FC2ブログ

1月3日、「俱利伽羅不動尊例祭」の撮影に行く

1月3日(火)晴れのち小雨

本日は、毎年1月3日に開催される、篠山市の「俱利伽羅不動尊」の例祭の撮影に行ってきました。

この例祭の撮影は、昨年一昨年に続き3度目で、かなり狭いところなのですが、鬱蒼とした樹林の下にあるため天気さえ良ければ樹間からの木漏れ日がきれいで、そんな中で行われる護摩焚きや火渡りの儀式など行けば必ず作品が出来そうな、そんないい撮影場所です。

当初は何人かの仲間と行く予定だったのですがぞれぞれに都合が出来、私もどうしようかと迷ったのですが、結局一人で出かけました(結果、現地で何人かの仲間と出会いましたが)。

9時過ぎに家を出発、10時前に会場に着くと、すでに行者さんたちの読経が始まっていました。



やがてロウソクから松明に火が移され、護摩壇に積まれた檜葉に点火されます。

2-20170103023.jpg

青い檜葉はなかなか燃えなくてモクモクと白い煙を立ち昇らせます。
この立ち上る煙がこの儀式の一番の見所です。

3-20170103032.jpg

もくもくと立ち昇る煙、この煙が樹間からの斜光に映え 何とも幻想的な光景を見せてくれます。
この光景を見られただけで来たかいがあったともいえます。

4-20170103063.jpg

煙と木漏れ日の中に行者さんの姿が淡く浮かび上がります。
なかなかこんないい条件はないかと思うのですが、何故かいつも見られるのです。

5-20170103074.jpg

護摩壇に火が付くと、「無病息災・家内安全」等の願い事を書いた護摩木を参詣者から受け取り、読経とともに炎の中へ投げ込みます。

6-20170103091.jpg

檜葉から中のマキに火が燃え移ります。

7-20170103103.jpg

燃やす作業をしているところですが、見方によれば中央背中向けの行者さんを突き刺しているようにも見えます。
写真て恐ろしいものですね。

8-20170103128.jpg

檜葉はかなり燃え尽き、木組みもかなり燃え進みました。

9-20170103143.jpg

ほとんど燃えた護摩木と燃え残ったマキを分けています。

10-20170103165.jpg

燃え残ったマキを中央に並べ、「火渡りの儀式」の準備が整います。

11-20170103174.jpg

渡り初めは行者さんから。

12-20170103176.jpg

その後一般参詣者が裸足で歩く番ですが、結構希望者がいて、順番を待つ行列が出来ていました。

この頃から雨が降りはじめました。
それでも一番肝心なところではちゃんと光も射し、思い通りの撮影は出来ました、だから「もういくら降ってもいいわ」、てのは勝手過ぎて申し訳ないのですが、もうこの辺が限界と引き上げることにしました。

10時過ぎから12時前まで約2時間、ヨタヨタしながらでしたが何とか満足のいく撮影となりました、結果はいかに…。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR