FC2ブログ

十日町棚田~地獄谷野猿公苑の旅②

26日は4時半起床、夜明け前の真っ暗な道を走り5時過ぎに「星峠」に到着。

普段ならばずらりとカメラマンの三脚が並ぶ棚田を見下ろす高台も、人気は少なく2、3台の車が止まっているのみ、少し時期が早

いせいかも…。

少し白みかけた空のもと、それぞれに撮影ポイントを探し、三脚を立て撮影の準備にかかります。

少しづつ明るさが増し、棚田に張られた水が光り始めます。



あいにくのこと、肝心の山際を厚い雲が覆い、ご来光を遮ってしまいました。

やがて、少し割けた雲間に陽光が映え、オレンジの光を水田に映し始め、静寂の世界が少しづつ動きはじめます。

2-20151026021.jpg

7時前になり、太陽はかなり昇りましたが、雲の切れ間からのオレンジ色の強烈な光芒が棚田を照らし、劇的な瞬間を演出してく

れました、感動!感動!です。

3-20151026046.jpg

約2時間立ち続け、相当数のシャッターを切りました、幸いなことに大して寒くもなく7時過ぎに撮影を終了。

宿に戻り朝食後、ブナの原生林「美人林」に向かいました。

まだ緑の残るブナの木と、一足先に地面をうずめた落ち葉とのコントラストはなかなか見ごたえがあります。

4-20151026074.jpg

小さな池があり周りの風景を映し込んでいました。

落ちた木の葉と白い幹を映すブナとブルーの空…、この配色がまるで「絵のよう」です。

5-20151026087.jpg

松代から松之山にかけて名だたる棚田が約20か所あります、周り切るにはそれだけで数日かかり2泊3日の旅では無理です。

色々未練を残しながら、最後の棚田「留守原の棚田」を訪ねました。

一本杉と小さな小屋がポイントですが、肝心の田に水が入っていません、少し時期が早かったようです。

ちなみに、ここ十日町の「田に何故水が張られるのか」については、「ダム」「地滑り防止」「汚れやばい菌のろ過」「気温調整」等の

役目の他、「人の心を和ませる」との意識もあるようで、我々はその恩恵をありがたく受けたいものです。

6-20151026130.jpg

十日町棚田を後に長野県飯山市の「福島棚田」に向かいます。

ここは映画「阿弥陀堂だより」の舞台になったところで、北林谷栄扮する「お梅ばあさん」が暮らしていた「阿弥陀堂」がそのまま残さ

れています。

その高台から見下ろした棚田風景、正面の山は「妙高山」に続く山並みかと思われます。

7-20151026146.jpg

そしてこの日の二つ目のメイン、信州渋温泉地獄谷の「温泉に入るお猿さん」の撮影です。

渋温泉から車で10分、さらに徒歩で15分のに地に「野猿公苑」があります。

この日は天気も良く温泉で温まるよりも陽だまりで過ごす方が良かったのか、入浴中のお猿さんは一匹だけでした。

題して「じっと手を見る」。

8-20151026168.jpg

子猿も入りました。

濡れた頬横の毛が気になるのか、しきりに引っ張っていますが、何とも愛嬌のある姿で、いくら見ていても飽きません。

9-20151026245.jpg

3時頃になると斜光線が強烈です。

陽だまりでくつろぐお猿さんたち、実に気持ちよさそうです。

10-20151026187.jpg

相当数のシャッターを切りました、いくら見ていても飽きないし、いくらシャッターを切ってもきりがない…ということで、未練を残しな

がら3時過ぎになり「野猿公苑」後にします。

その後は、宿泊先の渋温泉に帰り、街中を散策、そして夕食、そしていつも通りの大懇親会、かなり遅くまで頑張りました。

翌27日は、「志賀高原」「妙高高原」と廻りますが、今日はここまで…。




関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR