FC2ブログ

別宮の棚田、目線を下げて草むらを覗く…

昨日12日も快晴でした、真っ青な空にぽっかりと浮かぶ白い雲、健康な秋の空そのもの…。

こんな日に家でじっとしている手はありません、ただ腰痛の治療のため出発が10時頃になりましたが、鉢伏高原下の別宮の

棚田を訪ねました。

この棚田、誰が訪ねても、カメラとシャッターを押す指の力がある限りそれなりの写真は撮れます。

ただ、青空を映した水田、早苗の緑、実りの黄金色、あるいは眠り期の真っ白な雪原など…「季節」、空の色や雲の形な

ど、その日の「気候」、朝日夕日等の斜光線など「時間帯」…等、周りを彩る環境により、それなりにインパクトがあったり、

平凡にもなったりと、結構面白い被写体ではあります。

まずは平凡ではありますが状況説明の一枚。



風景に飲まれ、全体を表現したくなるところですが、少し足元に目を移すと、小さな野花や生き物たちがうごめいていて、それ

らをマクロの目で見渡すと、なかなか楽しい世界が広がっています。

そんな一つ「トンボ」、その習性を知ると案外写しやすい被写体です。

一旦逃げても必ず元の位置に戻って来ます、だから焦らずカメラを構え、じっと待っているとシャッターチャンスは巡って来ま

す。

2-20140912012.jpg

私の大好きな「つゆ草」、色んな表情を見せてくれます。

3-20140912018.jpg

「ウド」、なかなかユニークな草花です、ただ「ウドの大木」と、無駄に大きいだけの例えにされますが、高原を彩る貴重な存在

です。

青空と波乱を予感させる白い雲を背景に、ストロボでウドを浮かび上がらせてみました。

4-20140912024.jpg

同じく青空を背景に、線香花火にも似たウドの花を、ストロボで浮かび上がらせてみました。

5-20140912028b.jpg

草むらで野花を撮影していたところ、すぐ側に赤トンボが飛んできました、別に狙っていた訳ではありません、勝手にトンボが

近寄ってきただけです、それでもラッキー…、レンズから数十センチのところでポーズを決めています。

6-20140912040.jpg

棚田の撮影に行って棚田にこだわる必要なし、目線を下げればいくらでも面白い被写体はあります。

今さらコスモスも珍しくありませんが、ストロボを使うことで少し変化が見えますか…。

7-20140912058.jpg

そして今日、10月に予定の”ぐるっぺ「ヒロ」”写真展のプリント見本の確認に神戸に行ってきました。

そしてまた明日は、神戸と丹波の写真クラブの合同の撮影会に淡路岩屋へ行きます、忙しい!忙しい!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR