FC2ブログ

風鈴の音、渓流の水音…

「暑いねー!」と言う挨拶しかないのかい!と言いたくなる毎日。
屋外の車のボンネットどころか、室内の流し台の上でも目玉焼きが出来そうな強烈な暑さです。

しかし、こんな暑さにへこたれてはおれません!
まずは早朝に墓参りを済ませ、新聞情報で得た青垣町の「高源寺風鈴まつり」へ。
記事では「小学生たちが書いた短冊を吊るした風鈴200個が風に揺れている」という…。

行ってみると、参道両側に風鈴が並んでいるだけ、それだけではなかなか写真にはなりません。

一枚の写真から「小鳥の鳴き声や風の音が聞こえてくるような…」そんな写真を撮りたいと願っている私ですが、少し荷が重かったようです、それでもとりあえず1枚パチリ。

風鈴2

なかなかモノにならず諦めて境内へ、しかし目を惹くものなし…、と、庭の池の水面を見ると、アメンボ―が動き回っています。

池面に映った影との対比がなかなか面白い、大きな目の玉のようにも見えます。

アメンボ―

この時季はこれが限界…、でもこのまま「手ぶらで帰る訳にはいかない?」と、青垣町稲土の「浄丸の滝」へ。

こんなクソ暑いさなか訪れる人とてなく、鬱蒼とした山奥の森の中は少々不気味、熊でも現れたらどうしょうと、おっかなびっくりのへっぴり腰、それでもシャッターを押し始めると何時しか夢中です…。

快晴の天候と、森の木漏れ日がポイントになり、なかなかいい感じ。

そのままオートで撮ると、岩の黒い部分に露出が引きずられ全体に明るく写りすぎます。岩の質感を出すためには、水の明るい部分の露出を測り、その数値を参考にマニュアルでシャッタースピードを設定します。
もちろん、NDないしはPLフィルターで光量を落とし、出来るだけ絞り込んでシャッタースピードを遅くして水の流れを強調しています。(ISO200.F22.1sec)

浄丸滝1

続いて、少し広角で流れの先を見通して1枚。(ISO200.F22.1,6sec)

浄丸滝2

汗だくで帰ってからのビール一杯の何と旨い事!だからやめられません!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR