FC2ブログ

過去の作品から①「砂の美術館」

4月28日(火)晴れ

 明日からいよいよゴールデンウイークが始まり、人によればまるまる一週間の連休となり、通常時であればみんな期待に胸膨らませて迎えるはずなのですが、何の因果かコロナウイルスの影響で出歩くことさえままならず、人によればずーと前から連休?を余儀なくされ、悶々と日々を過ごしている方もおられます。

 私などはいつも毎日が連休でいまさらながら何の期待もありませんが、6、7年前までの私なら、ワゴン車にシュラフや毛布、カメラなどを積み込み、信州方面に向かって車を走らせていたはずです。
 残念ながら今となっては体力に自信もなく、その気になったとしても今の情勢ではあきらめざるを得ないのが現状で、寂しいところではあります。

 ただこれを前向きにとらえ、こんな時こそじっくりと普段疎かにしていることに取り組んでみるのもいいかと思い、今迄撮りためた写真の整理をし直そうと思い立ちました。

 フィルム時代のものはフィルムのままで残っており、フィルムスキャンでもしなければ整理がつかないのですが、2004年頃からはデジタルカメラが主になり、当時からデーター整理をかなり丁寧にやっていたのでいまさら整理し直すことはなく、データーを開いて見直すだけですが、じっくり見なおすと懐かしく、時に「オオ!」というようないい?作品も見つかります。

 そんな中で今日は、2009年5月の鳥取砂丘の「砂の美術館」での作品を紹介します。

 「砂の美術館」は2006年11月に開館された、水で固めただけの砂の塊を彫る彫刻芸術の「砂像」を展示する会館で、案内によれば「 素材が砂であるため、制作中から完成後も常に崩れる危険が付きまとい、 素晴らしい芸術作品でありながら、崩れやすく、その姿を永遠に維持することができない砂像は、その儚さの中に美しさを秘めている。会期が終われば、砂像はもとの砂にかえっていき、限られた期間しか存在することができない砂像。その儚くも美しい造形を創り上げる為に、砂像彫刻家は情熱を注ぎ込む。 永遠に残らないがゆえの美しさが、砂像のもつ大きな魅力の一つである。」とあります。

 以下は、2009年に撮った「砂像」作品をモノクロ化したものです。
 
 テーマは「世界旅行」で、外国のおとぎ話の世界…「ガリバー旅行記」の一コマ。



自然の森を背景にこんな感じで展示されています。

2-20090501M040a.jpg

夢の世界が広がります。

3-20090501M036b.jpg

4-20090501M032a.jpg

砂の中に「馬」の顔がうずもれていました。

5-20090501M035a.jpg

この強烈な「眼光」から目を離せません。

6-20090501M018a.jpg

木目のような質感ですが、これが全部「砂」で出来ているとは…。

7-20090501M046aa.jpg


横からのアップ…眼を縦に割る亀裂が強烈です。

8-20090501M051a.jpg

 この催しは毎年開かれているようで、今年も計画はあったようですが、ネットで検索してみるとコロナ感染拡大で開館は当分見合わせ、延期とのことです。

 もし開催されれば一見の価値はありますよ。


プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信して行きたいと思います。

講師をしている写真クラブ『ぐるっぺ「ヒロ」』のホームページもリンクさせているのでご覧いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR