FC2ブログ

重労働?「丹波市美術作家協会展」の会場設営作業

3月31日は早朝から深い霧に包まれ、快晴の予感。

今日は、「丹波市美術作家協会展」の会場設営の日、ただし私は宿直明けのため、少し遅れて会場の「たんばの森公苑」へ

駆けつけました。

予感通り、霧が晴れると雲一つない青空、気温もぐんぐん上がり、公苑事務所前のしだれ桜の開花もかなり進んでるよう

で、青空に映えます。



その足元に目をやると、竹筒を利用した花壇で鮮やかな花々が花を咲かせていました。

自然を見事に調和させた素晴らしいデザインで、こんな才能がある方を尊敬します。

2-20150331002b.jpg

さて、会場設営はといえば、展示に足らないパネルを遠くから借りるため、軽トラ4台でパネルと鉄の支柱を運びこむところ

から始まります、その作業に1時間半、さらに運び込んだパネルの組み立てに1時間、それだけで午前中のほとんどの時

間が費やされてしまいます。

そしてようやく運び込んだ作品を大まかに並べて昼食です。

3-20150331004b.jpg

展示作品も、絵画や彫刻は、大きなものから重いものなど、一人で動かせないものもたくさんあり大変です。

4-20150331006b.jpg

その点、「写真」などは比較的扱いやすいので楽です。

5-20150331003b.jpg

配置も、「ああでもない、こうでもない」とあちらこちらに並び替え、なかなかすんなりとは決まりません。

6-20150331005b.jpg

おおよその配置が決まりました。

7-20150331007b.jpg

同時に、丹波市の豪雨災害支援のためのチャリティを、会員一人1、2作品程度出品し、展示ギャラリーで開催します。

出来ればご協力を!

8-20150331008.jpg

朝の8時半から午後4時前まで、かなり重労働の設営作業で、かなりこたえました。

明日は9時半からオープニングセレモニーがあり、その後5日まで協会展が開催されます。

驚いたのは、朝来るときにはまだ開きかけの桜が、帰るときには開ききっていたことです、それが一目でわかる程の、まる

でインターバル撮影の変化を見るかのごとき自然の動きは感動ものでした。






関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR