FC2ブログ

久しぶりに「岩龍寺」を訪ねる

余りに異常な気象の連続に愚痴を言ったのがお天道様に届いたのか、ここしばらくは初夏らしい気持のいい気候が続い

ています。

本当は少し遠出をと思ったのですが、明日は神戸のクラブの例会で色々準備もあるので無理をせず、近場の丹波の「岩

龍寺」を訪ねました。

ここ「岩龍寺」は私にとって結構因縁深い寺なのです、何故なら、私が2年前にブログを始めて最初に記事の対象にした

のがここで、以後何度か訪ねました、「ネタがなければここへ」と云えるくらいに訪ねる度に新たな発見があって、小さなお

寺なのですが大好きな場所であります。

そんな「岩龍寺」の最大の事件は昨年の大雨による渓谷の大崩壊です。

趣深かった渓谷は濁流が運ぶ岩と土砂と倒木によって破壊しつくされました、あれからかなりの時間が過ぎましたが、未

だにビニールシートがかかるこの状態です。

少しずつ整備されて来つつありますが、残念ながら昔の自然のままの景観を取り戻すことは出来そうにありません。



駐車場近辺や参道脇に「ユキノシタ」が群生しています。

ピンクの部分は人の顔のようにも、白い花びらは袴のようにもハサミのようにも、そして全体を見ると両手を挙げて踊って

いるようにも…、見方によって様々な想像をさせる、繊細ですが実に楽しい花です。

2-20150522013.jpg

「白」を強調するためモノクロ化してみました。

3-20150522078.jpg

これは何に見えますか?

4-20150522026.jpg

正体は古木の幹に張り付いたキノコです。

キノコの名前はわかりませんが、古木の幹の下から上まで、びっしりと張り付いている様は見事です。

5-20150522023.jpg

岩龍寺横の渓谷をたどると「独鈷の滝」があります。

ところが水害以来、滝に至る小径も破壊し尽くされ訪ねることは不可となっていました、巨岩が渓谷を覆い、倒木が絡みつ

き、とても人が踏み込める状態ではなかったようです、今でもこの姿があちこちに見られます。

6-20150522042.jpg

それでも正式な道はないものの、何とか巨岩を回り込みながら滝にたどり着くことが出来るルートが確保されていました。

久しぶりに目にする「独鈷の滝」です、巨岩や掘り起こされた巨木の根に覆われた様は無残で、きれいな風景写真の対象

になるにはいささか無理がある状況ですが、流れ落ちる清流はそのままで、何とかホッとしました。

7-20150522046.jpg

そんな気分で戻る途中でふと目に留まった光景です、何のことはないただの「シダ」ですが、ストロボで葉を浮き上がら

せ、モノクロ化してみると結構おもしろいものになりました。

8-20150522054.jpg

そんな初夏の一日。

明日は神戸の”ぐるっぺ「ヒロ」”の例会、楽しみです。



関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR