FC2ブログ

たんば写真クラブの撮影会で「出石お城祭り」に行く

11月3日(金)晴れ

本日は、「たんば写真クラブ」の撮影会で、「出石お城祭り」に行ってきました。
数日前まではこの日の天気は「曇り」だったのですが、朝起きてみると深い霧、霧の晴れるころには青空が広がることを期待し、9時前、参加者5名が会員さんの車に同乗させてもらい丹波を出発。
そして出石に着く頃には、期待通り真っ青な空が広がり、絶好の撮影日和となりました。

出石と言えば、まず「お城」ですが、「ソバ」と「出石焼」も有名です。
通りには「出石焼」の看板がかかったお店が目立ち、ある店先に「お茶碗」がいっぱい並べられていたのが目についたので、遠くから着物姿の女性が通りかかるのを待って一枚。



メイン会場側の「家老屋敷」前では、「子ども大名行列」に参加の子供たちが、「奴」の衣装を着け、のんびりと出番前を待つ姿がありました。

1-20171103006.jpg

木陰では「腰元」姿の少女たちが出番待ちをしていました。

この行列の配役を見ると、「殿様」役ほか、総勢50名以上の参加者があるようです。

2-20171103079.jpg

お城への橋のたもとで、「着物クイーン」のきれいなお嬢さんが記念撮影をしていましたが、かしこまった姿よりも、その前後の自然な表情の方がいいので、「これから」という前の一瞬をスナップ。

3-20171103093.jpg

やがて行列が始まりましたが、行列自体はなかなか写真にならないので、露店ごしに奴さんが通る瞬間を一枚。
狙いは、「まわりで見物する人たちの動きや表情」です。

4-20171103097.jpg

11時半になりお腹もすいたところで、早めの昼食。
せっかく出石に来たのだからやはり「ソバ」を、ということで、「辰鼓楼」の池が見えるお店に入りました。

一人前5皿を注文しましたが、10皿を注文した人も…、やはり5皿では少し物足りません。

5-20171103089.jpg

食後は、メインの行列は無視し、街中へ…。

天気も良く、あちらを見てもこちらを見ても人でいっぱい、スナップの材料に事欠きません。

6-20171103057.jpg

この傘屋さんは、いつも店先に色々な色彩の傘が吊り下げられていて、格好の被写体です。

後はこの前を通る人を待つだけで、いくらでも作品は作れそうです。

7-20171103043.jpg

記念写真用に置かれた看板の前で少女が二人…、何をしているのか?

7-20171103047.jpg

その後、街中を行ったり来たり…、かなり疲れましたが、最後に、沢庵和尚ゆかりの寺「宗鏡寺」へ。

手前の社務所の前に、木彫りの像があります、多分これが「沢庵和尚」なのだと思います。
その「眼付」が何ともユニークで、頑固そうにも見え、慈悲深そうにも見え…、何度も見たことがあるのですが、何とも不思議な表情です。
この和尚が、「宮本武蔵」に出てくる「沢庵和尚」のようですが、聞けばそれは「吉川英治」氏の創作で、何ら関連する事実はない、とのことでした。

10-20171103163.jpg

最後に、楽々鶴(ささづる)を製造する出石の酒屋、「出石酒造」に寄りました、。
ちょっと覗いたところ、どうぞ入ってください、と言われ、創業1708年という酒屋内部を何枚か撮影させてもらった後、原酒の味見をさせてもらいました、そして、実においしかったので、結局小瓶を一本買いました。

11-20171103192.jpg

駐車場に戻ったのが4時過ぎ、よく歩きました、15,000歩は超えていると思います。

帰り着いたのは6時過ぎ、天気も良く、撮影枚数469枚、それなりの成果があった秋の一日でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR