので1時間少しで舞鶴西港に着きます。

この漁港は、地元だけでなく伊根港などからも魚が運ばれてくるため、昼前まで人であふれ賑わっており、被写体に不足しません。



色鮮やかな魚、「キンメダイ」でしょうか。

トロ箱の氷の上に並べられた様は、まるで水中を泳いでいるように見えます。

2-201800404012.jpg

「穴子」でしょうか、つやを帯びた曲線がきれいですが、人によりこの形を好まない人もいるでしょうね。

3-201800404021.jpg

イワシではない?、サバでもない…?、無数の小魚が無造作に入れられていました。

この「群像」…、何かを訴えるような「まあるい目」がポイントです。

4-201800404037.jpg

次々にセリにかけられ、落札済みの白い紙が置かれて行きます。

5-201800404068.jpg

民宿のおばちゃんでしょうか、自転車の上で品物を確認していました。

6-201800404075.jpg

セリ落とされた「サワラ」、その色つやが光を浴びて黒光りしています。

7-201800404086.jpg

少し離れた場所では、ご婦人たちが出荷の作業をしていました。
大きな箱に入れられた「イワシ」を籠で引き上げ、ビニールにくるみ発泡スチロールの箱に手際よく詰める…、次々と人が連携して、無駄なく作業が進行していくさまはさすがです。

8-201800404120.jpg

外に出てみると、カラスやトンビの大群が、おこぼれを狙って待機しています、その光景は少し異様です。

9-201800404046.jpg

1時間半余りスナップし、11時ごろになり少し早めの昼食です。
すぐ側にある食堂に入りました、漁港での昼食なので、新鮮な「刺身定食」を、と思ったのですが時間が早すぎてダメ、仕方なく「サバの煮つけ」と「だし巻き」で済ませました。

その後、運河の対岸にある古い漁村「吉原」を歩くことに。

運河にかかる橋の上から、留められた小さな漁船と満開の桜をポイントに…。

10-201800404170.jpg

小さな神社があり、満開の桜が風に散っていました。
その鳥居の足元で、タンポポの花に降りかかる桜の花びらが目につき一枚。

11-201800404197.jpg

路面に花びらの散る吉原の街角…。

12-201800404209.jpg

その入り口にあるお地蔵さん、色とリどりの前掛けが、気持ちのよい春の日を浴びています。

13-201800404210.jpg

その後、「しだれ桜」が有名な、「瑠璃寺」を訪ねましたが時期遅く、みごとな?「葉桜」を鑑賞して引き上げることに。

出発が早かったので、帰宅は結構早く3時過ぎ、よく歩き、たくさん撮影しました。
帰宅後、撮影枚数を見ると、何と831枚、この後の処理がまた大変です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR