FC2ブログ

貴重な秋の一日を…

15日は、ある知人の紹介で、篠山市で古美術を収集されているという方のお宅に伺い、仏像をはじめ貴重な古美術品の写真を撮

らせていただくということになり、篠山城のお堀端にあるお家をお訪ねしました。

玄関を入ったとたんに100年も以前にタイムスリップしたような空間に圧倒されます。

家一軒新築してもおつりがくる程の価値があるという仏像の他、色々貴重な美術品を撮らせていただきましたが、かなりの数の品

々なので、一度や二度では済みそうもなく今後何度か足を運ぶことになりそうです。

また、あくまで「記録として残しておきたいため」というご主人の意向を酌んだ撮影で、公開の了承を得ていませんので今回はお見

せすることは控えさせていただきます。

ただ、磨かれた廊下と手入れたお庭の様子を一枚お見せします。



午後の予定もあったので昼前にお暇したのですが、何とお土産に、「つきたての新米」と「栗」を頂きました、ありがたいことです。

帰り道、稲の収穫作業があちこちで行われていますが、すでに刈り取られた田でこんな光景がたくさん見られました。

1-20150915005.jpg

まるでたくさんの人が佇んでいるように見えます。

4-20150915008.jpg

「無事刈入れも終わった…」、平和でのどかな風景です。

ただ、こんな当たり前の風景を見させないまま秋を終わらせてしまう、「天変地異」の脅威があります。

それが今回の「関東・東北豪雨」でした、何とも悲惨です。

3-20150915003.jpg

こんなのどかな光景をじっくり撮りたかったのですが、午後の予定に急かされて引き揚げます。

昼食後、丹波市氷上町の「愛宕まつり」の写真コンテストの審査に行きました。

応募数が少なく手間はかからなかったのですが、その後しばらく写真談義に花が咲きました。

帰り道、近くの川の堤防を周ってみると、ヒガンバナがかなり咲いていました。

5-20150915011.jpg

鮮やかな赤い花、見た目はきれいですがなかなか写真にするには難しい花です。

青空、夕空…、要は背景処理次第、下からノーファインダーであおってみました。

6-20150915009.jpg

田圃の稲刈りも徐々に進み、刈り残されている田は少なくなりました。

田の畦にはヒガンバナが咲き、庭の「シュウメイギク」も白い花をつけ、「ムラサキシキブ」も色づき、そして「マユミ」の実が見る日ご

とに赤みを増してきています。

有難いことに田舎にいると、そんな自然の変化が一日一日実感することが出来ます、昨日と今日の違いが目に見えます。

そうして徐々に徐々に季節は移ろい行きます、それとともに人の命も時を重ねて行きます。

これからの一日一日がまさに貴重な時間です、一時間、一分、一秒を無駄にしないように、大切に大切に過ごさねば…。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR