FC2ブログ

青空の下、少し時期外れのコスモス畑へ

10月18日(水)晴れのち曇り

本日の朝の気温は18度、少し寒いくらい、寒がりの私はストーブに火をつけ新聞を読んでいたのですが、青空が見え始めると居ても立ってもいられなくなり、9時過ぎにカメラを提げ出かけることに、行く先は、清住のコスモス園です。

今更「コスモス園」など珍しくもないのですが、やはりこの時期になると一度は足を運ばなければ落ち着きません。

氷上町清住の達身寺前の駐車場に車を停め、入園料200円也を払い、お寺横手から農道に入ります。

空き家になった民家前の柿の木の葉が道路に落ち、背後に広がる青空と素敵な対比を見せていました。



そのまま農道を進み振り返ると、右手にコスモス畑が広がります。

2-20171018033.jpg

ただ今年の花は、気候の影響か余り背丈が伸びず、花も小さく、少し寂しい感じです。

2-20171018005.jpg

大きな柿の木がありました、柿の実は見えませんが黄色く色づき始めた葉が逆光に映えます。

3-20171018008.jpg

ある民家の畑にヒマワリの花が枯れ残っていました、華やかに咲いた花もいいですが、終焉時の姿も味があります。

花も人も、命あるものはいずれこの時を迎えることになるのです。

4-20171018014.jpg

花の写真に電柱などの人工物は不似合いです。

それでもど真ん中に入れて撮りました、電柱の影が単調さを救ってくれます。

5-20171018024.jpg

ピンクの花に白い雲と青い空、色の取り合わせはいいのですが、花が少し貧弱です。

6-20171018009.jpg

少しアップで迫りました、ストロボを弱めに発光しています。

7-20171018011.jpg

花のアップも撮りましたが、あまり変わり映えしないので、今回は主に風景写真風に…。

遠くの民家とコスモス畑、それに少し変化を与えるのは側溝の曲線です。

9-20171018037.jpg

花自体は少し時期が遅かったようです。

それでもいくらか残ったつぼみと、花の終わった種の丸い粒が、少し寂しい花の中でその存在を強く主張していました。

10-20171018040.jpg

平日とあって観光客は2、3人だけの、時期外れのコスモス畑を約一時間散策。

それでも、青空のおかげで何とかそれらしきものは撮影出来たようです。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR