FC2ブログ

「岩龍寺」その後…

前にも書きました、山崩れによる土砂と倒木による当地区の墓地の災害、事故の日は先月の17日、あれから3週間を過ぎ

た今日、墓地を覗いてみました、これがただ今の姿です。

倒木の下に土砂、その下に墓石が埋まっていて、未だ何の手も付けられていません。



見た目では余りわかりませんが、この土砂の層は厚く、わずかに何個かの墓石が浮き上がって見えますが、本当はこの下に

沢山の墓石が埋まっており、先祖たちの霊が魂が眠っています。

だから簡単に重機を使って土砂を掻き出す訳にはいかず、何とも悩ましい状況です。

2-20140909003.jpg

その後、前にお伝えした「岩龍寺」の状況を見に行ってきました。

崩れた崖に少し手が加えられていましたが、お寺へは「足元不安定につき立入り禁止」の立札が建てられていました。

3-20140909007.jpg

もちろん、「独鈷の滝」へ向かう山道もこの状態で、容易には進めそうにはありません。

5-20140909012.jpg

道ぶちにこんな鉄の塊がありました。

遠くから見た時には「何だろう?」と思ったのですが、側に寄りタイヤが残っているのを見て「自動車」と確認しました。

そういえば何時も渓谷沿いに黑い軽自動車が停まっていました、それがこの有様、その破壊のエネルギーのすごさに驚きま

す。

6-20140909005.jpg

これは木の根、たぶん土の中に埋もれていたであろう部分ですが、流された石や岩等に激しく削られたのでしょう、きれいな

地肌を見せています。

それでも根を貼り続けるこの木の生命力に感動します、またこの形や色が芸術的であり、シャッターを押したくなります。

7-20140909015.jpg

これもそのひとつ、石や岩に細かく削られ、そのささくれだった表皮はまるで羊の毛皮のようにも見えます。

これも普段では見慣れない光景です。

8-20140909019.jpg

まだまだ復旧は難しく、この秋の紅葉を楽しむことは出来そうもない「岩龍寺」を後に、稲田の中の道を走るうち、早くも花

を咲かせている「彼岸花」を見つけました。

9-20140909022.jpg

シーズンには珍しくもない花ですが、少し早すぎる開花に、やはり車を止めてパチリ。

色々ありますが、季節はちゃんと巡って来ているようです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR