FC2ブログ

たんば写真クラブから、「丹波焼の里」へ…

11月6日、水溜りには氷が張り、さらに朝方から小雪がちらつきました、この冬初めての降雪です。

ほんの少し田圃が白くなった程度で大した積雪はありませんでしたが、いよいよ本格的な冬の到来を予感させる朝となり

ました。

そんな寒い日、午後から「たんば写真クラブ」の撮影会で、会員7名と篠山市今田町の「丹波焼の里」を訪ねました。

昔「立杭焼き」、今は「丹波焼」と呼ばれているようですが、昔ながらの登り窯のある、地域一色「焼き物」に染められた魅

力ある町です。


民家の軒下に何気なく置かれた陶器、何のてらいもなく全く無造作なようで、背景の壁、絡みつく雑草…、そんなごく自然

な背景や環境を生かした、それなりに計算された「美」があるように感じられます、「何気ない」のが最大の「見せ方」なの

かも知れません。



ここは特に、坂道とクネクネと複雑に網羅された露地が延々と続く町で、その行く先々に必ず何軒かの窯元があります。

2-20140406023.jpg

そのひとつ、ある窯元の登り窯を覗いてみました。

黑くすすけた壁を見るとまだ現役のようです。

3-20140406037.jpg

少し行くと、もう長く使われていないであろう窯を見つけました。

絡みつく雑草が歴史を感じさせます。

4-20140406070.jpg

煉瓦積の煙突がようやく青空を見せ始めた空に鮮やかに映えます。

5-20140406075.jpg

ある窯元で許可を得て撮影させてもらいました。

6-20140406094.jpg

お店の入り口にこんなとぼけた猫の置物がありました。

何とも愉快な猫の表情、その口から湧き出したか吐き出したかのように見える植物…、なかなかうまい見せ方で、思わず

シャッターを切りました。

7-20140406110.jpg

心配された天候も、まずまずで最後には青空さえ顔を出し、歩き続ける限り寒さも気にならずで、何とか有意義な撮影会

になったのでは、結果が楽しみです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR