FC2ブログ

勇壮!「灘のけんか祭」に行く

14日、地元OBで写真クラブの会員Kさんの案内で、「灘のけんか祭」に行ってきました。

ここ数年Kさんのお世話になり、練り場を見下ろす御旅山の桟敷席などにも案内を頂き、普通では撮れないような撮影の機会を頂

いています。

明石から姫路行きの山陽電車に乗ると、沿線ではどこもかしこも播州秋祭りのオンパレードで、車内から街中に見える幟や神輿を

見るといやでも祭りの気分が高まり、「けんか祭」の下車駅「白浜の宮」に着くと駅舎の中も人と熱気であふれかえっています。

先日の「丹波の祭り」は、いかにも田舎の祭りらしいのんびりしたものでしたが、こちら「播州の秋祭り」は神輿と神輿をぶつけ合

う、実に荒々しい、激しい祭りで、下手をすれば踏みつぶされ兼ねずうかうかしてはいられません。

今回は14日の宵宮で神社境内での行事が主となり、午後1時過ぎにKさんに案内されて3人の仲間とともに松原八幡神社に入り

ました。

祭りの男たちや観客で境内は人人人…であふれています。

そんな中、青空を背景に立つ締め込み姿の男の凛々しい後姿、光と影がさらに立体感を強調してくれます。

それぞれの男たちがどんな表情で立っているのか、想像してみて下さい。



拝殿前に突入する屋台、もうもうたる砂煙が動きの激しさを物語っています。

2-20151014026.jpg

祭りの流れを詳しくは知らないので説明は出来ません、特徴的なシーンだけお見せします。

3-20151014075.jpg

激しい練り合わせが済み、少し気を抜いた瞬間。

この中にいて私も少々危険を感じました。

4-20151014094.jpg

Kさんの厚意で神社を見下ろす桟敷席に上がることが出来ました。

見下ろすと、家族か仲間たちでくつろいでいるところが目に入りました、こんなシーンはあちこちで見られ、緊張の合間のひと時もこ

の祭りの一つの楽しみのようです。

5-20151014100.jpg

桟敷を提供していただいた方の厚意で、ビールや酒を頂きながら、神社前で進行する行事を見学します。

6-20151014109.jpg

そのままご厚意に甘えていると出来上がってしまいそうなので、桟敷を降り再び群衆の中へ。

揉まれ揉まれしているうちに、陽も少し傾きはじめ、祭りの男たちの人肌をオレンジ色に染め始めます。

7-20151014133.jpg

やがて、沈む金色の太陽にまだ残る空の青さに雲がからみ、実に劇的で印象的なシーンを見せてくれました。

8-20151014126.jpg

午後6時過ぎ、まだまだ祭りは続くのですが、歩き回った疲れもあり、名残を惜しみながら引き上げることに。

その後は明石まで戻り、いつもながらの居酒屋での「反省会」、これまた楽しい時を過ごしました。

今年もまたお世話をかけてしまったKさんに感謝です、それに見合う作品作りが出来たかどうかは疑問ですが…。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR