FC2ブログ

激しい降雪二日目、積雪約4、50センチ

1月15日(日)雪

本日は「たんば写真クラブ」の例会の日。
朝起きて温度計を見ると部屋温度は何と0度、寒いはずです。
窓を開けるとまたもや一面の雪景色、しかも延々と降り続いています。
コーヒーとパンの朝食をとっているとクラブの会長から電話、「大雪注意報が出され、道中も危険なので本日の例会は中止にしよう」とのことです、その時はそんなに思っていなかったのですが、買い物に行こうと外に出て車を動かそうとしたのですが、雪が深くて動きません。
積雪量を測ってみると、30cm尺がすっぱり埋まり込んでしまいました、優に30cmは超え、深みでは4、50㎝は十分ありそうです、しかも降雪は激しくやみそうにありません、早やめに中止にして正解でした。

家の窓から外の様子をうかがいます。
南天の木も雪の重みに耐えられずお辞儀をしていました。



同じく窓から裏手の田圃を見ると雪面が広がり、その奥の遠くに和田山道の高架が見えます。
田圃を背景に降雪を撮ろうと低速シャッターでストロボを焚くと、浮かび上がった雪粒に影が出来、画面にこびりついたような不思議な表現になりました。

2-20170115002.jpg

浅めの長靴では雪に埋まってしまうので長いのを履き、外に出てみましたが、雪掻きをしなければ動けません。
道具もなくその辺にある板切れでとりあえず足元だけの雪を掻き、庭に出ました。

昨日も書きましたが、白い雪の中で南天の実は目立ちます、背後に激しい降雪の流れが写っています。

3-20170115010.jpg

雪の重みに耐えています。

4-20170115005.jpg

「南天の実」と並び、「サザンカ」のピンクの花びらも雪の中で鮮やかです。

5-20170115011.jpg

雪の重みに耐えて咲く「サザンカの花」、演歌の世界です。

6-20170115018.jpg

同じく

7-20170115015.jpg

雪面越しに見る隣の集落、静かです。

8-20170115014.jpg

現在、午後2時過ぎ、外では雪がやむことなく激しく降り続いています。

現在積雪約4、50cm、この調子で降り続くとどれくらい積もるのでしょうか、今現在でも車を出せないのに…、とりあえずの食料はあるのですが少し心配です。
何メートルもの雪の中で冬を過ごす北国の人たちと比べれべば、孤立している訳でなく甘いと言われるか知れませんが…。

昔は、雪が降れば撮影のチャンスとばかり、わざわざさらに雪の深い信州方面などに喜んで出かけたものです(もちろん四駆のj車でしたが)、あの元気や勇気は何処へ行ったのでしょう。

それにしても、「大雪注意報」が出されて当然の、近年まれに見る激しい降雪です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR