FC2ブログ

丹波「高山寺」紅葉情報-その①

25日に”ぐるっぺ「ヒロ」”の「例会」兼「写真展の打ち上げ会」、翌日に数人での「デジタルプリントの研修会」を済ませ、一

応今月の主な日程は消化しました。

翌26日は朝方から小雨、それでも少し時間があったので、近所の高山寺の紅葉状況を偵察に行ってきました。

道路のあちこちに、高山寺の紅葉案内の旗が立てられすでに「紅葉モード」に入ったかのようですが、実態はご覧の通り少し

赤みがさしてきたかのようですが、まだまだの状況です。



反対側から山門を見下ろすと、白い石畳が印象的です。

2-20141027018.jpg

少し陽が射してきました、わずかに紅葉が始まりかけています。

3-20141027020.jpg

中ですでに色づいているモミジを見つけました。

シーズンには見飽きるほどのモミジ葉ですが、今の時期には何となく貴重な感じがします。

4-20141027038.jpg

同じ葉を多重撮影で遊んでみました。

5-20141027042.jpg

何の変哲もない木の葉を、同じく多重撮影で狙ってみました。

それなりに変化があって面白い…かな。

6-.jpg

ここ「高山寺」の紅葉の盛りは11月末から12月はじめ、それからするとまだ1か月も早いのですが、その間出来るだけ克明

に状況をお伝えします、ご期待ください。

霧の朝、草むらでは…

目覚めると外は深い霧、9時前になると少し晴れてきました。

本来ならば霧景の舞台にふさわしいところまで足を延ばし撮影に没頭したいところですが、他に用もありカメラを持って近

辺をしばし彷徨うことにしました。

刈入れの済んだ田圃には特に目を惹くような変化はなし、何か面白いものはないかと見ると、枯れ始めた山の芋の蔓が、

はるか霧のかなたへと長く伸びているのを見つけました。



少し移動し足元を見ると、エノコログサが逆光の中に浮かび上がっていました。

2-20141024009.jpg

田から湧き上がる水蒸気を背景にすると何となく幻想的な雰囲気になります。

3-20141024013.jpg

しばらくたつと霧が徐々に晴れあがり、青空が顔を見せ始めます。

4-20141024019.jpg

アップでとらえると水滴がきれいです。

6-20141024042.jpg

ほんの小さな草むらながら、目線を下げて見つめると色んなものが見えてきます。

7-20141024045.jpg

目を奪われるような大自然から、足元の草むらまで、その気になればきれいなモノ、珍しモノはいくらでも見つかります。

問題は「光と影」の気象条件と、「見つめる目」があるかないかだけかと思います。

今日は都合で30分だけの撮影になりました、明日はまた神戸の写真クラブの例会で、楽しみです。


心休まる「秋」到来…

過ぎゆく日々にブログの記事が追い付かず遅れ気味…、それでもようやく追いついた感。

21日は宿直明けで寝不足ながら、神戸のADSへ写真展のフォトブックの仕上がり具合の確認と、展示作品持ち帰りのために

自動車で行きましたが、心配された天候も幸い時たま晴れ間の出るという状況で快適ドライブでした。

帰り道で通りかかった三田近辺はまさに秋本番。

黄色いコスモスとたわわに実ったオレンジ色の柿の実が、なぜか心和ませ、ホッとさせてくれます。



今年は柿が豊作のようです。

2-20141021008.jpg

これだけ実った柿の実、もうすでに食べごろなのに枝に下がったまま…、この先どうなるんでしょうか、野鳥と分け合ったと

してもまだ残りそう、もったいない!もったいない!

3-20141021012.jpg

間道を走っているとこんな光景が目に入ります。

刈入れの終わった田に、ワラをくくり付けて立てかけた姿はまるで人のようにも見えます。

二人寄り添うような手前の2体をポイントに…。

4-20141021017.jpg

真昼間で影の出来ない時間帯ゆえ、平和で平凡な風景に終わってしまってますが、斜光線のきれいな朝夕に狙えばもっ

と迫力ある作品が出来るはず…。

5-20141021027.jpg

場所を変え、角度を変え、すればいくらでも傑作が出来そう…。

6-20141021026.jpg

紅葉に始まり、木の実や枯野の暖色系の色彩につつまれる「秋」という季節は、迫りくる冬の厳しい自然を前にしながら、

何となくホッとして心安らぐ好季節です。

短い「秋」ながらこれからしばらくそんな季節を楽しみたいと思います。

15日は「灘のけんか祭り」に…

前回の記事にも書いた通り、写真展、自治会行事、写真例会…と続き、ブログ投稿もなかなか時間がとれず遅れがちです。

しかしその間にあった大きな出来事、「灘のけんか祭り」に触れない訳にはいきません。

毎年、ある写真仲間に案内をいただき、「けんか祭り」の見学と撮影をさせていただいています、それも元地元の顔を生か

し、普通の人は入れない桟敷席などに座らせていただき、普段は撮れない特別な角度からの撮影をさせていただくなど、

便宜を図っていただき、これもまた感謝!感謝!です。


神社前のビルの屋上にある桟敷席からの光景。

一年間この日を待ちかね、ようやく到来したこの日、その参加者は勿論、見守る観客たちの燃えたぎる熱意もジンジン伝

わって来ます。



祭りの流れや意味は、勉強不足でなかなか素人にはわかりません。

しかしその迫力たるや、何と!!

2-.jpg

小さなケガは別にして、これでよく大きな怪我人が出ずに済んでいることが不思議に思えます。

過去には大きな事故もあったようですが、それでも何とか持っているのはそれだけ厳しく訓練されているのでしょう。

3-20141015068a.jpg

タンカで運ばれている人がいます、当初はケガかと思ったのですが、体調不良か酒の飲み過ぎかでしょうか。

間違っていたらゴメンナサイ。

4-20141016053.jpg

昼過ぎに神社前から、段々畑のある小山に作られた桟敷席に案内していただきました。

すり鉢状の中間にある桟敷から練り場を見下ろすその景観の何と雄大なこと、対岸は、背景に海を見据え、桟敷席の

人々が米粒のように並んでいる様は壮観です。

5-20141015165.jpg

視線を右に転じれば、それぞれのグループがそれぞれの姿でこの一日を心ゆくまで楽しんでいる様子が目に入ります。

6-20141015179.jpg

そんな中の一人として、酒やビール、お寿司をいただき、下手したらここで出来上がってしまいそう…。

播州の人達の心の暖かさや広さが実感できます、よく考えれば私の祖先も播州???

7-20141015132.jpg

出来上がってしまいそうなところをかろうじて思いとどまり、日が傾き始めたころお旅山を登りしばらくスナップ。

見下ろせば真っ赤な太陽が沈みゆく神々しいばかりの瞬間です。

8-20141015227.jpg

まだまだ祭りは続きますが、しばらくスナップをし撮影は終了、その後は言わずと知れた「反省会」…。

今年もまたこんなすごい感激と楽しい時間を与えて頂いた写真仲間に感謝! とにかく感謝!感謝!の毎日です。

ありがとうございます!

ぐるっぺ「ヒロ」第15回写真展、盛会裏に終了

写真展や撮影会、地元自治会の行事等が続き、なかなか時間がとれず報告が遅れてしまいましたが、10月14日ぐるっぺ

「ヒロ」第15回写真展は盛会裏に終了しました。

何十年ぶりかに再会した懐かしい昔の同僚や遠くから駆けつけてくれた仲間達、またひとつ私の歴史に大きな思い出が追加

されました、その他会場に足を運んでいただいた多くの方たちに感謝!感謝!です。

この感激があるから少々しんどいことでも頑張れるのです、2年後の第16回が楽しみです。

そんな会場風景、千人を超す来場者がありましたが、肖像権の問題もあるので、「地味」な一コマを。



全紙37点、これだけ並ぶと壮快です。

20141009001.jpg

最終日は、たんば写真クラブからも仲間がハーバランドの撮影を兼ねて駆け付けてくれ、私も2時間ばかり一緒に撮影を

しました。

ハーバーランド近辺を歩くと必ず目につく「キリン」さん、高層ビルをも見下ろし天を突くような…。

20141014005.jpg

見慣れた石畳ですが、目線を下げるとまた違った見え方になります。

20141014023.jpg

モザイク広場のショッピング&レストラン街、光が通り抜ける絶好の撮影ポイントが何か所かあり、シルエットにふさわしい

人物の登場を待てばいくらでも作品は出来そうです。

20141014068.jpg

ベビーカーに乗って悠然としているワンちゃん、一声かけて撮らせてもらいました。

20141014049.jpg

ということで、その後写真展会場に戻り、閉会時間を待って後片付け、その後は言うまでもなく「反省会」、丹波の仲間も参

加して頂いた事は感激です。

台風19号接近というアクシデントはあったものの意義ある写真展でした、皆様ありがとうございました、感謝!感謝!

台風接近、コスモス園へ…

またまた台風接近です、18号に引き続き19号はさらに勢力の強い超大型台風のようで、今夜に最接近とのことで、当地域で

は「避難準備情報」が発令されました、何とも不安な今夜です。

ここ最近は何かと忙しく、8日の写真クラブ”ぐるっぺ「ヒロ」”の写真展の会場飾りつけに始まり、会場当番、宿直、宿直明けで

地元の秋祭りの役員として神輿のつき添い…と、とにかく慌ただしい日を過ごしました。

そして本日は、丹波の写真クラブで神戸の写真展を鑑賞後、撮影会の予定だったのですが、この台風で中止、聞けば写真

展の会場も台風の影響で閉鎖とのこと、致し方ありません。

ということで少し時間に余裕ができたので、近所の「コスモス園」へ行ってきました。

雨や霧という気象条件はまた、「当たり前」の写真から抜け出すひとつの道、こんな機会を逃すことは出来ません。

しっとりと濡れた花びらの質感、それは少しオーバー気味の露出の方がいいかも。



花や枝は雨に打たれ少し傷みはありますが、お花畑の広がりと奥の山裾から湧き上がる霧がなかなかいい雰囲気をかもし

だしていました。

2-20141013081.jpg

群生する当たり前のコスモス畑に少し変化を与える「水溜り」、これも雨日のご褒美です。

4-20141013027.jpg

黑い背景にストロボ一発、少し花びらの「テカリ」が気になりますが、水滴がきれいに浮き上がりました。

3-20141013011.jpg

これも靄のかかる山際を背景にストロボを…、「雨情」のイメージ。

5-20141013060.jpg

村中を歩いていると、あるお家の庭にこんなきれいな花が咲いていました(ストロボ使用)。

花の名前?聞けば思い出すのですが…?

6-20141013020.jpg

お寺(達身寺)近くの歩道に、ピンクの「シュウメイギク」が咲いていました。

嵐を予感させる空を背景に、これもストロボで浮かび上がらせました。

7-20141013068.jpg

ぐるっぺ「ヒロ」の写真展は明日で終わりです、今回の写真展でのひとつの大きな収穫は、個人的なことで申し訳ないのです

が、30年余り出会っていなかった若き頃の友人と出会えたこと、これは感激でした。

明日は最終日なのでまた神戸に行きます、また新たな感動似出会えたら…、期待しています。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

写真展の飾付、その後「中津」へ

10月8日は、ぐるっぺ「ヒロ」第15回写真展の飾付の日。

朝7時過ぎに家を出て、9時半過ぎに神戸ハーバーランド「デュオぎゃらりー」へ到着。

写真プリントや額装を依頼していたADSさんからの作品の到着を待ち、10人余りの会員さんの協力を得て約2時間、 全

紙37点の飾り付け作業を終え、明日の開場を待つばかりとなりました。

その後昼食を済ませ、しかし天気は快晴、時間もありカメラも持参していたので、このまま帰るのも「もったいない」と、とり

あえずJR大阪まで行き下車、阪急に渡る歩道橋はハトの天国、彼らは手すりの上から人間世界を悠然と見下ろしていま

す。

ハトたちは、「何をあくせくしているのだろう人間は…」そんなことを思っているのかも知れません、そんな表現をするには

横断歩道の人間の数が少し少な過ぎるのですが…。



位置を変え見下ろすと、青信号で一斉に渡りはじめる人の群れが目に入りました。

田舎ではお祭りでもこれだけの人は集まりません、何の用があってこれだけの人々が蠢いているのでしょうか。

2-20141008002.jpg

それから少し時間があったので、阪急電車で「中津」まで行き、有名なガード下を訪ねました。

駅を降り反対側に出ると、電車の高架から漏れる光がきれいで、その中に子供の顔の入ったポスターが一枚、なかなか

印象的でした。

3-20141008003.jpg

中津のガード下と言えばこのオレンジ色の照明に味があります。

それでもやがて取り壊される運命のよう、そう言えば店も倉庫もほとんどが閉鎖状態でした。

4-20141008004.jpg

もう一枚オレンジ照明を。

店も倉庫も閉ってはいても、雨よけ効果もあり便利な通路ではあるようで、自転車や人の通行が結構頻繁です。

5-20141008005.jpg

適当な場所で待っていると色んな人が通ります、それだけを狙っても結構写真にはなりそうです。

要は「待ち!」です。

6-20141008006.jpg

道路や建物の存在感、そこに光が当たり影が出来るとそれだけで何となく絵になります。

それにプラス「人の動き」が入るとさらに有効…。

7-20141008007.jpg

と、今日は「スナップ」のみで終了します。

明日からはいよいよ写真展の開催、忙しい忙しい!

続きを読む

台風一過秋晴れの朝、庭ではリンドウが…

心配された台風18号は、東海や関東方面に大きな災害をもたらしましたが、幸いと言っては申し訳ないのですが、当地方に

追い打ちをかけるような被害はなく、少し強めの雨と風だけで通り過ぎました。

残念なのは5日に予定していた神戸のクラブ(ぐるっぺ「ヒロ」)の撮影会が中止になったことです。

さて、一夜明け今日は快晴、朝のやわらかな光が雑草の庭を照らし、中でも私の特に好きな「リンドウ」が鮮やかなブルー

の色鮮やかに花を咲かせていました。

「50㎜1.4+クローズアップフィルタ―」を使用、やわらかな「ボケ」を生かして撮影しています。



山から持ち帰り庭の片隅に適当に植えた野生のリンドウですが、この時期になるとあちこちで花を咲かせ目を心を楽しま

せてくれます。

日陰を背景にすると花が浮かび上がります(18~250㎜ズーム)。

2-20141007014.jpg

まだまだつぼみも多く、これからしばらく楽しめそうです。

3-20141007011.jpg

少し盛りを過ぎた「シュウメイギク」も、朝の光の中でやわらかな花びらを輝かせていました。(50㎜1.4)

4-20141007005.jpg

さらに秋を彩る山野草、「ホトトギス」が花を咲かせ始めました。

ただ、花びらが余りに複雑でスキッとまとめにくく、なかなか写真にはなりにくい花ではあります。

5-20141007015.jpg

どちらかというと、「花のつぼみ」の方が魅力的です。(ストロボ使用)

6-20141007022.jpg

最後は「つぼみ」だけでまとめてみました。

日陰を背景にストロボ一発…、質感も失われずまずまず…かな?

7-20141007025.jpg

明日は、ぐるっぺ「ヒロ」の第15回写真展の飾付のため神戸行きです。

会場は、神戸ハーバーランド地下「デュオぎゃらりー」、期間は10月9日から14日まで、私も含め会員14名が全紙37点の作品

を発表しています.

私は予定では9日と14日には会場にいるつもりです、都合のつく方は是非ご来場いただき「本物のプリント作品」をご鑑賞

ください、お待ちしています。




小雨の高山寺へ…

昨日に続き余裕の一日ですが、今日は朝から小雨模様、台風の影響でしょうか。

それでも何となく、「しっとり」した雰囲気が良かったので近くの高山寺を覘いてみました。

あと一か月もすればそろそろ紅葉が始まるのですが、今はまだ緑が強く、わずかに葉先にそれらしき傾向が見える程度で

す。



今の時期、取り立てて見るものはありませんが、それでもウロウロすれば目につくものはあります。

朽ちようとしている木の根ですが、シダが絡みつきそれなりに絵になります。

2-20141003005.jpg

何時もの石仏ですが、雨に濡れまるで新緑のような楓の葉を背景に、しっとり感のある苔の上に鎮座する姿にはホッとするも

のがあります。

ただこの石仏、少し左に傾いています、眼の錯覚ではありませんのでご安心を。

3-20141003007.jpg

コンクリートの割れ目から芽を出す植物を、「ど根性何とか」と言いますが、これもそのひとつ。

枯葉との色の対比がきれいでした。

4-20141003010.jpg

これは、「椿の実」です、「学生帽の艶出しに使った…」と言えば、歳も育ちもわかりますね。

5-20141003011.jpg

こんな花を見つけました、ミョウガのような茎と葉の先に咲いていました。

名前はわかりませんが、この花びらの質感が素敵でした。

6-20141003013.jpg

シーズンになると見飽きるほどの紅葉ですが、ほんの一枝にだけ色づきはじめた葉を見つけました。

7-20141003019.jpg

人気もなく、特に目を惹くものもないシーズンはずれの境内ですが、あちこち目を凝らし歩いていると、結構色んなものが目に

入ります。それが「写真になるか?」は疑問ですが、それなりに工夫を凝らせば作品に出来ないことはありません。

やがて来る「シーズン」のための予行演習も兼ねて、シーズンはずれを散策するのもまたいいものです。

さて、明日からまた「忙しい?」毎日が始まりますが、頑張ります!

一息ついて「コスモス園」へ…

10月になりました、朝夕はかなり気温が下がり、庭先ではコオロギの鳴き声が聞こえます。

田圃ではほとんどが刈入れが終わり、早くも朝霧がたちこめる日もあり、豪雨災害の復興もなかなか進まないながらも、こ

れからは平穏な「秋日」の到来かと思いきや、御岳山の噴火という、これもまた未曽有の大災害が起きました。

残り少ない我が人生に大きな影響をもたらすものでないと思いつつもこの地球、一体どうなってしまうんでしょうか、心配で

す。

さて、9月下旬は、市民運動会に始まり、写真展の準備や二つの写真クラブの例会…と、何時も通りの忙しい日々で、そ

の間いろいろ出かけたいところもあったのですが、ガマンの日々。

そして今日になりようやく一息ついたところで、少々天候は良くなかったのですが、近くの「コスモス畑」へ行ってきました。

珍しや、まだ彼岸花が残っていました、背景にコスモスを入れてストロボ一発…。



コスモス畑はほぼ満開、ピンク、赤、白…と色とりどりでスケールもありなかなか見応えがあります。

しかし「写真」にしようとすると、ごく当たり前過ぎて、個性ある作品にするには難しい被写体です。

そんな苦労の1枚、多重撮影で花の数を増やし、爽やかさが失われないように少し露出オーバー気味で撮っています。

2-20141002011.jpg

これも少しアップ気味の多重撮影、どの場合でも漫然とでなく、その中で中心となる花を決めて撮影しています。

3-20141002009.jpg

シャッタースピード低速でのストロボ使用で、わざとブラして動きを出しました。

4-20141002017.jpg

風景的にとらえるのは難しいのですが、民家やススキ、柿の木などと合わせれば、少しは変化のある写真となるかも?

5-20141002022.jpg

平凡さを救えるような背景となるものは何でも利用、この場合はちょうど焚火の煙が見えたので背景にいただきました。

6-20141002032.jpg

さて、今週は少し余裕がありそうですが、来週からはまた、クラブの撮影会、写真展の飾付、会場当番、撤収など神戸の

往復の他、田舎の秋祭り、加えて宿直勤務など、かなり強行スケジュールが待ち構えています。

体調に気をつけて頑張ります…!
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR