FC2ブログ

大阪環状線沿線「福島駅」近辺、街歩き

5月27日(日)晴れ

昨日は、”ぐるっぺ「ヒロ」”の例会で神戸へ、例会終了後はいつも通り駅前居酒屋で「反省会」、そしてまた最後は、西明石のビジネスホテルへ…、いつものパターンです。

西明石では、どうせ「寝るだけ」なのでと、ネットで検索しいくつかの候補の中で一番安いホテルを探し、結局同じホテルに泊まるこが多いのですが、今回は初めてのホテルです。
風呂、トイレの部屋完備はもちろん、その上「ご飯食べ放題の朝食」と「コーヒ付き」、これで格安な料金で泊まれるのですから、実にありがたいことです。

そして今日、朝起きて下を見下ろすと、9階の窓から快晴の空のもと真っ白な機体の新幹線が走っているのが見えました、



8時過ぎにホテルを出、西明石から電車に。
例会で神戸に行くたびに続けている、「大阪環状線沿線の街歩き」で大阪に行き、前回訪ねた「西九条」の次の駅は「野田」なのですが、「内回り」に乗り、最初の駅「福島」で降りることにしました。

コインロッカーに荷を預け、コンパクトカメラ一つを手に駅を出ます。
まず目に入るのは、ガードを支える支柱に描かれた「七福神」の大きなイラストです。

2-20180527027.jpg

人々は何事もないかのように行き交いますが、その豊かな表情に、心を和ませているのでないかと思います。

3-20180527029.jpg

その横で信号待ちをする女性の後ろ姿…。

4-20180527008a.jpg

若いカップルを見守るように…。

5-20180527009.jpg

「今日も一日、平和であれ…」、そんな祈りも聞こえてきそう…。

「でべそ」がまたかわいい…。

6-20180527024.jpg

街中に入ると、こんな幕が張られていました。

「売れても」、「占い(売らない)」、そんなユーモアあるキャッチフレーズで、この先に連なる長い商店街のあちこちで掲げられています。

7-20180527032a.jpg

ここにも「売れても、占い」が掲げられ、その下を外国人観光客と思われる自転車の一団が通り抜けています。

8-20180527060.jpg

どこに行っても目につくのがガード下の落書き、ここにもありました。

9-20180527093a.jpg

もしここにこの落書きがなかったら…。

私の興味も半減し、おそらくシャッターは押さないかも。

10-20180527111a.jpg

こんな街中にも、緑豊かな公園があります。

人待ち顔?のブランコが二つ、その奥の木陰でスマホをいじりながら休憩する人がいました。

11-20180527117a.jpg

福島駅近辺で早めの昼食をとり、次の駅「野田」を目指しましたが、この駅は快速が停まらないことを知らないため、西九条まで何度か往復を繰り返し、ようやくたどり着きました、やはり私は「田舎者」です。

さて、「野田」で降りたものの余り目につくものがなく、ここでは余りシャッターを押せませんでした、その中の貴重な一枚。

13-20180527141a.jpg

そんな訳で、今回も400枚ほどシャッターを切り、2時前に撮影を終了、大阪に戻り、福知山線で石生まで、帰宅は6時前となりました。

これで「大阪環状線沿線巡り」は一通り終了です、次はいずこに、鉄道地図を見ると、大阪は環状線はじめ地下鉄や私鉄の路線が実に複雑に絡まり、組み合っていて知らないところだらけ、好奇心の旺盛な私には大いに興味がそそられます。

地下鉄は電車からまわりの風景が見えないので少し不安なのですが、次回からは「地下鉄沿線廻り」に挑戦してみようかと思っています。
どこまで続けられるかわかりませんが、頑張ります!

1か月検診のついでに「西脇市内スナップ」

5月24日(木)晴れ

2年前に手術を受け、その後2年経過したところで詳しい検診を、と先月半ば、2泊3日で西脇病院に入院、「異常なし」、「薬の服用も必要なし」の指示を受け、それから一か月が過ぎた22日に、改めて同病院へMRI撮影等の最終検診を受けに行きました。
結果は、「なんら異常なし」「血流もきれいで問題なし」、「これで無罪放免?です」、「何か異常があればまた診察に来られてもいいですが、とりあえず次回は半年後で結構」、とのうれしい診断を受けました。

人生も終盤に入ってからの二つの大病、その一つは何とか乗り越えることが出来たようで、すっかり気をよくした私は、いつもの「ついでスナップ」に西脇市内を歩くことにしました。

まず、こちらへ来るといつも見かけながらも入ったことのない、「童子山公園」を訪ねました。

特に目につくほどのものはないのですが、快晴の公園は歩くと少し汗ばむほど、それでも木々に囲まれた小高い公園の爽やかな緑には癒されます、黄緑の木の葉の色彩は、ちょうど今の自分の心根そのものです。

錆びついた鉄パイプと緑の葉っぱ…、この取り合わせがいい。



壁に映った木の葉の影もなかなかのもの。

2-20180522007.jpg

これはハト小屋の網に映る木の葉の影、この形が…。

3-20180522012.jpg

公園を散策後、市内に入り、播州織工房館前から少し奥に入ると、廃屋の表に白い花が咲いていました。

きれいな花と崩れかけた建物のガラス戸、面白い対比です。

4-20180522014a.jpg

西脇市は美術家横尾忠則氏の「Y字路」で有名です。

これもそのY字路の一つ、白い看板にその説明が書かれています、そんなY字路を探して歩くのも一興か…。

5-20180522018a.jpg

その少し奥に少し荒れた公園があり、奥のコンクリート壁に子供のイラストが描かれています。

そこに陽が当たり、いい感じ…。

6-20180522026a.jpg

同じく、枯れた大木と草むらと鮮やかなイラスト…。

7-20180522021a.jpg

次に少し足を延ばし、「旭マーケット」に行きました。
ここは大正末期から昭和初期にかけて、播州織工場で働く女工さんの共同宿舎だったとの説もありますが、かって新聞にも取り上げられた貴重で珍しい木造アーケードで、今も人が住んでおられるようです。

9-20180522048a.jpg

人の気配はなく少し物足りないのですが、壁に映る濃い影がポイントになります。

10-20180522043a.jpg

共同の炊事場の後でしょうか、何となく昔の面影が忍ばれます。

11-20180522042a.jpg

その他、このように板壁の建築物もたくさん見られ、それなりに街の散策も楽しいものがあり、新しい発見も出来そうな町並みです。

12-20180522052a.jpg

昼前から2時間ほど、あちこちを散策、それらしき写真も何枚かは撮れました。
ただ時間が昼時で、人が余り出ていなかったので少し寂しい部分はあります。

そして帰宅後、画像をチエックし記事を書こうとしましたが、パソコンのキーボー、「Enter」と「スペースキー」が不良で入力が出来なく、修正しようとネットで色々検索、何度も試しましたがうまくいかず、結局「キーボード」そのものが故障のようで、「キーボード」を新しくし何とか回復、ためにブログ掲載が遅れてしまいました。5月4日以来、ご無沙汰していたので気になっていたのですが…。


クラブ撮影会で「高槻鯉のぼりフェスタ」に行く

5月5日晴れ

昨日は、「たんば写真クラブ」から、大阪高槻市の「鯉のぼりフェスタ」の撮影に行ってきました。
心配された天気も何とか「晴れ」で、途中小雨が降ったものの最後には真っ青な空も見え、「晴れ男」の面目も躍如されました。

11時過ぎ、JR篠山口より4名、新三田から2名、現地参加が1名、計7名の参加を得て、大阪から高槻市へ、とりあえず駅前で昼食を済ませ、会場の芥川(あくたがわ)河川敷に向かうのですが、かなりの距離があり、元気者3名は徒歩で、足に自信のない者3名はタクシーに乗車、現地には1時過ぎに到着しました。

会場に着くと、広い芥川をまたぐ上空に風に泳ぐ鯉のぼりが圧倒的な迫力を持って迫ってきます、案内では「1000匹」とあります、数えるには無理がありますが、素直になるほどと納得します。
そんな河川敷では、カップルや家族連れなど多くの人が集い、泳ぐ鯉のぼりの大群を見上げながら、それぞれに楽しんでいました。



そんな鯉のぼりはすべて使用済みのものを集めたもの、しかし何年も使用すると傷みが進み、数を確保するのが大変、だから「不要になった鯉のぼり」があれば欲しいとのこと、出来る方は協力してあげて欲しいものです。

2-20180504018.jpg

幸いに風もあるのでみんな勢いよく泳いではいますが、その「動き」を強調するため、少しシャッタースピードを遅くしてみました。
少し「ブレ」ているのがわかるでしょうか。

3-20180504043.jpg

観客の中には、「ワンちゃん」もいます。

人間と同じように空を見上げているようです。

4-20180504067.jpg

上品な柴犬、正座をして見上げているのは、鯉のぼりでなく飼い主の手元のよう…。

5-20180504102.jpg

「鯉のぼり」ならぬ、「犬のぼり?」。

何とあられもない姿…、というなかれ、本人(?)たちは結構喜んでいるようです。

6-20180504099.jpg

少し小雨が降りましたが、その後はまた陽が射し、浮かぶ鯉のぼりを空に明るく照らし出しました。

7-20180504056.jpg

風も出てきて大きく膨らみ、立体感も出てきました。

8-20180504085.jpg

やがて青空が広がり、地面に映る影もクッキリしてきました。

これでなくては…。

9-20180504128.jpg

大木が強い影を落とした堤の先の川の下流では、子でもたちが水遊び、川堤をカップルが手をつなぎ散策、いい雰囲気です。

10-20180504162.jpg

3時半を過ぎ、青く晴れた空を見上げ、少々未練を残しながら、そろそろ引き上げることに。

高槻駅まで歩き、電車で大阪へ、大阪駅でコーヒータイムのあと福知山線に乗車、帰宅は7時過ぎとなりました。

先日の「横仙歌舞伎」、今日の「鯉のぼり」…、データーもかなりたまり、そしてまた次週は神戸の撮影会、と続きます。
なかなか後処理が大変ですが、これも元気でおられる「おかげ」です、何に感謝したらいいのか、ありがたいことです。


プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR