FC2ブログ

「淡路、岩屋秋祭り」に行く

9月10日(日)快晴

昨日(9日)は「たんば写真クラブ」の撮影会で、淡路の「岩屋秋祭り」に行きました。

当日は朝から快晴で絶好の撮影日和、私を含め参加者8名が、会員さんの運転するワゴンのレンタカーで集合場所の丹波市役所駐車場を9時前に出発、明石へ向かいました。

途中コンビニで弁当を買い、魚の棚近辺の駐車場に車を停め、「明石-岩屋」間を結ぶ、淡路汽船「淡路ジェノバライン」の明石港に着いたのが10時半過ぎ、神戸の会員さん2名とも合流し、少しの待ち合わせで、11時発の高速船に乗船出来ました。

かわいいイラストが描かれた高速船は、昔の渡船のイメージと違い、上品な感じ。
デッキから甲板に描かれたイラストごしに、波しぶきと遠ざかる明石の街並みを振り返ります。



約30分で岩屋着、祭りの神社には行かずしばらく岩屋の街を散策し、スナップすることに。

少し中へ入ると、港町特有の狭い路地や坂道が行きかい、祭りとは無縁の静かな日常のたたずまいがありました。

2-20170909047.jpg

それでも商店街に入ると露店が並び、いくらかは祭りの雰囲気が漂っています。

この通りをやがて、着物姿のきれいなお姉さん方を乗せた「だんじり」が通るはずです。

3-20170909048.jpg

露店にそそぐ日差し、まだそれほど人通りがないので閑散とはしています。

4-20170909061.jpg

着飾った着物の女性たちが歩いていました。

5-20170909122.jpg

やがて「だんじり」が通りかかりました。
何か所かでだんじりを停め、その小さな舞台で子供たちが踊りを披露します、日ごろの稽古の成果が試される時でしょう。

面白いのは、缶ビールを手に所在なさげに舞台下で待つ男たち、「上と下」、このアンバランスが写真としてはなかなか魅力です。

6-20170909088.jpg

踊りが終わるとだんじり後方に着物姿のお姉さんたちが立ち、音頭に合わせて腰を振り、扇子を振りながら商店街を巡行します。

この祭りの主役は女性で、その下で懸命に支えるのが男たち、何となく現在の姿がしのばれます。

7-20170909099.jpg

歌われる音頭は、ノーエ節からデカンショ節、お座敷小唄…、等々何でもあり、それらの歌が切れ目なしに延々と歌い続けられます。
歌う方も大変と思いますが、その威勢のよさに元気付けられることは間違いありません。

8-20170909167.jpg

沖縄の衣装で踊る少女、その下には大人の別世界がありました。

9-20170909109.jpg

これまた小学生の踊り、それにしても実に色っぽいですね。

下のおっさんとの対照が見ものです。

10-20170909152.jpg

だんじり上のお姉さんに合わせて下で踊る女性、この方もメンバーの一人なのでしょう。

11-20170909193.jpg

狭い商店街で何度かだんじりを停め、踊りを披露、3時過ぎ商店街を抜け、終点の神社まで巡行しますが、そろそろ疲れが出てきました。
満足できたかどうかは不明ですが、かなりの枚数を撮影し、このまま続けてもあまり変化はなさそうと判断し、そろそろ引き上げることに。

乗船場まで戻り、食堂で少し休憩し、次の船の時間まで少し時間があるので、岩屋漁港まで歩き少しスナップし4時の船に乗船。
明石で、魚の棚商店街を少し歩き、5時20分に駐車場を出発、滝野社インター近くで軽く夕食を済ませ、帰宅は午後7時過ぎとなりました。

結構歩きましたし、撮影コマ数も800近く、帰宅後見直したところまずまずのようです。
これからまたこの画像処理にかなり時間をとられそうですが、それがまた写真の楽しみでもあり、やめられません。



関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR