FC2ブログ

雪の「内尾神社」を訪ねる

正月も3日を迎えました。

昨日の雪も夕方にはかなり融けてきていましたが、今朝目覚めるとまた銀世界、それも昨日より多く、測ると12、3センチ

はありました、深みに入ると浅い長くつでは対応できません。

予定では不動尊の護摩焚きの行事に行く予定だったのですが、雪道の道中を考え中止。

それでもこの雪景、家の中でじっとしていることに耐えられず、雪があればまた印象も違うだろうと、元旦に行った内尾神

社に出かけました。


雪は時には大いなる脅威にもなりますが、また素晴らしい装飾にもなり、ただの門松も雪化粧で生き生きとして見えます。



普段は薄暗い森の中、しかし雪あかりのおかげでいつもより明るく見えます。

木に積もった雪がドサッと落ちてきて雪煙をあげます、そのチャンスをとらえるのはなかなか難しいものです。

2-20150103014.jpg

雪に恐れをなしてかこの時点で境内に人の気配は全くなし。

茅の輪が所在なさげにたたずんでいます。

3-20150103033.jpg

本殿横の祠にバサッと雪が落ちました。

4-20150103042.jpg

ようやく人が来たようです、茅の輪越しに迎えます。

5-20150103044.jpg

そのファミリーが茅の輪くぐりをしようとした瞬間、大木から落雪が…。

この後色々面白い動きがあるのですがそれは…。

6-20150103053.jpg

ようやく陽が射してきました、金色の木漏れ日がなかなかきれいです。

7-20150103060.jpg

この神社で約1時間、出会ったのは二組のファミリーのみ、雪のためか元旦の賑わいとは大違い。

その後、丹波市の名刹「達身寺」を回りました。

8-20150103102.jpg


青空と純白の雪、最高のとり合わせです。

正月3日、快晴の平和な一日でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR