FC2ブログ

新緑の「毛原の棚田」と「上世屋集落」へ

今日も快晴、本当は日頃の溜まった雑事を片付けながら一日を過ごそうと思ったのですが、抜けるような青空に萌えるよ

うな新緑の香をかぐとやはり居てもたってもいられません。

と言って別に予定を立てていた訳ではないので、「どこへ行くか?」に思いを巡らせ、新緑と田園の美しい山里、宮津市の

上世屋集落を選びました、ただそれだけではもったいないので、その行程内にある福知山市大江町の「毛原の棚田」に立

ち寄ることにして9時に出発。

第一の目標、日本棚田100選の一つ「毛原の棚田」は、家から約40分、棚田を見下ろす高台に着いて車を降りたとたん

声をかけられびっくりしました、何と同じ丹波から来たカメラマンです、同じようなことを考えている人もいるのだなと感心し

ました。


高台から、マーガレットの白い花や黄色の草花を手前に俯瞰してまず一枚…。



すでに田植えの終わった田は青空を映して輝いていました。

2-20150511028.jpg

青い空に白い雲、取り囲む新緑の山や森、色鮮やかな山野草…、まさに絵にかいたような田園風景が広がります。

3-20150511050.jpg

約1時間で切り上げ宮津に向かいます、途中に通る大江山は、「酒呑童子」で有名な「鬼伝説の町」です、いたる所にこん

なとぼけた鬼が待ち受け愛嬌を振りまいています。

4-20150511057.jpg

宮津の漁港で新鮮な「海鮮丼」を食べ、「上世屋集落」に着いたのはちょうど昼時になってしまいました。

「目に痛いほどの新緑の鮮やかさ」…とは、こんな様をいうのでしょう。

5-20150511062.jpg

標高の高いこの集落は冬の積雪も多く、家々の屋根も雪国仕様になっています。

藁ぶき屋根、色鮮やかなトタン屋根、田植え真近の水草の浮かぶ田圃…、40年も50年も昔に失われてしまった山里風

景が今もここにはに残されています。

6-20150511069.jpg

廃屋のようですが、「売家」の看板がかかっていました、数年前から「空き家」です、どなたか「別荘」に購入しませんか?

雪よけの塀の支柱に絡みついた雑草もなかなか味があります。

7-20150511066.jpg

高台からの集落の俯瞰、ここでもまた丹波のカメラマンに出会いました、趣味の世界の思考回路は似たようなもののよう

です。

本当は右端のS字カーブをもっと入れたいところですが、道路工事中のためユンボがありカットしました、少し窮屈です。

8-20150511088.jpg

ここでも1時間少し撮影、帰りにもう一度「毛原の棚田」へ寄ってみましたが、雲が少し厚くなりイマイチで4時前に帰宅。

新緑の香りに包まれた実に気持ちの良い初夏の一日、おかげで寿命が何日かは伸びたような気がします?






関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR