FC2ブログ

おだやかな秋の日、リンドウも咲きました

先週世間はシルバーウイークで大騒ぎでしたが、私たちには余り関わりはありません、それでも写真クラブの撮影会や例会で、何

とも慌ただしい一週間でありました。

その締めくくりが27日の”ぐるっぺ「ヒロ」”の例会でしたが、その席に四十数年前の仕事仲間が訪ねてくれました、ほんとにうれし

い限りで、出来れば一緒に写真を楽しみたいものです…、「聞いてるかい?」

そんな日を過ごし今日は少し余裕のある心地よい秋日和の一日です。

田舎にいると、色や音や匂いなど五感を通じて季節の移り変わりを徐々に徐々に感じ取ることが出来ます、「昨日在ったものが今

日無くなった」程の急激な変化でなく、知らず知らずのうちに変化し、気がつけばいつの間にか入れ替わっている…と云うような、

穏やかで心地よいものです。

我が家の雑草の庭では「シュウメイギク」が青空を背景に風に揺らめいていました。

この花、群生していると迫力があるのですが、花自体は白の一重の花びらで、取り立ててきれいという花でもありません。



それでも太陽光に透かして見上げると、花びらも肉厚がありその質感はなかなかのものです。

たまたま花びらについていた何かの虫のシルエットもポイントになりました。

2-20150928003.jpg

光の加減で花に陰影が出来ました。

何となく「雄叫び」をあげているようにも見えます。

3-20150928006.jpg

私の大好きな花「リンドウ」も花を咲かせました。

昨年も同じことを書いたと思います、この花はその昔、大江山から曳いてきた野生そのままのリンドウです。

もう20年にもなると思いますが絶えることなく毎年必ずどこかで花を咲かせ楽しませてくれます。

4-20150928009.jpg

まともに手入れをしていないので、虫食いか病気か、白い斑点が見えますが、爽やかさは消えません。

5-20150928017.jpg

「ホオズキ」が真っ赤に色づきました。

6-20150928016.jpg

これは多分「ムラサキシキブ」かと思います、別に植えたわけでなく、どこからか種が飛んできて芽を出したものと思われます。

風に飛ぶ種子に「国境は…」ありません。

7-20150928018.jpg

何となくおいしそうな果物に見えますが、これは「マユミ」の実です。

真っ青な実が八月末頃から徐々に徐々に色づき、やがて真っ赤になり、そしてザクロやアケビのようにはじけます。

生命力の強い木ですから放っとけばいつか「マユミ屋敷」になります。

8-20150928019.jpg

毎年繰り返される自然の営み、この歳になるまで毎年のように見ていながら飽きることなく、また今年も新鮮な気持ちで見守ってい

ます、この感覚は一体何なんでしょうか、不思議です。




関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR