FC2ブログ

写真展のついでに、「大阪鶴橋、コリアタウン」に行く

7月19日(水)晴れ

昨日は、「富士フィルムフォトサロン大阪」で開催された、全日写連関西本部委員の柿村早苗氏の写真展「ゆる風の街~リスボン遊遊ルポ~」を丹波の写真仲間二人と見に行ってきました。

福知山線石生を11時36分の電車に乗る予定が、家を出発間際に降り始めた豪雨のため電車が20分余りも遅れ、しかも、頼りない足取りでのJRや地下鉄の階段の登り降りはかなりきつく、会場到着がかなり遅くなってしまいました。

それでも、落書きでいっぱいの古びた街並みでありながら、見苦しくなく、センスある街の風景をうまく切り取られた作品群は、はるばる丹波の山奥から駆け付けるだけの価値が十分にある素晴らしい写真展で、感動モノでした。
しかも、一人で出かけたという氏の勇気と元気にも感動しました。

会場に約1時間いて、その後いつもの通り、「ついでスナップ」に行くことにし相談の結果、大阪鶴橋の商店街からコリアタウンを回ることにしました。

環状線鶴橋駅を降りるとそこは独特の世界 「鶴橋商店街」があり、キムチ屋、韓国料理店、民族衣装店等が延々と並び、先々であちこちに枝分かれする網の目のような路地は下手をすると迷子になりそうです。

商店街にはアーケードもあるので雨の心配もなく、大きなカメラは邪魔になるのでコンパクトなカメラで気軽にスナップをして回りました。



2-20170718014a.jpg

ある店先で、頭からトサカからそのままの形の残る鶏らしきのが、串刺しにしてゴロンと置いてありました。

「残酷?」、この場合はそんな感想は無用のようです。

3-20170718019a.jpg

少し広い通りに出ると、韓流スターの「抱き枕」が展示してありました。

4-20170718088a.jpg

1時間ばかり、狭い路地を行きつ戻りつし、お腹がすいたところで、ある「韓国家庭料理の店」へ入りました。

もちろんお腹もすいてはいましたが、まずは冷たいビールで喉を潤すのが先決で、その他「チジミ」などを注文しましたが、サービスで出してもらったつまみだけで十分なほどのボリューム、食べきれない料理を友人はタッパーウェアに入れてもらい持ち帰ることにしました。

その後、商店街を出て、「コリアタウン」まで足を延ばすことに。
折から天候も、強い日差しが注ぎ、絶好の影が出来始めました。

7-20170718124a.jpg

商店街よりは広い通りには、食べ物屋の他、ユニークな店もあります。

9-20170718132a.jpg

これは「くつ下」ですが、履くのがもったいないようなかわいいデザインです。

8-20170718125a.jpg

もちろん「キムチ」も各種あります。

10-20170718152a.jpg

ただ、「コリアタウン」は営業は6時までで、店はほとんど締まり、お客はまばらです。

11-20170718174a.jpg

わずかに西日が当たり、黄色く光っていました。

12-20170718140a.jpg

タウンの端にある「百済門」、この門をくぐると平野川があり、「コリアタウン」はここまでのようです。

13-20170718158a.jpg

7時前になり鶴橋駅まで戻り、喉も乾いたところでまた小さな居酒屋に入り、焼き肉と生ビールの「ちょいのみセット」で喉を潤しました。

14-20170718199a.jpg

その後、環状線で大阪に戻り、午後8時54分の電車に乗車、帰宅は午後11時を過ぎました。

約1万5千歩、よく歩きました。
かなり疲れはしましたが、差し引いても釣りがくるほどの満足感、一緒に歩いた友人の一人はかなりバテてしまったようですが、もう一人はすっかりここ「鶴橋」が気に入ったよう、是非ともまた訪ねたいものです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR