FC2ブログ

水害後、紅葉の始まった「岩龍寺」を訪ねる

4日、朝6時には霧もなく晴天の様子、ところが7時を過ぎたころから霧が涌き出しいい雰囲気、カメラを持ち出かけたかった

ところですが用があり出かけたのは9時過ぎ、その頃には霧も少し収まって来ました。

それでも天気がいいので「何処かへ」と考え、気になっていた「岩龍寺」を訪ねることにしました、それは、そろそろ紅葉のシー

ズンが始まり、紅葉で有名な寺の幟が道路のあちこちに立てられ始めた中に、あの水害の「岩龍寺」の旗もあったからです。

あの状況で紅葉で観光客を呼べるのかと…。

確かに紅葉は少し始まりかけていました、しかしえぐられた渓谷はそのまま、寺の境内はビニールシートがかけられたままで

した。



前にも書いた土砂に埋もれたお地蔵さん、ようやくちゃんとした形で祀られていました。

しかしその背景にあるのは、ひしゃげて鉄の塊になった自家用車の残骸、これも合わせて祀られているのでしょうか。

2-20141104002.jpg

根こそぎ倒された大木や、岩や土砂はそのままです。

少し色づき始めたモミジとの対比が痛ましく思えます。

3-20141104004.jpg

彼岸への参道は崩れたまま、このいかにも人為的な足場が唯一の参道です。

4-20141104006.jpg

お寺の境内から見上げると、色鮮やかなモミジが青空に映えていました。

何があろうと自然は自然のまま、当たり前のことを繰り返すのみ…、美しくも厳しい自然の摂理です。

5-20141104005.jpg

きれいな光を生かして、七色?のモミジ葉をアップでとらえてみました。

6-20141104009.jpg

帰り際、何げなく振り返るとお堂の屋根から水蒸気があがっていました。

7-20141104007.jpg

派手な紅葉のお寺と違い、もともとが地味な雰囲気のところではありますが、それ故にまた味があります。

今年はさらに条件は厳しいようですが、また何度か訪ねてみたいと思っています。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR