FC2ブログ

ぐるっぺ「ヒロ」の撮影会で、尼崎の「貴布禰神社だんじり祭り」に行く

1日(土)の「たんば写真クラブ」の「神戸新開地」の撮影会に続き、2日(日)は”ぐるっぺ「ヒロ」”の尼崎市での撮影会。

私にとって二日連続の撮影会は少々きついスケジュールですが、8月は誰もお盆を控え何かと用事の多い月であるため、その時

期を外して繰り上げすればそれも致し方ないところ。

連日の猛暑、熱中症が心配される中、午後3時に尼崎市の阪神出屋敷駅に会員12名が集合し、貴布禰神社を訪ねました。

狙いは「だんじり(地車)山合わせ」という、いわばだんじりの喧嘩なのですが、始まりは夕方からで、それまでは近辺の街角祭り風

景のスナップです。

まず鳥居に遷座300年の幕が張られた貴布禰神社、提灯の下げられた境内はいかにも暑そうです。



街中へ入ると、各町から神社を目指しだんじりが集まってくるのに出会います。

2-20150802057.jpg

4時も過ぎれば光の具合もよくなってきて、人の表情もよりりりしく見えます。

3-20150802072.jpg

6時から始まる「地車山合わせ」を見るために続々と人々が集まってきます。

この猛暑の中を浴衣で歩くのはかなりつらいと思います、それでも常にきれいに着飾りたいという女性の心理なんでしょうか、それ

とも親の見栄でしょうか。

最も我々には、そんな可愛くきれいな着物姿は目の保養にもなり、写真の被写体としては申し分なくありがたいのですが。

4-20150802066.jpg

時間が過ぎるにつけ西日に照らされ人々の顔が赤く染まり、神社に近づくにつれその勢いが上がってきます。

5-20150802076.jpg

青色を残した夕照の空を背景に、「山合わせ」を待つ若者たちの雄姿。

6-20150802090.jpg

また別の町内からだんじりが走り込んできました。

7-20150802064.jpg

6時過ぎ、長いセレモニーの後、「山合わせ」が始まります。

「山合わせ」とは、だんじりの担ぎ棒の先端を交わらせ、指相撲のように上になったほうが勝ち、というようなものらしいのです

が、余りの観客の多さに隙間からしか見えず、その全容は写せません。

8-20150802130.jpg

時が経つにつれさらに観客は膨れ上がり、とても撮影出来る状況ではなく逃げ出そうとしますが、それさえもかなり苦労をし、よう

やく群れを離れます。

それでも驚いたことにまだまだ人が集まっている様子、「今日はここまで」と潔く撮影をあきらめ、そして…。

駅前の居酒屋で軽く祝杯?をあげたのは、いつもの予定のコース、「お疲れさまでした!」。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR