FC2ブログ

真夏の伊根は…

船屋で有名な丹後半島の伊根。
今までは、主に冬の雪の漁港の撮影に度々訪ねたところなのですが、「真夏の伊根」が撮りたくて、昨日(17日)このクソ暑いのに訪れました。

途中、集落に入る少し前の浜辺で、釣りをしている家族を見つけました。と、見ているうちに次々と魚を釣り上げます、そのうちお母さんがかなりデカいのを釣り上げました、透き通るようなきれいな身をした「キス」です。

そんな、息子ともども自慢げな様子を、青空と青い海を背景に写させていただきました。

キス釣り

家から車で2時間弱、10時過ぎに到着しました。

伊根は、凹凸の激しい海岸線に沿って途切れ途切れに、海側に船屋と民家、道路を挟んで山側にも民家が延々と続く集落で、一気に歩き終えるのは無理があり、駐車場所を変え分割して歩くことになります。

街中での民家に多く見られるのが、ゴーヤの緑のカーテン、かなり効果的のようですが、昼過ぎになるとさすがにゴーヤの葉っぱも水気を求め悲鳴を上げているようでした。

伊根1

炎天下、時には船屋を覗き込み、時には高台へ登り…と、昼食さえ忘れてスナップすること約3時間。
暑さは強烈ですが、幸い湿気が少ない分、ジトーとして汗がねばりつくような不快さはありません、それでも水分補給だけは怠りなく…。

やはり「伊根」と言えば、「船屋」と「カモメ」、当たり前ですがとりあえず定番の1枚を。

伊根2

ここだけで約300コマの撮影、機会があればまたお見せします。

ただこれだけでは終わりません、遅い昼食に少々高価な「海鮮丼」をはり込み、空腹を満たした後、宮津市の「魚ッチ館」内にある水族館へ。ここは規模は小さいものの、好き放題に撮影できるのが利点です。

これは何? 人の顔にも見えますが実は「エイ」です、何とも愛嬌のある表情で、思わず頬も緩みます。

エイ

そしてもう1枚、体長2m以上もあろうかという巨大魚、その落ち着きある表情は、何時もどこかで見かける、そう、怖いものなしの「おっさん!」そのものの姿です。

巨魚

以上、30度を超える真夏日の厳しい撮影行でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR