FC2ブログ

今が盛り「彼岸花」…、それでも写真には難しい

本日も青空と白い雲の秋晴れ、色々出歩きたいところですが、10月に開催する写真展の最終プリントが仕上がったとのこと

で、神戸の写真店「アドス」へ確認に行ってきました。

結果は「満足」です、元データに化粧を施すことでより見栄えのいい作品に仕上がる、それがプロの仕事、そんなことを確

認し、その後、アドスから帰宅発駅の「JR住吉駅」まで結構距離があるので、適当に街角スナップしながら歩きました。

そんな中の1枚、何のことはない露出オーバーの写真、それでも何となく自分で気に入りました、題して「白昼夢」…、です。



JRを乗継ぎ篠山口駅で下車、後は車での移動です。

時間は5時過ぎ、幸いに好天候のため傾いた太陽光が強烈で、道端に車を止め「彼岸花」を狙います。

1-20140922027.jpg

沈む寸前の太陽光は強烈な光芒を見せてくれます、その光線に負けないようにストロボ光を発光し、花の鮮やかさを

浮かび上がらせます、その精度の数値はなかなか難しいところで、何度か試しながら最良の光量を発光するしかない、だか

らまた一筋縄ではいかない面白いところです。

2-20140922030.jpg

「沈みゆく太陽光と逆光となる花の鮮やかさ」、理論的には両立しないはずの現象を、ストロボという機材を使い何とか両立さ

せる、成功したかどうかは疑問ですが、これも写真の面白いところであります。

3-20140922041.jpg

さらにもう一発! 彼岸花の持つ「異様さ」も少し表現できたかなと思います。

4-20140922032.jpg

そしてこれは二日前、わが家の近辺の風景です、ほとんどの田で刈入れが終わり、そのあぜ道に見事に彼岸花が咲いて

いて、何となくホッとする光景です。

5-20140920_0217.jpg

しかし、この度の豪雨災害にあった地域の後遺症は、外部からは計り知れぬ程大きく、終結には程遠い現状のようで、し

かもそんな状況が被害の地域以外に伝わっていないのが現実のようです。

多くの人は、「のど元過ぎれば熱さを忘れる」で済むようですが、この現状はなかなか厳しく、全ての人が、「熱さを忘れな

いように心引きしめる」、そんな心がけが必要かと思う次第です。

淡路・岩屋神社の秋祭り、そして…

14日は、神戸と丹波の写真クラブの合同の撮影会、神戸から13人、丹波から6人の計19名参加の賑やかな撮影会とな

りました。

行先は淡路の「岩屋秋祭り」、やはり「晴れ男」のジンクスは生きていて超快晴の中、明石の渡船場に集合しました。

明石から海峡大橋をくぐり約15分で淡路の岩屋へ到着、少し歩くと、普段は静かな狭い路地の街中をド派手な「だんじり」

が、おはら節、デカンショ節、ズンドコ節など、何でもあれの音頭で盛り上がりながら運行しているのに出会います。



だんじり先端には、着物姿も凛々しい美女たちが日の丸扇子を手に気分を盛り上げます。

この祭りは、踊る、歌う、盛り上げるなどほとんど女性が主の祭りで、男たちはただ力仕事の作業員に過ぎません。

2-20140914013.jpg

だんじりの中では、音頭を取る女性、これからの舞踊に備える少女たちがひかえています。

3-20140914012.jpg

この形で街を練り歩き、ところどころで舞台をしつらえ、少女たちの日本舞踊を披露します。

その舞台の準備に男たちが作業に取り掛かったところです。

4-20140914022.jpg

即席の舞台が出来上がり、その舞台で少女たちの演舞が始まります。

その「色っぽさ?」、とても小学生とは思えません、男女を問わずゾクッとされた方も多いと思います。

5-20140914032.jpg

こうして町内の既定の場所、何か所かを回ります。

6-20140914042.jpg

狭い場所、時間、日差し…等が変わるとまた雰囲気が違ってきます。

7-20140914091.jpg

「祭りを撮るな祭りで撮れ…」の、「祭り写真」の鉄則があります、そんな意味からもこんな1枚は如何…。

8-20140914052.jpg

と、快適な撮影会であったのですが実は私、財布を紛失の疑いありの状況で少し不安、それでも、車の中に置き忘れたの

だろうと安易に考えていたのですが、帰宅していくら探しても見つからず、警察への紛失届、キャッシュカードの使用停止

届け、健康保険証の再発行、運転免許証の再交付…、等で走り回ることになりパニックに、ところが何とあっけなく知人の

車の中から財布が発見され、ようやくパニックから解放され、よってようやくこのブログも心落ち着け書くことが出来ました。

皆さん、落し物にはご用心!ご用心!

別宮の棚田、目線を下げて草むらを覗く…

昨日12日も快晴でした、真っ青な空にぽっかりと浮かぶ白い雲、健康な秋の空そのもの…。

こんな日に家でじっとしている手はありません、ただ腰痛の治療のため出発が10時頃になりましたが、鉢伏高原下の別宮の

棚田を訪ねました。

この棚田、誰が訪ねても、カメラとシャッターを押す指の力がある限りそれなりの写真は撮れます。

ただ、青空を映した水田、早苗の緑、実りの黄金色、あるいは眠り期の真っ白な雪原など…「季節」、空の色や雲の形な

ど、その日の「気候」、朝日夕日等の斜光線など「時間帯」…等、周りを彩る環境により、それなりにインパクトがあったり、

平凡にもなったりと、結構面白い被写体ではあります。

まずは平凡ではありますが状況説明の一枚。



風景に飲まれ、全体を表現したくなるところですが、少し足元に目を移すと、小さな野花や生き物たちがうごめいていて、それ

らをマクロの目で見渡すと、なかなか楽しい世界が広がっています。

そんな一つ「トンボ」、その習性を知ると案外写しやすい被写体です。

一旦逃げても必ず元の位置に戻って来ます、だから焦らずカメラを構え、じっと待っているとシャッターチャンスは巡って来ま

す。

2-20140912012.jpg

私の大好きな「つゆ草」、色んな表情を見せてくれます。

3-20140912018.jpg

「ウド」、なかなかユニークな草花です、ただ「ウドの大木」と、無駄に大きいだけの例えにされますが、高原を彩る貴重な存在

です。

青空と波乱を予感させる白い雲を背景に、ストロボでウドを浮かび上がらせてみました。

4-20140912024.jpg

同じく青空を背景に、線香花火にも似たウドの花を、ストロボで浮かび上がらせてみました。

5-20140912028b.jpg

草むらで野花を撮影していたところ、すぐ側に赤トンボが飛んできました、別に狙っていた訳ではありません、勝手にトンボが

近寄ってきただけです、それでもラッキー…、レンズから数十センチのところでポーズを決めています。

6-20140912040.jpg

棚田の撮影に行って棚田にこだわる必要なし、目線を下げればいくらでも面白い被写体はあります。

今さらコスモスも珍しくありませんが、ストロボを使うことで少し変化が見えますか…。

7-20140912058.jpg

そして今日、10月に予定の”ぐるっぺ「ヒロ」”写真展のプリント見本の確認に神戸に行ってきました。

そしてまた明日は、神戸と丹波の写真クラブの合同の撮影会に淡路岩屋へ行きます、忙しい!忙しい!

「岩龍寺」その後…

前にも書きました、山崩れによる土砂と倒木による当地区の墓地の災害、事故の日は先月の17日、あれから3週間を過ぎ

た今日、墓地を覗いてみました、これがただ今の姿です。

倒木の下に土砂、その下に墓石が埋まっていて、未だ何の手も付けられていません。



見た目では余りわかりませんが、この土砂の層は厚く、わずかに何個かの墓石が浮き上がって見えますが、本当はこの下に

沢山の墓石が埋まっており、先祖たちの霊が魂が眠っています。

だから簡単に重機を使って土砂を掻き出す訳にはいかず、何とも悩ましい状況です。

2-20140909003.jpg

その後、前にお伝えした「岩龍寺」の状況を見に行ってきました。

崩れた崖に少し手が加えられていましたが、お寺へは「足元不安定につき立入り禁止」の立札が建てられていました。

3-20140909007.jpg

もちろん、「独鈷の滝」へ向かう山道もこの状態で、容易には進めそうにはありません。

5-20140909012.jpg

道ぶちにこんな鉄の塊がありました。

遠くから見た時には「何だろう?」と思ったのですが、側に寄りタイヤが残っているのを見て「自動車」と確認しました。

そういえば何時も渓谷沿いに黑い軽自動車が停まっていました、それがこの有様、その破壊のエネルギーのすごさに驚きま

す。

6-20140909005.jpg

これは木の根、たぶん土の中に埋もれていたであろう部分ですが、流された石や岩等に激しく削られたのでしょう、きれいな

地肌を見せています。

それでも根を貼り続けるこの木の生命力に感動します、またこの形や色が芸術的であり、シャッターを押したくなります。

7-20140909015.jpg

これもそのひとつ、石や岩に細かく削られ、そのささくれだった表皮はまるで羊の毛皮のようにも見えます。

これも普段では見慣れない光景です。

8-20140909019.jpg

まだまだ復旧は難しく、この秋の紅葉を楽しむことは出来そうもない「岩龍寺」を後に、稲田の中の道を走るうち、早くも花

を咲かせている「彼岸花」を見つけました。

9-20140909022.jpg

シーズンには珍しくもない花ですが、少し早すぎる開花に、やはり車を止めてパチリ。

色々ありますが、季節はちゃんと巡って来ているようです。

久しぶりの快晴!「日本へそ公園」へ…

昨夜もかな雨が激しく降っていたようですが、今朝は打って変わって快晴、久しぶりの青空です。

ただし今日は朝から地域の溝掃除、消防ホースで側溝の泥を流したり、生い茂った溝縁の雑草を刈ったり、と約2時間、これ

は春と秋に各1回、必ずしなければならない作業で、大抵の場合、雨の中カッパをかぶりずぶぬれで作業を行うことの方

が多いようですが、今日は幸い「晴れ」で助かりました。

作業を済ませた後シャワーで汗を流し、少し用があり、昼前に西脇市の岡之山美術館を訪ね、ついでに「日本へそ公園」をカ

メラをぶら下げ散策しました。

緑の並木に木の影、ベンチで休む人影もありました。



東経135度と北緯35度が交差する「日本のへそ」の象徴、「テラ・ドーム」、何となく異次元の世界を思わせます。

2-20140907007.jpg

何のことはない「遊具」ですが、光の状態によれば何となく不気味にも見えます。

3-20140907015.jpg

青空を悠然と闊歩するウシ、公園内にはこんなモニュメントが沢山あります。

4-20140907008.jpg

ちょっとセクシーな…。

5-20140907010.jpg

太陽光をその端に入れると、また違った印象になります。

6-20140907024.jpg

今日は休日、しかも久しぶりの快晴なのでここ「へそ公園」も多くの家族づれが訪れ、子供たちは遊具で楽しみ、大人たち

は日陰で会話を楽しみ…と、平和な時が流れています。

そんな子供たちの遊具で遊ぶ一コマ。

7-20140907019a.jpg

肖像権の問題もありますので、出来る限り表情を見せないように、少しつぶしていますが、この天真爛漫な様子はうかが

えるのでは…。

今朝も「大雨洪水警報」発令…

昨夜も激しい雨でした、そして又今朝6時過ぎに、丹波地域に「大雨洪水警報」が発令されたとして、防災無線で「避難勧告」

が出され、しばらくして、小中学校の「登校見合わせ、自宅待機」の放送が流れました。

多くの地域で先日の災害の復旧さえまだ半ばなのにどうなることか、と不安に思い時を過ごすうち、7時過ぎに、「警報解除」

「避難勧告解除」「登校見合わせ解除」の案内がありホッとして、それからしばらくウトウトと時間を過ごしました。

最近のまるでピンポイントで丹波地域を狙ったかのごとき異常気象は、何なのでしょうか、これから台風のシーズンを迎え不

安が募ります。


そんな今日、何時もの川土手に出て見ました、幾分水かさは増したものの先日に比べればまだまだ、何しろこの緑の草むら

が完全に水没していたのですから。、



水かさの増した中州では、アオサギが一羽佇んでいました。

2-20140905003.jpg

少し行くと、アオサギと鵜が川上を見つめ思案顔でたたずんでいました。

3-20140905005.jpg

さらに行くと、茶色い濁流を前に鵜たちの井戸端会議、「これじゃー漁も出来ないなー、参ったなー」の会話が聞こえて来そう

です。

5-20140905020.jpg

そんな生き物たちとの思いとは無関係に、「月見草」が陽を浴びて萎みかけながら水滴に助けられ、まだわずかに花の形を

保っていました。、

6-20140905009.jpg

と、今日も報道写真が主、それでも少し「作品」らしきものも一枚。

7-20140905013.jpg

草むらを覗くと、こんなつる性の草がありました。

草むらは写真の宝庫、光と影さえあれば…、逆光に映えるヒゲとツルの形が面白い、龍がうごめいているようにも…見えませ

んか?

レトロな市場、西脇市「寿市場」を訪ねる

豪雨災害の日から2週間が過ぎましたが、相変わらずこの話題から始めなければならないのは悲しいことです。

新聞紙上では、圧倒的に広島の災害のニュースが飛び交っていますが、こちら丹波でも負けず劣らず厳しい状況が続いて

いて、水道下水等、ライフラインに関わる事故処理さえ依然として進んでいないようで、それだけでも何とか早い復旧をと願

いたいところです。

我が地区では、墓地が地滑りにより倒木と土砂に埋もれ、墓石が倒壊、遺骨が散乱した状態ながら、その厳しさに二次災害

の恐れもありとして「個人での対応不可、立ち入り禁止」の状態が続いています。

出来れば早急な処置が欲しいところですが行政側は、まずはライフラインの回復が第一といい、その順序から言えば後回

しになるのは仕方ないとしても、そこに先祖をお祀りする方たちにしてはいたたまれないものと思われます、先日はそのた

め「慰霊祭」も行われました。

幸いと言っては申し訳ないのですが、我が先祖の墓地は別の地にあり、そんな災害からは逃れることが出来ました。


そんな中、余りに暗い報道写真ばかりではと、先日のある新聞で見かけた、「西脇市のレトロな市場後」の撮影に出かけま

した、場所は「西脇市北本町の”寿市場”」。

ところが地図でいくら探しても見当たりません、それで市役所の観光課を訪ねると、「あゝ新聞に載ったところ?」と、即教え

てくれました。ただ、そうして聞かない限り解るはずがありません、何の表示もないのですから…。

これがその場所で、この煙突の下に「寿市場」たるものがあったようです。



真ん中の店を挟んで両側に2段、これがすべてのようです。

2-20140902005.jpg

左側の店、今は何の看板もありませんが、この木造の市場が過去にはすごくにぎわったようです。

4-20140902004.jpg

奥行わずか2、30メートル、歩いても1分とかかりません、今は昔…、何となくその頃の光景が浮かんできそうです。。

3-20140902003.jpg

忘れられた傘…、なぜかこのような光景に心惹かれます。

5-20140902009.jpg

その表にはこんな居酒屋が…、「商い中」の看板はあがっていますが、恐らくもうやってないのでしょう。

6-20140902002.jpg

古い街中をはずれ川ぶちに出ると、こんな花が咲いていました(ニラかラッキョでしょうか)、青空と「あいさつ橋」を背景に…。

7-20140902007.jpg

少し開けた通りに入ると、こんな銅像がありました。

ピアニカを吹く少女、背景に並木と自転車の通行人を入れて…。

8-20140902008.jpg

どんな街にも色んな歴史があります、そんな歴史を感じさせる街並みや建物等に出会うと心揺さぶられます。

大きさや有名無名にかかわらず、そんな街を求めてこれからも、時間の限り彷徨いたいと思います。
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR