FC2ブログ

快晴の冬日「大阪新世界」へ、その②

2月5日(金)晴れ その②

2月3日(水)に「新世界」を訪ね、初めて「通天閣」に登った後、次は少し裏通りを散策して見ました。

              正面でなく裏側から見る「通天閣」は少し「地味」に見えます。

              

親が昭和44年に始め、現代2代目を継いでいるという立ち食いの「三吉うどん」、値段は170円でありながら味は最高で、近辺の住民の胃袋を満たす大人気店となっていると、この1月に「YouTube」で紹介されました。

出来ればそんなうどんを食して見たかったのですが、あいにくのこと今日はお休みでした。

       2-20210203088cc.jpg

         さらに路地を進むと、買い物かごに貼り付けられた「猫の写真」が目に入りました。
 
         「猫のマスク」が「今どき」で、「マスクの白」と「猫の赤い目」の印象が強烈です。

             3-20210203095cc.jpg

        新世界の唯一の、「洋画」と「ピンク映画」の映画館が並んでいます。

        そういえばそんなに娯楽のなかった昔、洋画の三本立てを良く見に行ったものです。
        
        4-20210203100cc.jpg

        そんな「古き良き時代」の雰囲気を残すこの映画館、いつまでも続いてほしいものです。

        5-20210203097cc.jpg

        新世界には「芝居小屋」も二軒あるようです。

        役者の写真入りの幟の前で思案中のご婦人二人…。

        6-20210203107cc.jpg

時間も3時を過ぎました、そろそろ引き上げようかと下車駅に向け、「ジャンジャン横丁」へ入ります。
 
「ジャンジャン横丁」、それは戦後、店に客を呼び込むため三味線や太鼓の音をジャンジャンと響かせていたことからつけられたと言われていますが、その様子をイラストにしたような入り口にあるユニークなこの看板も見ものです。

        7-20210203122cc.jpg

        左手に見える「射的場」、昔流行った遊戯ですが、ここではいまだに楽しむことが出来ます。
        
        コロナの影響もあり本日は客はいませんが、いつもは結構にぎわっているようです。

        8-20210203007cc.jpg

寿司屋の前に大きな犬を連れたお年寄りがいました、しばらく見ていると犬のリードを椅子につなぎ一人で店に入って行きました、つながれた犬はさみしそうに店の中を覗いています、それでもおとなしく待っているのは、飼い主を余程信頼しているのでしょう。

この後、おとなしく待っていたご褒美にきっとおいしいものをごちそうになったことでしょう?

        9-20210203130cc.jpg

        恨めしそうな顔と骸骨が通りを見つめています。

        10-20210203139cc.jpg

      居酒屋の壁に掲げられた天狗面、ライトを浴びたその赤い鼻がかなり目立ち、客寄せには効果的でしょう。

        11-20210203134cc.jpg

              12-20210203137cc.jpg

午後1時過ぎから3時半まで、久しぶりに都市の喧騒に触れ、シャッターを押しまくりました。

特にこの「新世界」は、派手派手しい「原色の街」といえるでしょう、だからその派手さを表現するにはカラー写真でなくては無理なようです、しかしこの街を色のない「モノクロ」で表現してみるのも案外面白いかも…今度はそんな挑戦もしてみたい…と思っています。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
あるロマンチストの気ままな写真記 - にほんブログ村
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR