FC2ブログ

例会翌日の写真展巡り

9月30日(月)晴れ

一昨日(28日)は、ぐるっぺ「ヒロ」の例会で神戸に行き、「反省会」から「ビジネスホテル泊」等のその後の行程はいつも通り。

翌29日は、朝8時過ぎにホテルを出発し、ハーバランド地下の「デュオぎゃらりー」へ写真展を見に行く予定ながら、開始時間が11時で、それまでにかなり時間があるので、明石の「魚の棚商店街」をスナップすることにしました。

「魚の棚商店街」へは、JR明石駅前がきれいにリニューアルされ、大変行きやすくなっています。

商店街の端っこから、「タコのイラストのあるマンホール」を手前に大きく入れ外を見ると、きれいな青空が広がっていました。
どうやら「曇りのち雨」の天気予報は完全に外れたようです。



おなじみの提灯がある魚屋さん、新鮮な魚が店頭に並べられています。

これからあちこちウロウロするのでなければ買って帰りたいところですが…。

2-20190929038.jpg

色々趣向を凝らした「垂れ幕」が天井からつるされています、それを見てまわるのも結構面白いもので、特にこの幕が興味を惹きました。

3-20190929056.jpg

明石と言えば「イイダコ」ですが、この「干しタコ」も季節により海辺で見られるようです。

買って帰れば写真の小道具に使えそうですが、それにしても3500円、4500円はちょっと高い!

4-20190929049.jpg

商店街を外れ、海辺に出ると、たくさんの漁船が高層ビルを背景に係留されているのが目に入ります。

このアンバランスがまたいい!

5-20190929059.jpg

狭い漁港にひしめき合う船…船…、まさに「過密」そのものです。

6-20190929061.jpg

10時過ぎまで撮影し、メトロこうべの地下街にある「デュオぎゃらり-」へ。

全日本写真連盟兵庫県本部支部の「ディセブン」の写真展は、支部開設後初めての写真展ということでしたが、内容とプリントのきれいさはなかなかのものでした。

その後、阪急電車に乗り「西宮北口」まで行き、「西宮市立北口ギャラリー」で開催中の、「フォトグループよもぎ」「フォトグループ阪神」の合同写真展を見ました。
いずれも全日本写真連盟兵庫県本部の女性が指導者の支部で、「組写真限定」の作品展は単写真が主の作品展と比べ作品選びがより難しいと思うのですが、見ごたえがあり色々勉強させていただきました。

会場は、駅とつながった商業施設「アクタ西宮東館」6階にあるのですが、その上から見下ろした駐輪場の光景…、人のそれぞれの動きを見ていると結構面白い。

7-20190929092.jpg

1時時過ぎに西宮北口を出発、本日の最終写真展の会場「兵庫県立美術館王子分室・原田の森ギャラり―」に向かいます。
ここで「2019兵庫県写真作家協会展・公募展入賞、入選作品展」が開催されており、私も会友として出品しています。

入賞入選作品は約50点、協会展は全紙、全倍写真が176点あり、一通り見て回るだけで1時間弱かかりますが、それぞれに見ごたえの作品群です。
入賞作品展では、特に「組写真」が多く目立ちました、これからのコンテストの大きな傾向になるかもしれません。

この会場で1時間弱、何人かの知り合いや、世話になった先生方にも出会い、さらに公募展で入選した丹波の会員さんと合流しました。

3時になり、展示作品を下ろし、丹波の会員さんの車に積み、少し時間があるのでスナップしようと、同行をl希望した神戸の会員さんとともに「春日野道商店街」に向かいました。

南北に長い商店街の中で、同行した会員の奥さんがこんな看板を見つけました。
本家「ぽんこつラーメン」、本格的「てぬきうどん」、「とんこつラーメン」と「さぬきうどん」をもじったネーミングと思われますが、どんなものか、どんな味か試してみたくなる、なかなかうまいネーミングです。

9-20190929114aa.jpg

商店街本通りを外れて歩いていると、軒下に彼岸花が咲いていました。
プランターに植えられたものですが、都会の街中で秋を感じさせる貴重な存在です。

10-20190929095.jpg

靴のお店です。

値札が付いた商品をあまりに無造作に積みあげているので、遠くから見て「ゴミ」と見間違ってしまいました、ごめんなさい!

11-20190929100.jpg

JRの高架下まで移動しました。

仲のよさそうなカップルが通り過ぎるのを待って一枚。

12-20190929110.jpg

4時半頃になり、朝から歩き詰めで足も悲鳴をあげかけたところで本日の撮影は終了、会員さんの車で一路丹波へ…。

少々アクシデントはありましたが、安全運転で無事帰宅と相成った次第です。

「彼岸花」満開の秋日和

9月26日(木)晴れ

今日も気持ちのよい秋日和、買い物に出かける行き帰りの道端に咲く彼岸花を見ると、やはり今年も「撮っておかねば」と、陽が少し傾き始める午後3時過ぎになり、カメラを手に出かけました。

濃淡のあるグリーンの草むらを背景にすると彼岸花の「鮮やかな赤」がさらに強調されます。



近くに小学校がありちょうど下校時で、ランドセルを背負った子供たちが通りかかりました。

ちょっと小さいのでわかりにくいのですが…。

2-20190926036.jpg

そのまま「達身寺」まで足を延ばしました、ここにも彼岸花の群生地があります。

お寺の横にあるおなじみの六地蔵を背景に一枚…。

3-20190926049.jpg

よくあるパターンですが、背景を日陰にすると、さらに鮮やに花ビラが浮かび上がります。

4-20190926045.jpg

ここでちょっと奥の手、ソフトレンズを使います。

同じ被写体でも少し幻想的な雰囲気に仕上がります。

5-20190926001.jpg

白の彼岸花、昔は数本しかなかったのがかなり数が増えました。

単独で見ると、白というより、黄色がかって見えます。

6-20190926047.jpg

それでも「赤花」と並べると「白さ」が強調されます。

この秋の日差しは、輪郭の「にじみ」が命のソフトレンズによく合い、「秋日」の表現にピタリです。

7-20190926012.jpg

日陰を背景に日の当たる彼岸花、右上から下がる葛の蔓をポイントに…。

8-20190926067.jpg

岩の割れ目から伸びた3本の花…、群生とは違った味があります。

9-20190926071.jpg

ここは「樽」に植えられた「蓮」も有名ですが、今は花も終わり、枯れ始めた「蓮の葉」が残っています。

青空と白い雲を背景に下から見あげる形で…、葉っぱが鳥か蝙蝠のようにも見えます。

10-20190926075.jpg

午後3時頃から約1時間、とりあえず「今年の彼岸花」を撮ったことで満足。

28日は”ぐるっぺ「ヒロ」”の例会で神戸へ、29日は同じく神戸の「原田の森ギャラリー」で開催中の「兵庫県写真作家協会展」に行き作品鑑賞の後、出品した私の作品の搬出もしなくてはなりません。
天気がすぐれないのが気がかりですが。

神戸、大阪の写真展巡り

9月14日(土)晴れ

気持ちの良い秋晴れの今日、神戸と大阪で開催された二つの写真展を見に行って来ました。
どちらも案内をもらっていたので友人と行く予定だったのですが、友人の都合がつかず、結局一人で行くことにしました、もちろん、写真展を見ることが主ではありますが、「ついでスナップ」も大きな目的の一つでもあります。

昼過ぎ、神戸駅前の「神戸クリスタルタワー」に着くと、たまたま同じ写真展を見に来た神戸のクラブの会員さんと出会い、ビル2階で開催されている「写友萌黄 第9回写真展」を一緒に見て回りました。

このクラブは毎回斬新な作品を発表され大いに参考になりますが、それは指導者の力量があるからで、特に組写真のユニークな展示方が目を惹きました。

40点弱の作品を約30分かけて見てまわり、会館内の海鮮居酒屋の「海鮮丼」で昼食を済ませ、店を出たところで、客寄せにデンと置かれた本物の魚が目に入り、思わずシャッターを押しました。

3-20190914003.jpg

会場から「デュオこうべ」に向かう通路、光の状態がきれいだったので一枚。



さらに上を仰ぐとぽっかりと青空が…。

2-20190914006.jpg

「デュオこうべ」の広場を通ると、コンサートらしきものが開かれていました。

4-20190914011.jpg

その横で、ガラスに囲まれたコーナーがあり、光を反射した鮮やかな色彩が通路に映し出されきれいでした。

5-20190914010.jpg

この中で何かを販売しているよう…、わからないまま、人の動きと色のきれいさに反応してシャッターを押します。

6-20190914008.jpg

その後、買い物に行くという会員さんと別れ、大阪に向かいます。

「富士フィルムフォトサロン大阪」で開催中の、「第31回大阪倶楽部写真展」を見、ついでに近辺をスナップするためで、梅田から「大阪メトロ」で「本町」まで、そこで電車を降り会場まで歩き、写真展を見ました。

写真34点を30分ほどかけて鑑賞、それからいよいよ「ついでスナップ」の開始、会場から少し歩き、「どぶ池通り」に入りました。

すぐに目につくのがユニークな看板…、ですがこのころから足のふくらはぎが痛み始め、撮影どころではなくなってきました。

7-20190914016.jpg

そして、とうとう右足のふくらはぎに「こむら返り」が起きました。
痛みを和らげようと、壁にもたれ、足の向きをあちこち変えましたが、そのうち立っていられなくなり道路に尻待ちをつきました。

「何をしてるんだ」と不審そうに見て通り過ぎる人たちの目を気にしながら道路に横になり足を色々動かしているうち、痛みも幾分治まり、何とか立ち上がることが出来るようになりましたが、もうこれ以上撮影を続けることは無理です。
出来ればそこからタクシーで大阪駅までと考えましたが捕まらず、よたよた歩いているうちメトロの駅に着きました。
「メトロの階段は何でこんなにきついのだろう」と心でボヤキながら、手すりにつかまり長い階段を下り、何とか大阪駅までたどり着きました。

このまま逃げて帰るのも癪なので、足を引きずりながら駅内をしばらくうろつき、こんな写真を一枚。

8-20190914018.jpg

この後、3時50分の電車に乗車、何とか無事帰宅しました。

いくら意欲があっても歩きのもと「足」が言うことを聞いてくれなければ何も出来ません、いずれはそうなる日が来るのでしょうが、もう少し頑張らせてもらいたい、そんな思いをした今日一日でした。、

久しぶりに「年輪の里」へ

9月9日(月)晴れ

朝夕がようやく涼しくなり、空の雲を見上げても何となく「秋」を感じさせる…そんないい季節となってきたと思っていたのですが、ここ数日はまたも暑さがぶり返して来たようです。

そんな今日、ここのところしばらくシャッターを押さず、カメラが寂しがっているようなので、久しぶりに「年輪の里」を訪ね撮影をしてきました、もちろん「買い物のついでに」です。

紅葉にはまだ早く、青々とした芝生と木々…、おなじみの気持ちのいい光景です。



背景の青い空と白い雲、まだ夏の匂いが濃厚です。

2-20190909003.jpg

太い大木の「エゴノキ」の枝先にある木の実。

アップで暗い背景に浮かび上がらせました。

3-20190909009.jpg

水平に並ぶと、また面白い。

4-]20190909011

「サルスベリ」、花期は初夏から秋にかけてとありますが、私には夏の終わりを象徴する花のように感じています。

ピンクの花と木の緑、背景に青空と白い雲…、鮮やかな光景ですが、何となく寂しさが漂います。

5-20190909018.jpg

太陽光を入れて、少しアップで迫ってみました。

6-20190909019.jpg

この花を超アップで見たことは余りないのでは…。

ピンクの透き通るような薄い花びら…優しい感じです。

7-20190909020.jpg

グラウンドを背景に、木の葉をシルエット気味にとらえると、日本画のような雰囲気になります。

8-20190909022.jpg

見上げれば、青空と黄緑の木の葉、秋はまだまだ…。

9-20190909025.jpg

地面に落ちた木の枝、枯れ枝を思わせますが、風に飛ばされて落ちただけのようです。

10-20190909026.jpg

じっとりとした暑さのためか、余り人もいない中、わずか30分の撮影、それでもこれでカメラの寂しさを慰めることが出来たか…。

撮影会で「大阪鶴橋、コリアタウン」に行く

9月2日(月)雨

昨日(1日)は、たんば写真クラブの撮影会で「大阪鶴橋」から「コリアタウン」へ行って来ました。
ただ「クラブ撮影会」と言っても私を含め3人、少し寂しい撮影会ではありました。
それでもそこはまた少人数の利点もあり、参加者にも、狭い場所での取り回しの難しい大きな一眼レフカメラよりコンパクトカメラをと言っておいたので、軽快で臨機応変の対応が出来、かなり中身の濃い撮影会となったようです。

「石生」を10時半に出発し昼過ぎに「鶴橋」に着くと、近くの「王将」で「ニンニクゼロ餃子定食」の昼食を済ませ、撮影開始です。

駅ガード下は、観光客、買い物客が一杯でいつでも賑わっています。



おなじみの狭い商店街、何か目立つものはないかと探していると、ありました。

靴下の宣伝ですが、こんなところに足先がにゅと出ていると少しびっくりしますが、これは写真になります。

2-20190901076.jpg

店先に並んだ韓流スターの写真が印刷された枕、それを横目に人が行きかいます。

3-20190901087.jpg

商店街を1時間ほど歩き回った後、「コリアタウン」に向かいました、ここは前回のクラブ撮影会でも行ったところです。

タウン入り口にある「マリリンモンロー」の大きな看板、これが何の宣伝の看板なのか見逃がしましたが…。

4-20190901141a.jpg

工事中のところでもお店は開いています、「商売!商売!」。

5-20190901098.jpg

まだまだ気温が高く、冷たい食べ物は人気で、行列が出来ています。

「すだれ」に「冷麺」の暖簾、夏の風物詩としてもなかなか…。

6-20190901103.jpg

「ビール冷えています」の暖簾、やはり引き付けられます。

かなりお年を召した方々が椅子に座っているので、何があるのかと思って覗いて見ると、何かのライブのよう。

7-20190901116.jpg

位置を変えて見ると、ブルーコメッツの「ブルーシャトー」を歌っていました。

と言って、若い方はこんな歌知らないでしょうね、ただ私は「懐かしい懐かしい」。

8-20190901108.jpg

前にも書きましたが、私が撮影する日はなぜか晴れの日が多く、今日も15時から雨の予報でしたが、陽が射して来ました。

アイスクリームの置物とかき氷の暖簾を手前に、大きく伸びる人の影を…。

9-20190901128.jpg

これも人影を主に…。

10-20190901119.jpg

5時前になり、鶴橋駅近辺に戻りました。

影の長く伸びる時間帯で、影を主役にすれば作品はいくらでも作れそうです。

11-20190901163.jpg

5時過ぎ、赤提灯に灯が入り、一番いい頃合いになりました。

ここで「軽く一杯」といきたいところですが、心を鬼にして?そろそろ引きあげることにしました。

12-20190901155.jpg

いつものことながら、電車を乗り継ぎ8時半頃に帰宅、自宅でのほどよい疲れの後のビールのうまいこと、たまらん!

また、ごく少人数の撮影会は意思の疎通もやりやすく、それなりの効果もありそうで、今後も機会あればまた企画したいと思っています。
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR