FC2ブログ

写真プリントの注文ついでに「鍛冶屋線市原駅記念館」へ行く

8月3日(木)晴れ

今日は午前中に腰痛の治療に行き、昼食後、西脇の「キタムラ」へ、写真クラブで応募する会員さんの写真のプリント発注に行ったのですが、少し特殊な注文だったので受付がうまくいかず、再度出直すことに。
しかし、せっかく西脇まで出かけたのでそのまま帰るのももったいなく、帰り道にある廃線になった「JR鍛冶屋線市原駅記念館」に立ち寄りました。

「鍛冶屋線」とはJR福知山線「谷川駅」と、神戸線「加古川駅」を結ぶ「加古川線」の中間駅である西脇市「野村駅」から、多可郡中町の「鍛冶屋駅」を結ぶローカル線で、国鉄改革で平成2年3月に廃止されました。

「市原駅」は、「野村―西脇―市原―鍛冶屋」と続く鍛冶屋線の3番目の駅で、西脇市街から北に少し走ると国道沿いにイラストの入った色鮮やかな電車が展示されているのですぐに目につきます。

6-20170803034.jpg

駅舎は、「鍛冶屋線市原駅記念館」の看板が掲げられそのまま残されています。

1-20170803014.jpg

駅舎の中には、たくさんの資料が展示されていて、知っている人には懐かしく、知らない人も往時をしのぐことの出来る貴重な資料となります。

車両に掲げられていたと思われる運行区間を示す札です、。

2-20170803003.jpg

当時使用されていたであろう車掌さんの制服と帽子です。

3-20170803005.jpg

運賃表と時刻表。

加古川行は早朝の5時半から夜の10時過ぎまで、日に15本ほど運行されていたようで、かなり賑わっていたようです。

4-20170803007.jpg

市原を始点とした運賃表です。

単純比較は出来ませんが、市原―谷川まで390円、市原―加古川が640円、現在は西脇―谷川が320円、西脇―加古川が580円で、市原―西脇間の180円を差し引いても余り大きくは変わっていないようです。

5-20170803011.jpg

「鉄っちやん」でないので詳しくはわかりませんが、広場に展示されている車両は「キハ30-70、キハ30-72」の2両ということです。

イベント記念にイラストがペインティングされたのがそのまま展示されています。

7-20170803020.jpg

楽しいイラストが目を惹き、子供たちが喜びそうです。

8-20170803024.jpg

正面に回りました。

キバナコスモスが線路に花を咲かせ、子供のイラストとともにのどかな雰囲気を醸し出しています。

9-20170803025.jpg

車両の連結部です。

10-20170803031.jpg

下から覗いて見ました。

11-20170803027.jpg

「鉄っちゃん」には興味あるのではないでしょうか。

12-20170803030.jpg

これが駅舎の正面部分です、この前に線路があり、このベンチで電車待ちをしていたのでしょう。

今は七夕飾りが飾られ、線路であったろう所には車道があり、自動車が走っていました。

13-20170803036.jpg

約30分、かなりの興味を持って撮影しました。

小さな駅舎で、それほど珍しいものはありませんが、何となく懐かしい雰囲気に浸ることが出来ます。

「鉄っちゃん」でなくとも一度訪ねてみる価値はありそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR