FC2ブログ

青垣町「岩屋山」の雲海を楽しむ

本日24日は快晴、朝5時過ぎに目覚めると深い霧、ある所から「雲海の写真」を頼まれたこともあって、機会あらばと狙って

いたのですが今朝は絶好の機会と6時前、眠い目をこすりこすりまだ薄暗い中、青垣町の「岩屋山」に向け出発。

深い霧で10メートり先が見通せない道を慎重に走り岩屋山の登山道に入ります。

しかし霧はそこまで、何分か走るとすでに霧帯を抜け、雲海として見下ろす高さに達します。

ヘッドライトもほとんど不要な明るさになった中、日の出に間に合うようにと焦りながら、くねくねした山道を走り、約30分で頂

上到着、すでに4人のカメラマンがいました。

大急ぎで三脚をセット、何とか日の出に間に合ったようです。

やがて雲海のはるかかなたの山稜からチラッと太陽が姿をのぞかせ始めました。



何枚かシャッターを切りましたが、太陽が全容を見せるまではほんのわずかな時間です。

幸い雲に邪魔される事なく、きれいな姿をとらえることが出来ました。

2-20141124032.jpg

太陽はあっという間に上空へ。

当初のくっきりした輪郭の個体から、より多くのものを照らし育むため穏やかで緩やかな形に変化して行きます。

3-20141124077.jpg

太陽の動きにつれ色も変化して行きます、太陽が上空に昇るにつれ雲海が青味が増して行きます。

デジタル用語でいう「色温度」の意味がよくわかる瞬間です。

4-20141124123.jpg

少し北に目を向けると太陽から遠く、光の届きにくい分、青さが目立ちます。

この雲の下は青垣町の北部でしょうか…。

5-20141124090.jpg

太陽が高く上がり、光が回り始めると今まで影に隠れていた部分が徐々に見えてきます。

残り少ない紅葉と雲海…、自然の営みとは、人為ではなし得ない何と素晴らしいものでしょうか。

6-20141124210.jpg

8時前、すっかり日が昇り、これ以上余り変化がなさそう、というところで下山…、ただ少し心残り、「後ろ髪引かれる」思いで

山を下りますが、ただまだまだ「写欲」は残っていて、山道の木陰と奥の霧景に感動、そこでしつこくシャッターを…。

7-20141124220.jpg

下界におりるとまだ深い霧の中。

背景の霧景を飛ばさぬように、モミジの紅葉をストロボで…。

8-20141124229.jpg

この後また「高山寺」を訪ね、今期最後の紅葉の煌めきをおさめましたが、それでもまだ霧深く、霧があがり青空が顔を見せ

たのは10時をかなり過ぎた頃、晩秋の貴重な良き一日でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR