FC2ブログ

紅葉の名所「岩龍寺」、危機一髪…

今回の丹波市の大雨災害は、被害地域に住む写真仲間にもかなりの被害をもたらしたようです、そんな仲間の自宅をまた

別の用で訪ねたのですが、その被害の甚大さはまさに驚異でした。

もちろんその道中も、道路があちこちで寸断されていて迂回路を経由するため時間がかかることは当然の他、その災害復

旧のために各地から集まったボランティアの方たちを乗せた大型バスや自家用車が行きかい、作業服に長靴、シャベル等

を持ったそれと分かるボランティアの方たちの姿を見かけるにつき、まだまだ復旧は道半ばであることを実感しました。


その後、紅葉で有名な丹波の「岩龍寺」がかなりの被害を受けているという情報を得ていたので訪ねてみました。

何とそれは荒ましい光景でした。

その寺は、独鈷の滝から流れる渓谷を下に見る位置にあったのですが、その「渓谷」自体が消えてしまっていました。



渓谷の側に祀られていた石仏、何とそれは流木やがれきの中に埋もれていました。

それでも「これでしばらく我慢してください」とでもいうように、「ペットボトル」の水が供えられていました。

2-20140830004.jpg

これは途切れた参道です、こちら側から橋が架かり岩の積み重なった上にある参道へとつながっていたのです。

3-20140830024.jpg

これがお寺側の参道の端です。架かっていた「橋」の姿がどこにも見えません。

4-20140830021.jpg

参道を登ると山門があります。

下が昨年秋の山門です、左の何かが欠けています。

5-20140830012.jpg
10-20121119012a.jpg

山門前に3体の石仏があります。この仏さんがお寺本体の災害を守ったのでは…、何となくそんな気がします。

6-20140830019.jpg

庭にビニールシートが張られていますが、境内は何とか被害はなかったようです、やはり山門の見守り地蔵のお蔭かも…。

7-20140830017.jpg

お寺への道はすべて崩落、ようやくかけられた仮橋から斜面を登るしか道はありません。

8-20140830008.jpg

この先にある「独鈷の滝」への道はこの通り、渓谷も、渓谷沿いにあった石畳の道もすべて土砂と倒木の中。

滝はどうなったんでしょうね…。

9-20140830016.jpg

今回は報道写真に徹しました、2週間を過ぎてもこのありさま、何とも荒ましい自然の力です。

これでもすごいのに、さらにこれらを凌ぐ大災害が各地に頻発しています。きっと誰かが地球という生き物を激怒させたに違

いありません、それは誰だ…?
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR