FC2ブログ

2004年ゴールデンウィークは「妙高高原」へ

5月7日(木)晴れ

 ゴールデンウィークも終わり本日からは普通の毎日が始まりました。
 とは言いながらもコロナ禍による非常事態宣言は解除されず絶好の行楽日和が続く中、相変わらず外出自粛の毎日は続いています。

 そんな毎日ですが、このブログの記事の材料にと、前回も書いた通り「過去の写真」を見直し、今日は2004年のゴールデンウィークに訪ねた「妙高高原」の写真をお見せします。

 この頃は「一眼レフのデジタルカメラ」が作品制作にも何とか使える段階に進化し、私も「ペンタックスistD」を購入し使用し始めた頃で、画素数は600万画素、記録媒体もかさの高い「CFカード」で容量も小さかったのですが、全て「JPG」で撮影していましたのでそれ程不便は感じませんでした。 
 ただ完全にデジタルに信頼がおけていなかったので、ここぞと思えるシーンではフィルムでの撮影も合わせて行っていました。今見直して見ると、かなりアラが目立ちますが、全紙程度のプリントであれば十分通用するだけの性能はあったようです。
 そんな「デジタルカメラ」も、今や「APS」から「フルサイズ」へ、画素数も一億画素を超えるものが発売されるようで、その進化には驚きます。

 さて、まず最初の一枚は、妙高高原「いもり池」から臨む妙高山の雄姿です。(私が撮影に行く日はなぜかいつも快晴で、「晴れ男」なのはこの頃からのようです。)

1-20040503 013bb

朝日を浴びるガマの穂?らしき枯れ枝が残る池を前景に…。

2-20040503 032ccc

池の周りには「水芭蕉」の群生があります。

5-20040503 015bb

「水芭蕉」の群生…この頃から「ソフトレンズ」を使用していました。

5-20040503 086bb

日が昇り空気感も変化してきます。

4-20040503 017bb

池を離れて撮影地を探していると、畑の中に積まれた材木の切り株に朝日が当たり赤く輝いているのが目に入りました。

20040503 036abc

近くの高原にある「笹ヶ峰牧場」への道で、怪物を見つけました、まるで角の代わりに木が生えているような…。

木の幹が曲がりくねってこんな異様な形になったようです。

7-20040503 064bb

近づいて見るとまさに怪物…自然の織り成す造形は実に面白いものです。

8-20040503 065bb

のどかな田園風景…こんな風景の中で暮らしていたら諍いなど起こらないでしょうね。

20040503 108abb


この撮影行は前述のように、まだ「デジタルカメラ」に信頼がおけず「フィルムカメラ」が主でしたから、デジタル作品はこの程度…、今から思うとちょっと悔しい!
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR