FC2ブログ

行ってきました、新温泉町春木の「かき餅つくり」作業場へ

2月3日(金)晴れ

今日は、写真仲間が「かき餅つくり」の作業場へ撮影に行くと言うので、他に二人の仲間とともに同行させてもらいました。
場所は、美方郡新温泉町春木峠にある、”そば処「てっぺん」”です。

春木峠は、香美町と新温泉町の境にありますが、1975年に下にトンネルが出来たため、余程の用がない限り通る車は余りありません。それゆえ、かえってひっそりとした隠れ家的雰囲気も残り、何となく懐かしさを感じさせる集落となっています。

それでもさすがに雪国、道の両側に積み上げられた雪の壁は相当高く、丹波などとは雪の量のスケールが違いますが、幸いに道路はきれいに除雪され、仲間自慢の四輪駆動の出番もないままでした。

家から1時間半、昼前に”そば処「てっぺん」”に到着、その建物の中に「かき餅つくりの作業所」がありましが、ちょうど昼前だったので撮影前に、おいしい本格的なソバと天ぷら、煮物、ソバご飯の「そばセット」(1290円)で腹ごしらえ、ボリュームもあり、なかなか美味でした。

昼食を済ませ作業場に入ると、短冊形に切られ、わらにつるされた色とりどりの餅がすだれのように吊り下げられ、その光景は圧巻です。



昔「かき餅」と言えば、家庭で正月に飾り終わった鏡餅を適当な大きさに切り、乾燥させて作ったように記憶していますが、古くは、切るのでなく、手で欠いて作ったところから、「欠き餅」の由来があるやに聞きます。

ここでは、大きな餅を「なまこ型」に切り、さらに短冊形に細かく切り分けるのが手順のようです。

2-20170203016.jpg

標高400メートルで昼夜の寒暖差が大きい場所で育つ、甘みの強い地元産のもち米を使い、黒豆、梅じそ、桜えび、青のり等6種類の風味でつくられていて、それぞれに色が違い見た目もカラフルです。

3-20170203052.jpg

12月上旬から始め、短冊状に薄切りした餅を数日間干します。

4-20170203055.jpg

約20万枚を出荷すると言います。
これだけの枚数をひとつひとつ手作業で並べて行くという作業、頭が下がります。

5-20170203049.jpg

さらにその後、40枚ずつわら縄でくくり、大きな竿に吊るして約1カ月乾燥させると完成のようです。

6-20170203041.jpg

ただ私たちは、そんな作業の大変さよりも、竿に吊り下げられた「かき餅」の形や色の面白さに感激…。
少し申し訳ないので、乾燥したのを買って帰りました。
小さな短冊の餅、それぞれ種類を混ぜ合わせて50枚で1000円、決して高くはないと思います。

そうこうしているうちに「かき餅」を買いに来られたお客さんもいました。

7-20170203069.jpg

「かき餅作業場」の撮影後、近辺を散策しました。
少し暗めの空を背景に、雪国の寒そうな雰囲気が狙いです。

8-20170203090.jpg

そこから少し足を延ばして、写真仲間の一人がよく行く小さな棚田。
今は完全に雪に埋まっていますが、この棚田でおばあちゃんが春から秋にかけ米の収穫をされているのです。。

9-20170203107.jpg

さらに足を延ばし、但馬高原植物園へ行きました。

植物園は完全に雪に埋まっていますが、レストラン前に「かまくら」がつくられ、この中にテーブルが置かれ食事も出来るようです。
夜、灯りが入るといい雰囲気になるでしょう。

10-20170203134a.jpg

レストランの屋根から巨大な氷柱が何本も下がっていて、この地の厳しい寒さが計り知れます。

11-20170203135.jpg


仲間の安全運転で何の事故もなく5時過ぎに帰ってきました。

帰って「かき餅」を数枚焼いて食べました、優しい味です。

甘く、辛く味付けされたお菓子に慣れた最近の若者にはどうなんでしょう…。
香ばしい以外にあまり味はないのですが、これが私たちが一番食べなれた味であることは間違いあれません。

当分「おやつ」に悩まなくて済みそうです。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR