FC2ブログ

例会翌日に、「大阪八尾」に行く

4月29日(月)曇り

一昨日(27日)は恒例の”ぐるっぺ「ヒロ」”の例会日、例会開始は12時半からなのですが、神戸駅地下街の「デュオぎゃらりー」で開催中の全日写連兵庫県本部支部「フォトクラブしゃとる」の第4回写真展を見るため、たんばの会員さんと早めに出発し、11時から写真展を鑑賞、その後ハーバーランド近辺をスナップするという会員さんと別れ私は例会会場に行きました。

例会終了後は、「居酒屋での反省会」という通常のスケジュールに従い最後は西明石のビジネスホテル泊で一日を終えました。

翌28日(日)は、これまたいつものパターンで、大阪に向かい、大阪から今回は「八尾」を目指しました。
八尾といえば、「河内音頭」や、作家今東光氏の「悪名」の舞台としても有名で、そんなイメージを期待しながら駅を降りたのですが、それは私の勝手な思い込みで、何ら普通の都市と変りはありません。

駅前の通りに、その昔の映画の名作「君の名は」の佐田啓二、岸恵子のポスターが掲げられた居酒屋が目につきました。
時代がかなりズレていて私は見たことはないのですが、大ヒットした映画であるようで、知っている人はそれなりに歳を重ねられた方でしょう。



特に目につくものもなし、どちらに向かおうかと思案していたところ、派手な格好のチンドン屋が目に入り、近づきました。

最初は市の職員がチンドン屋に扮しているのかとも思いましたが、「八尾もの市」の宣伝を請け負った本物で、すぐ近くの神社が会場であるとの案内を受け、何があるのかわかりませんがとにかく行ってみることにしました。

それにしても、美男美女のチンドン屋さん、お願いして数枚写真を撮らせてもらいました。

2-20190428025.jpg

歩いて5分ほどのところに、青空を背景にした大きな鳥居とその奥に広がる結構由緒ありそうな「渋川神社」があり、人々で賑わっていました、ここが「八尾もの市」の会場です。

3-20190428048.jpg

もらったパンフによると、「八尾もの市」は今回で8回目、手作り雑貨と古道具、ガーデニング、青空ヨガ、ミュージックカフェ、ごはんとおやつ…とあり、限られた地域のつながりを大切にした手作りのほんの小さなイベントで、その一つ、沖縄のグループと思われる歌と楽器演奏を、石垣などに腰掛けそれぞれの格好で聞き入っています。

5-20190428083.jpg

境内での「飴細工」の実演に子供が見入っています。

6-20190428057.jpg

「世界で一つ、名前文字」のコーナー、若い女性作家が花のイラストなどと組み合わせた「名前文字」を実演していました。

8-20190428111.jpg

お母さんのコーラスグループが歌い踊っています、その動きに合わせて見物の子供が踊り出しました。

見ているだけでは物足りない…、そんな子供の心理がうかがい知れます。

9-20190428123.jpg

河内音頭に出てくる大楠公(楠正成)、その辺からでしょうか、「楠」がご神木…。

象の足を思わせる巨大な根元にしめ縄が貼られ、お賽銭箱は今やステンレスの筒、これでは賽銭泥棒もお手上げでしょう。

10-20190428091.jpg

真っ赤な鳥居のお稲荷さん、その下で子供たちが思い思いにたわむれています、色と光と影を生かして…。

11-20190428070.jpg

家族、グループごとにビニールシートを敷き、持参した弁当や、露天で買ったタコ焼きを食べたりと、のんびりと楽しんでいます。

私もここで、タコ焼きと生ビールを買い、簡単な昼食としました。

4-20190428068.jpg

神社の外に出てみると、灯篭の横に飾られた赤い花が目につきました。

これをポイントに、右側に自転車で行き交う子供たちを入れて…。

12-20190428137.jpg

一時前になり、撮影修了。

今回は、「八尾もの市」と言う思わぬ「拾い物」があり、おかげでたくさんの作品が出来ました。
もちろん「動かざれば得るものなし」で、積極的に動き回ったおかげであり、その結果駅前で「チンドン屋さん」に出くわし、そして「市」を、紹介をしていただきました、「チンドン屋さん」ありがとうございます。

神戸医大病院の検査ついでに神戸街角スナップ

4月19日(金)晴れ

本日は、先日の西脇病院に続き、一昨年神戸医大で受けた手術後の定期検診に神戸へ行きました。
長い間待たされた検診の結果、異状なしとのことで安心し病院から神戸駅まで歩き昼食、その後JRで元町駅まで、いつもならそのまま東に向かい、高架下等をスナップするのですが、今日は少し気分を変えて南に向かうことにしました。

適当にスナップしながら歩き、海岸通りからメリケン波止場に着くと、海と都市がうまく融合した神戸独特の光景が現れます。



メリケンパーク入口にこんな小さな祠があります.

お地蔵さんにきれいな花や線香が供えられていました。

2-20190419016.jpg

その先に、阪神大震災で崩壊した岸壁の一部がそのまま保存されているところがあり、この平穏な空間との落差に驚きます。

3-20190419038.jpg

この背景のイラストはよく写真になるところで、今日もたくさんの人が記念写真を撮っていました。

私はちょっと違った角度から一枚…。

4-20190419048.jpg

街中に入ると、ウインドウは春というより夏をイメージさせるファッションにあふれています。

5-20190419076.jpg

ブライダルをイメージさせる白いハイヒールとドレス、遠くに若い女性の姿をちょびっと入れて…。

6-20190419083.jpg

東に歩いているうちに「東遊園」に着きました。

この像も大震災で痛められ汚れたものですが、記念としてあえてそのまま残しているようです。

7-20190419087.jpg

ツタの絡まる赤レンガつくりの建物、確か結婚式場だったと思うのですが…。

すでに廃墟となっているのかと見ると、窓内に明かりが見え、まだ現役のようです。

8-20190419092.jpg

その横にある同じく赤レンガの建物、管理事務所らしいのですが?

古びた赤レンガに緑のツタの葉、色彩的にも素敵な組み合わせです。

9-20190419100.jpg

ガラスの円形の置物、ガラスのゆがみ具合で回りの光景がゆがみ、不思議な雰囲気を醸し出します。

10-20190419120.jpg

一番南にある公園、円を描く階段が面白い…、丁度陽も傾き始め、背景にあるビルを照らしています。

11-20190419108.jpg

この公園の中央にある「馬と鳩」の像。

何でもない光景ですが、下から見上げると黒いシルエットになり、ビルとビルの影から覗く太陽がいいアクセントになり「絵」になります。

12-20190419111.jpg

久しぶりに訪ねた東遊園地、ウロウロすればそれなりに被写体を見つけることは出来そうです。

昼過ぎから歩き始めて約5時間、幸いに休憩場所に不足しないので途中で何度も休みましたがよく歩きました。
そして、まだこうして歩き回れることを喜び、18時45分発の高速バスに乗り、8時半ころ無事帰宅した次第です。

検診ついでに、山南町「常勝寺」へ

4月16日(火)晴れ

本日は、3か月検診に西脇市内病院へ行って来ました。
まず、頭部のCT撮影の後、画像を見ながらの担当医の診察で、「手術後3年を経過した現在、もう何ら問題はなく、定期検診も必要なし、もし何か異常を感じることがあればその時に診察に来ればいい」との、言わば「完治宣言」とも言えるうれしい言葉をいただきました、ただやはり少し不安なので、半年後の検査をお願いし駐車場に戻ると、右前輪のタイヤがパンク状態、もし診察結果が良くなければ踏んだり蹴ったりのところですが、しかし良い結果で気分は上々、そろそろスタッドレスタイヤを交換しなくてはと思っていたところでもあり、近くのオートバックスまで走り、新品タイヤに交換しました。

その後、途中で昼食をすませ、山南町まで戻ったところで、久しぶりに「常勝寺」を訪ねることにしました。
このお寺はこの時期、長い石段や苔むした石仏などに桜などの花が絡み、古刹独特の雰囲気が楽しめるところです。

まず目に入るのが、散った桜の花びらが広がる長い石段、両側には苔むした石垣や石仏に、山桜やつつじ、椿などの花が彩を添え、長い階段を登る人の目を癒してくれます、この石段を上り詰めたところに、毎年2月11日に開催される「鬼こそ」(鬼追い儀式)の舞台となる本堂があります。



登り始めてすぐ左手にある、苔むした古木と少し傾いた祠、背景にある桜花と青空がいい感じです。

2-20190416025.jpg

祠の手水鉢を見ると、桜の花びらが浮かんでいました。

3-20190416029.jpg

紫のつつじに新緑の黄緑、薄ピンクの山桜に青空…、気持ちの良い光景です。

4-20190416022.jpg

参道に覆いかぶさるように咲く山桜の木。

落ちた花びらとともに、その曲がりくねった木の影もまたいいポイントになります。

6-20190416037.jpg

少し登ると左手に赤い椿の木があり、その下に花びらが散っていました。

7-20190416043.jpg

右手の、道場兼住居の庭を覗くと、小さな池に落ちた椿と桜の花びらが浮び、木漏れ日が射していました。

8-20190416051.jpg

石段途中にある石仏、苔むした石仏の中にポツンとある赤い椿の花が印象的です。

9-20190416062.jpg

これも参道途中にある石仏、少し見ずらいですが、手前の石垣に咲く紫色のスミレがポイントです。

10-20190416077.jpg

頼りない足取りでかなり上まで登りました、見下ろすとその高さがわかります。

うまい具合に陰影が出来ていたので振り返り一枚…。

11-20190416063.jpg

一時間弱、足も疲れてきたのでゆっくり引き返します。

階段は登りより下りの方が危険です、ここでひっくり返りでもしたら大変…、ゆっくりゆっくり、登りとはまた違った目線で光景を楽しみながら下りました。

いつ訪ねても写真的にも楽しめるいいお寺です、病院での診断が良かったこともあり、余計余裕をもって撮影が出来た本日の「ついでスナップ」でした。

落花を求めて「水分かれ公園」へ

4月12日(金)晴れ

ここしばら「く”ぐるっぺ「ヒロ」”のホームページ」制作に集中し、ようやくHPも完成、何とか見られるようになったところで、買い物ついでに氷上町石生「水分かれ公園」を訪ねました。

「水分かれ公園」は、日本一標高の低い中央分水界として有名な上、桜の名所でもあり、7日には「桜まつり」が開かれかなりにぎわったようです、しかし私の狙いは、木に咲く桜よりも「落花」にあり、わざと時期をずらして訪れましたが少し早かったようです。

祭りを盛り上げる提灯が、人気のない川沿いの桜並木で風に揺れていました。



見上げれば気持ちの良い青空、薄ピンクの花が映えます。

2-20190412092.jpg

観光客は少ないのですが、地元の幼稚園児が遠足に来ていました。

お楽しみの弁当を詰めたであろうリュックを前面に、グループに分かれ先生の案内を聞く園児たちを背景に…。

3-20190412012.jpg

樹の根元を見ると、散った桜の花びらと黄色いタンポポの花が目に入ります。

4-20190412023.jpg

太い樹の幹の途中から伸びた小枝にも立派な花が…、ストロボで少し浮かび上がらせました。

5-20190412027.jpg

いそべ神社前のご神木の根元に、石の祠が…、赤い椿の花びらがポイントです。

6-20190412033.jpg

神社右手の小池に置かれた亀の置物の口から水が噴き出しています、これも噴水でしょうか。

ISO「6400」、シャッータスピード「2000/1」でしぶきを止めてみました。

7-20190412035.jpg

この公園には山桜もたくさんあります。

白い花と赤い葉っぱ、青空によく合います。

8-20190412076.jpg

うまい具合に花びらと葉っぱに光が当たっています。

背景を暗い部分に置くと花びらの白さと葉っぱの赤が際立ちます。

9-20190412070.jpg

川面を覗くと、落ちた花びらが岩に絡みつき、面白い模様を作っていました。

10-20190412089.jpg

この公園に行くと必ず近くの「福田寺」を訪ねます。

参道右手の小さな庭にある一本の椿、その赤い花と右上にチラリと覗く桜花、その素朴な風情が何とも言えず好きです。

11-20190412056.jpg

小一時間、春の陽気を堪能しささやかな命の洗濯、その後買い物をして昼過ぎに帰宅しました。

冒頭書きましたが、ようやく完成した”ぐるっぺ「ヒロ」”のホームページ、「写真好き集まれ!ぐるっぺ「ヒロ」”で検索すればヒットします、是非ともご覧ください。

満開近い「カタクリ園」を訪ねる

4月8日(月)晴れ

ここのところ毎日好天気が続き、昨夜は雨が降っていたようでしたが起きてみると今日も快晴、気温もいくらか高めで、こんな日にじっとしているわけには行かないと、近くの「カタクリ園」を訪ねることにしました。

今やここ「清住のカタクリ園」は結構名も売れ、観光客も多くなったため?すぐ近くにありながら、かえって二の足を踏んでいたので何年かぶりの訪問です。

「カタクリ園」は毎年花が増殖し、スケールも段々大きくなって来ており、折からの斜光線が広いお花畑に長い影を落とし、強烈なアクセントとなっていました。



園は2箇所に分かれ、奥の園に行くと、台風の影響か急斜面に大きくえぐれた箇所があり、その斜面もびっしりと花に覆われています。

2-20190408048.jpg

花は最盛期のようで、しかも昨夜の雨で花びらに水滴が残り、生き生きとしています。
しかしこの花、陽が射さないと花びらを開きません、案内には「10℃を超えると花びらが一枚開き、17℃で咲く(反り返る)」とあり、まだ反り返るまでには時間がかかりそう。

3-20190408023.jpg

ところどころに残る朽ちた切り株が、単純になりそうな画面のいいアクセントになります。

4-20190408073.jpg

朽ち行く命と命輝くカタクリの花…、そんな比較も面白い…。

5-20190408028.jpg

どこまで広がるのかこのお花畑…。

6-20190408061.jpg

広い斜面の向こうに見える人家、こんな人里のすぐそばにあるのです。

7-20190408076.jpg

もちろんこの花は、アップにも十分耐えられます、「カタクリ」といえば超アップが定番か…。

9-20190408084.jpg

輪から飛び出し踊っているような一輪を見つけました。

「我が道を行く…」、そんな心情でしょうか。

10-20190408086b.jpg

9時半頃から10時過ぎまで「カタクリ園」で撮影、その帰りに少しより道をし、こんな光景を見つけました、逆光に浮かぶ桜花です。

単純な桜の花も光の具合で、結構「絵」になります。

11-20190408094.jpg

さらに小さな運動場に行くと、こんな光景が…。

ここに「滑り台」がなければシャッターを押さなかったでしょう。

12-20190408101.jpg

気持ちの良い春の午前、うす紫の可憐な「カタクリの花」を堪能しました。

また、前回も書きましたが、ただ今HPの制作にかかりっきり、なかなかうまく進みませんが、何とか見られる形になったようです。

是非閲覧下さい。

神戸、たんば合同撮影会で「明石公園」へ行く

4月3日(水)晴れ

現在私は、神戸の写真クラブ”ぐるっぺ「ヒロ」”と丹波の「たんば写真クラブ」の講師をしているのですが、”ぐるっぺ「ヒロ」”にはまだホームページがなく、PRのためにも必要ということで、全く素人ながら何とかHPを制作し、4月1日に公開しました。
まだまだ不完全なものですが、これから順次内容を充実させていきたいと思っています。
”ぐるっぺ「ヒロ」”で検索いただくか、「http://g-hiro.jp/ 」を入力いただくと閲覧できますので、是非ともご覧ください。

そんな昨日(2日)、”ぐるっぺ「ヒロ」”と、たんば写真クラブの合同撮影会で、明石公園へ行きました。

そろそろ桜も開花し始め、天候も快晴の模様だったのが、数日前から寒気が広がり、普通の衣装では少々寒すぎる状況でした、それでも神戸から8名、丹羽から4名が参加し、平日ながら、多くの家族連れ等でにぎわう公園内をスナップして回りました。

2~3分咲きの園内、それぞれのグループが陽ざしを浴びながらくつろいでいます。



ベンチに置かれた荷物、遊具で遊ぶため置き去りにされています。

そんな荷物も木の枝の影を合わすと結構「絵」になります。

2-20190402013.jpg

これも木の影が主体です、背景にチラリ子供の姿が見せて…。

3-20190402009.jpg

見上げると、青い空と白い雲…、芽吹き始めた樹のシルエットの形が面白い。

4-20190402019.jpg

犬を連れたグループがいました。

安心しきって身をゆだねる超大型犬と振り返る小型犬、その表情が何とも言えません。

5-20190402027.jpg

並んで記念写真を撮っていました。

大きさの比較…、おそらくこの大型犬は、私より重いのではないでしょうか。

6-20190402064.jpg

池の周りを散策すると、色んなグループがあちこちでシートを敷いて飲食しているのに出会います。

大きな木を手前に入れ、記念写真を撮るグループを一枚。

7-20190402047.jpg

花見客だけがターゲットではありません、少し目を転じればこんな光景も…。

巨大な木の根と散らばる椿の花びら…、色の取り合わせで見せます。

8-20190402042.jpg

これもそんな一枚…、緑と赤をポイントに。

9-20190402054.jpg

池の真ん中にある小島、コブシ、ユキヤナギ、枝先にとまる鵜、飛び交うカモメ、背景には桜花と椅子で休む人…、多くの情報満載の一枚です。

10-20190402095.jpg

餌を与える人がいて、それを狙って飛び交うユリカモメ…、背景を暗く落とすとカモメの白が浮きあがります。

11-20190402099.jpg

12時過ぎから3時まで、園内を歩き回りかなりくたびれたところで、ここでの撮影は終了。

その後「魚の棚商店街」まで歩きしばらくスナップ、最後は「明石焼き」を食し、ついでに「煮イイダコ」を土産に本日の撮影会は終了、その頃になり雨が降り始めましたが、丹波へは会員さんの車に同乗させてもらい無事帰宅と相成りました。

念のため、冒頭にお知らせしたHPのURLを再度掲載します、出来ればご意見などお聞かせいただければ幸いです。

写真好き集まれ!ぐるっぺ「ヒロ」
http://g-hiro.jp/
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR