FC2ブログ

秋花満開の美山町「かやぶきの里」を訪ねる

3日は”たんば写真クラブ”の撮影会に西宮へ行く予定が都合で中止になり残念でした。

翌4日、天気は晴れですが風があり白い雲も浮かんでいます。

「こんな日こそ絵になるぞ」と思案し、「かやぶき集落」で有名な京都府南丹市の美山町を訪ねることにしました。

ただ真昼間では面白くないので、午後の斜光線になる時間を狙って昼過ぎに出発、2時に美山に到着、ところが着いてびっくり。

観光バスが一杯、自家用車の駐車場も満杯に近く、留める場所を探すのに苦労するほどの混雑、よく考えれば今日は日曜、しか

もそろそろ秋の観光シーズンに入ろうかという時期です、少し計算違いをしました。

それでも、あれだけバスや乗用車が溢れているのに観光客はどこへ行ってしまったか、と思われるほど集落内に混雑はありませ

んでした。

車を降り、まず目につくのが「ソバ畑」です、白い花はすでに終わり、実が実り始める頃となっています。



いま美山はコスモスをはじめ秋の花々にあふれていて、花を見るだけでも行く価値がありそうです。

青空と白い雲と太陽を背景に、かやぶき屋根とコスモスの花を…。

2-20151004014.jpg

晴れていた空も一時小雨が降りました、「…心と秋の空」です。

3-20151004052.jpg

苔むしたかやぶき屋根に遅れて咲いた「テッポウユリ」が一輪、よく見ないと見落としてしまいそうです。

この花の心理、いかに読みますか? 「悠然と?」「凛として?」「寂しそう?」…、見る人により違いがあると思います。

4-20151004055.jpg

陽が傾くと、光が当たる部分と影になる部分がはっきりし、景色がより立体的に見えます。

5-20151004093.jpg

柿の実をアップで狙ってみました、ただこの場合の主は柿の実よりも、逆光に映える古木に張り付いた苔?菌?です。

6-20151004108.jpg

山に囲まれたこの集落は陽の傾きも早く、5時近くなると光の届かない部分は黒く沈み、さらに立体感が増します。

かなり雲が多く、なかなか光が射さない中、しばらく待ってようやく捉えた一瞬です。

7-20151004099.jpg

5時前、雲に覆われ山に沈むまで陽が射す見込みはなさそうと判断し、集落を出発しました。

その途中、飛行機雲や雲がたなびく夕照の空とその空を映して輝く由良川の川面が印象的だったので、車を留めて一枚。

9-20151004128.jpg

喧騒を心配したのですが、帰るころには車もまばら、観光客に邪魔されることなく思い通りの撮影をすることが出来ました。

美山と云えば「かやぶきの集落」が主で、何となく「撮り尽くされた感」があり、「ワンパターン」になりそうで敬遠したい気もします

が、探せばいくらでも被写体はありそうです。

これから秋の気配がより濃厚になってきます、雪が降る前にもう一度訪ねてみたいと思っています。



関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR