FC2ブログ

クラブ撮影会に「鳥取砂丘」近辺へ

6月10日(土)晴れのち曇り

本日は神戸の写真クラブ”ぐるっぺ「ヒロ」”の撮影会に鳥取砂丘と鳥取漁港に行ってきました。

神戸から車2台8名、加古川から車1台2名の二手に分かれて9時に出発。
10時過ぎに、城崎行特急バスの和田山高速道「氷上」の乗り場から同乗させてもらった神戸組の乗用車は、「八鹿氷ノ山IC]から地道を走り、鳥取砂丘会館に着いたのが12時半頃、そこで加古川組と合流し、会館で昼食後、午後からは天候がよくなさそうなので先に砂丘の撮影をすることにししました。

砂丘は帽子さえ飛ばされそうなすごい風で、時折砂嵐が舞い上がりますが、それでもたくさんの人たちが向かいの砂山に向かい歩いています。



少し左により、砂除けに張られた竹垣をポイントに狙ってみました。

2-20170610004.jpg

こちら側は人が少なく、足跡に荒らされない風紋がきれいに残されていました。

3-20170610009.jpg

少し違った光景をと、今度は右に歩き、緑の草を前景に一枚。

いかに乾燥に強いといってもどこから水分を補給しているのか不思議です。

3-20170610029.jpg

少し高台に上がると、子供のころによく目にした「ツンバラ」が風になびいていました。

ツンバラとは俗名で、チガヤ(茅萱)が正解のようです。

4-20170610037.jpg

上からの覗いて見ると、巻き毛とブローチを思わせる草の葉っぱの取り合わせ…、なかなか素敵な自然のなす造形です。

5-20170610055.jpg

元気な会員さんは、砂にまみれながら向かいの砂山まで往復したようですが、足腰に自信を持てない私は自重し、2時に砂丘での撮影を終了。

その後、鳥取港へ、そこで面白い被写体を見つけました。

岡に打ち捨てられた古い漁船、おそらくもう修理をして使われることはないのではないかと思われます。

「漁船の墓場」と誰かがつぶやきました。

6-20170610108.jpg

様々な角度から、みんなも夢中でシャッターを押しています。

7-20170610076.jpg

ここにも「ツンバラ」の群生がありました。

背後の、役目を終えた廃船との取り合わせが、侘しさをいっそう強調します。

8-20170610135.jpg

その足元に、「小判草」が群生していました。

「廃船と小判」…、何かを暗示しているようです。

9-20170610138.jpg

その後もう一か所漁港を回りましたが、人気もなく、折から雨も降りだしたところで本日の撮影は終了ということにしました。

神戸からだと片道3時間半、往復7時間のかなり長距離の撮影行でした。
幸いひどい雨にも会わずまずまずの撮影条件、ことに廃船の撮影など、「侘しさ」を表現するには、カラッとした青空よりも、どんよりした重苦しい空の方が似合います、そんなイメージを大切にシャッターを切ったのですが成果のほどは…。

明日は、丹波のクラブから大阪の街角スナップに行きます。
二日続けての撮影会でかなり強行軍ですが、何とか参加できることが幸せと感じ、頑張ってきます。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR