FC2ブログ

写真展のついでに「天王寺公園からアメリカ村」へ

11月10日(金)晴れ

本日は、丹波写真クラブの会員さん二人と、大阪市立美術館で開催されている「第102回二科展」と、合わせ開催されている「第65回二科会写真部展」を見に行ってきました。

市立美術館は天王寺公園内にあり、青空の広がる絶好の行楽日和とあって公園内は、日向ぼっこを楽しむ人や、家族連れでたくさんの人々が集い、スナップには絶好の状況で、ゆっくりとスナップを楽しみたいところですが、まずは本日の目的の「二科展」を見ることにし、入館料900円を払い、地下の展覧会室にはいりました。

「絵画」、「彫刻」、「デザイン」と各部門があり、その一つが「写真」です。
広い会場内に見渡す限り…とは少々オーバーですが、とにかくすごい点数の写真が展示されています。
後で名簿で確認したところ、会員会友で115点、入賞作品が単写真で64点、組写真で45点、総計224点ありました。

最初のうちはゆっくり観賞していたのですが、そのうち足が痛くなり、何度か休憩しなくては立っていられません。それでも気を入れて見ましたが、鑑賞順路を間違ったのか、超実力者の作品が最後になり、疲れからじっくり鑑賞することにならず残念でした。

3時前に会場を出た後、公園内の喫茶で休憩、その後公園内をしばらくスナップ。
暖かい日差しの中、お年寄りたちがのんびりと時間を過ごしている、のどかな光景がありました。



同じく陽だまりで、談笑しているお年寄りのグループ…、数羽のハトたちが平和な空気をさらに演出しています。

2-20171110054a.jpg

ワンちゃんをリュックに入れ、胸に抱えた女性が通りかかりましたので、頼り切ったような、おだやかな表情のワンちゃんを撮らせてもらいました。
女性も、きれいな人でしたよ。

3-20171110018a.jpg

その後、地下鉄で、「アメリカ村」へ向かいました。

「アメリカ村」は、ファッション・飲食・映画等々で若者に人気のある町でしたが、騒音、悪質な店舗の増加、落書きなどで街が荒廃し、怖い街のイメージがあったため、ここ数年は撮影なども遠慮しがちでしたが、今ではそんな心配のない明るい若者の街に戻ったと噂を耳にし、今回訪ねてみました。

「アメリカ村」に向かうデパートのショーウインドウ、女性水着か下着のマネキンの前を人が通り過ぎます。

4-20171110057a.jpg

階段や看板の落書きや貼り付けられたシール…、「アメリカ村」らしいイメージを探します。

5-20171110081a.jpg

店先に展示されたサングラス…、これも「村」のイメージ…、街の風景を映してなかなか味があります。

6-20171110098.jpg

これは街灯の支柱に貼られたシールと、店の看板…、なかなか「アート」です。

7-20171110082a.jpg

「たこ焼き屋」の前で呼び込みをするとぼけた表情の像。

訪れる人と握手をし過ぎて手の先が壊れてしまっています。

8-20171110121a.jpg

何の店でしょうか。

骸骨と羽を広げた鳥と、裸電球…、訳のわからないところが、すごい?

9-20171110136a.jpg

自動販売機に貼られたシールと落書き…、ここにあれば何でも「アート」です。

10-20171110125a.jpg

面白い看板はいっぱい、探せばいくらでも見つかります。

11-20171110142a.jpg

若い女性に人気のありそうな店、覗いて見る勇気はありません。

12-20171110143a.jpg

4時過ぎから6時頃まで、暗くなり街に灯りがともり始めたところで撮影を切り上げ、簡単な夕食を済ませた後、大阪駅へ。

帰りの電車は、通勤客が帰るころと重なりかなり混んでいましたが何とか座れ、8時半前に無事帰宅となりました。

結構疲れましたが、まずまずの成果は、あった…かな?
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR