FC2ブログ

大阪の下町を散策…

昨日は丹波の写真クラブの撮影会で大阪の中崎町へ行ってきました。

当日は天気予報の通り朝から雨、「私の行く撮影会に雨はない」と「晴男」を自負する私ですが、さすがに今回はそのジンクスも破れたか、と自信を失いかけたのですが、出かけるころには雨もやみ、大阪に着く頃には陽が射し青空が見えてきました、私のジンクスは生きていたのです。

午後2時、参加者6名が現地に着いた頃は、雨どころか日傘や日よけの帽子が必要なほどの好天、それから約2時間、腰を下ろすことや水を飲むことさえ忘れ、シャッターチャンスを求めて近辺を散策しました。

大阪中崎町、それは市内ど真ん中にありながら都市開発から取り残されたような、古い民家や長屋が密集した町ですが、ごみごみしたところはなくきれいに丁寧に手入れされていて、民家をそのままカフェーにしたり、小物店にしたり…、と実におしゃれな町で、若者、特に若い女性に人気があるようです。

もうひとつの特徴は、そんな古い街並みの背景に、必ず新しい高層ビルやマンションの姿が見られること…、その「新旧」の対比はカメラマンにとっては大きな魅力で、単にノスタルジーに浸るだけでなく、そんな視点から見ると実に興味深い町です。

まず、ある店先のキリンの置物、何ともとぼけた表情が魅力的で、何となく中を覗いてみようかと言う気にさせます、「あそびや」とありますが衣料店のようです。

あそびや

歩けば歩くほどに、ユニークな建物や店が目に入ります。

そのひとつ、店先が朝顔の蔓に覆われたカフェー、面白いのはその背景に高層マンションがそびえていること。

朝顔喫茶

また面白い店を見つけました。

その昔、民家や商店などにかかっていてどこででも見られた商品宣伝の看板、テレビなどにとって代わる以前はこれが大きな宣伝手段だったのですね。

右から左への横書きも、メリヤスなどと言う言葉もなつかしい…。

昔看板

衣料店の店先にある鳥と鐘の飾りもの、ストロボ一発で背景から浮き上がらせました。

店番

そして軒先に植えられた朝顔や緑の植物、自転車…等々、生活感あふれた長屋の風景、その奥には高層ビルとマンションが顔をのぞかせています。まさに新と旧が混在したこの町を象徴する風景です。

路地

ただひとつ、心配事は地震です、どうかこの町並みを壊さないように…。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR