FC2ブログ

深高寺「寒中水行」の撮影に行く

8日は、たんば写真クラブの撮影会、行先は朝来市の山奥のあるお寺で毎年行われる「寒中水行」です。

参加者は私を含めて5名、天候もどんよりとした曇り空…と、少々さみしく不安な出だしでした。

それでも私の「晴れ男」のジンクスは健在でした、それに加え「私も晴れ女」という会員さんもいて、その神通力たるや倍増

し、遠坂トンネルを超え朝来市に入ると青空さえ見えてきました。

「朝来道の駅」のログハウスのレストラン(?、というより食堂といったほうが似合いそう)で昼食、この店はこの方面に来る

と必ず立ち寄るところ、それはかなり肥満気味の老猫がいるからです。

私はどちらかというと犬派なのですが、この肥満猫の”無愛想さ”もまた魅力で、結構気に入っています。

本日は特別寒かったのか、ストーブに顔をくっくけて離れようとしません、この体制でよくやけどしないものです。



昼食後まだ時間があったので、神子畑鉱山跡近辺をスナップした後,2時前にお寺へ。

2時から村祈祷、2時半になりいよいよ水行の準備に入ります。

この頃から雨が降り出し、やがて霰(あられ)が交じり、そして雪交じりの霙(みぞれ)になりました。

2-20150208030.jpg

行者3人を裸で霙降る外に立たせたまま、堂内で二人の僧による長~い読経が始まります。

相当の厚着をしていても寒くて震えているのに行者のこの姿、読経が「早く終われ!早く終われ!」と願いますがなかなか

終わりません、待っている我々も霙でビチャビチャです。

3-20150208035.jpg

ようやく水行の始まりです。

神棚の前の水槽を囲み、左右に二人、手前に一人の計3名の行者が行前の経を唱えます。

4-20150208041.jpg

「エイ!ヤッ!トウ!」の掛け声で水槽から桶で水をくみ出し、頭からたたきつけるように水を被ります。

5-20150208053.jpg

何回繰り返されるのでしょうか、感じている程長くはないのかも知れませんが。

床に跳ね返る水しぶき、かなり激しい霙、撮影する側も大変、カメラも服もビシャビシャです。

でもそれを恐れていてはこの迫力をとらえることはできません、我々もまた修行?をしているのです?

6-20150208064.jpg

時間にして10分程でしょうか、ようやく行が終了です。

余り目立ちませんが降雪の様子は少しわかるかと思います。

7-20150208082.jpg

カメラマンは15名ほど、祈祷に来た人も20数人程度、行を終えて引きあがる行者さんに手を合わせます。

先月の「寒中托鉢」、そして今日の「寒中水行」、毎年行われる行事で被写体としては少々マンネリですが、しかしやはり

撮影しなければ何となく落ち着かない、忘れ物をしたよう…、そんな思いを抱かせる行事です。

その後降雪がかなり激しくなり、早く帰らなければ危ない、と大急ぎで引き上げたのですが、少し走ると雪はなし、ここはか

なり標高も高いのかもしれません。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR