FC2ブログ

2016年大晦日、「内尾神社」を訪ねる。

12月31日(土)霧のち晴れ

2016年もいよいよ最後の日となりました。
思えば今年は、今までに「経験をしたことのない経験」をさせられた年でありますが、その厳しかった年も後数時間で終わり、新しい年を迎えることとなります。

そんな今日は朝からかなり深い霧で、「記念すべき最後の日なのだからせめて何か記事を書こうと」思いたち、9時過ぎにカメラを持って出かけました。

車で西の方へ走り、田圃から白い水蒸気あがる幻想的な光景を見つけました。



畑の草むらでは「エノコログサ」が逆光の中に浮かび上がり、何気ない雑草が、何か別の生き物にも見えます。

3-20161231006.jpg

そのまま西へ進み、「内尾神社」に行きました。
ここは10月に「奴行列」の撮影会に行ったところで、今は山門両脇には立派な門松が飾られていました。

4-20161231071.jpg

参道には提灯が並び、今夜からの初詣客を出迎える準備が整えられていましたが、今現在は人気が全くありません。
それでも、樹間から漏れる光が参道に提灯の影を落し、それがかえって神聖な雰囲気をかもし出し、写真的には最高でした。

5-20161231035.jpg

そのまま進むと本堂前にデンと「茅の輪」がしつらえられ、参詣者を待ち構えています。

6-20161231043.jpg

社務所には「お神酒」の準備も整えられています。

7-20161231046.jpg

古びた本堂は膜に提灯、榊が飾られ準備万端です。
いつも写真撮影に一生懸命で、余り手を合わせたことがないのですが、今年ばかりは「賽銭」も弾み、真剣に手を合わせました。

8-20161231047.jpg

いつもの苔むした杉の巨木ですが、そこに提灯が下げられるだけで「絵」になります。

9-20161231056.jpg

本堂側から山門を「茅の輪」ごしに山門を見下ろします。
明日は「茅の輪くぐり」に多くの人で賑わうことでしょう。

10-20161231058.jpg

逆方向から山門を見ると、参道に映る影もまた印象が変わります。

11-20161231064.jpg

気が付けばすでに12時近く、いつの間にか時間が経っていました。

帰宅後、昨年の最終日のブログを読み直すと、同じく深い霧であったようで、霧景と霜景を載せていました、あの時はこんな一年になるとは思いもしなかったのですが…。

こうして2016年も過ぎて行きます。
思えば何と来年は私の干支「酉年」です、何としてもいい年にしなくては…。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR