FC2ブログ

彼岸花咲く…

彼岸(ひがん)とは、「彼(か)」の「岸」、「此岸(しがん)」に対する向こう岸、単純に言えば、此岸が「この世(煩悩と迷いの世界)」ならば、彼岸は「あの世(悟りを得た極楽浄土の世界)」です、それは此の世から見れば憧れの世界?かも知れません、ただ行ってみなければそれはわかりませんし、まだまだ「煩悩と迷いの世界」の未練は絶ち切れないのが現実で、それが普通の人間の姿でしょうか。

記述によれば「昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に既に彼岸の世界へ行った人たちを供養するとともに、まだ辿り着けずにいる人たちに早く向こうへ辿り着けるように祈るというのが彼岸の趣旨」とあります。

だからこの日、すでに旅立った人に手を合わせ、「そう遠くない将来に私もお世話になりますのでよろしく?」とお墓参りしてお願いするのが行事となります。

そんな時期に合わせて毎年のように花を咲かせるのが「彼岸花」、まるで地中でつながっていて、「彼岸」の指令ひとつで花を咲かせているかのように忠実です。

彼岸花3

葉が全くなく茎と花びらだけのシンプルで鮮やかな花です。
しかし最近でこそ、その姿や色の鮮やかさから大切に保護されていますが、昔は必ずしも花として好意的に扱われた訳ではなさそうです。

それは鱗茎に毒を持つ故に、ネズミ、モグラ、虫などから田畑を守り、また土葬の墓地が動物によって掘り荒されるのを防ぐためなどの用途で植えられたため、不吉な花のイメージが広がったからです。

彼岸花2

この花には別名がたくさんあります。そのひとつ「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」、単に外国語をあてはめただけのようですが、何とも美しい響きです。

その他、「狐の松明(きつねのたいまつ)」、「狐のかんざし」、「剃刀花(かみそりばな)」、「葉見ず花見ず(はみずはなみず)」等々…、姿形からなる程と思います。

彼岸花4

しかし、「死人花(しびとばな)」「地獄花(じごくばな)」「幽霊花(ゆうれいばな)」、「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)」、「天蓋花(てんがいばな)」等々…、それはないでしょー!

こんな呼び名が「不吉な花」のイメージを作り出しているのです。

彼岸花5

収穫のすんだ田圃のあぜ道に咲く彼岸花、秋の好日を演出する実に爽やかな姿です。

こんな姿を見てホッとします…。

「丹波篠山・まちなみアート」開催中です

台風18号は近畿以北に、50年に一度と言われるほどの甚大な被害を残して過ぎ去りました、被害に合われた方々にはまことに申し訳ないのですが台風一過、一昨日からの快晴に心地よい日々を過ごしています。

そんな今日、篠山市河原町の町家で開催されている、近辺の造形作家や画家たちが町家をそのまま美術館にして展示するという「篠山まちなみアート」に行ってきました、と言っても、私などに難しい造形作家の作品が理解できるわけではなく、そんな催しで人出が何時もより多い街角のスナップ、が主眼です。真剣に作品に取り組んでおられる作家の方々、ごめんなさい…。

ただ本日は平日で、しかも時間が早かったために人通りはほとんどありません、それでも光があり影があるおかげでモノに立体感が出てきます。

そんな日陰の部分にちょうど通りかかった郵便屋さんが入り、うまく赤と白の色彩が浮かび上がりました、「影」がなければこの作品は成立しません、郵便屋さんと影にありがとう…。

篠山街1

街中には結構おしゃれなお店があります。これは何屋さんでしょうか、風鈴やガラスコップや陶器などが展示されています。

篠山街2

少し目線を上げると、街角を映しこんだガードミラーと街灯が絡み合っています。
街灯の背景に太陽の光を入れてパチリ。

篠山街4

店先にカエルの置物を見つけました、横から見ると目ん玉がなかなか強烈です、その目玉を主に、背景に町並みみと自転車のおじさん(少し小さいですが)を配してパチリ。

この場合も、強烈な「影」が平凡さを救ってくれています。

篠山街3

約1時間、約100コマの撮影、全部見せられればいいのですが、これでご勘弁を…。

最後に篠山城のお堀の傍に咲いていた「彼岸花」を一枚。
背景はお堀の水、PLフィルター使用で水面は黒く落ち、花とススキがうまく浮かび上がりました、そのうえ、右下小さくて目立ちませんが、私の好きな「つゆ草」もわずかに顔を見せています。

本当はもっと大きな画面で見せたいのですが…。

篠山彼岸花

以上、その他にも刈入れの済んだ田圃など200コマ、計約300コマを撮影した快晴の一日でした。



行ってきました「たかさご万灯祭」へ

14日、神戸の写真クラブの撮影会で、高砂市の「たかさご万灯祭」に行ってきました。

天気予報では曇りか雨? しかし「晴れ男の私が行く撮影会に雨はなし…」のジンクスは今回も生きていて、夕方には青空に夕照も見られました、これぞ私の威力、すごいすごい!

先日の大阪中崎町と同じくここ高砂市高砂町も、昔の面影が、言わば昭和の香りが色濃く残された町で、私たちの年代の者には何となくホッとできる、時には涙が出そうになるような、そんなレトロな町です。

その町中で祭りのメインは夜、「万灯祭」の文字通り、高砂神社を中心に路地のあちこちにろうそくの明かりが点灯され、各所で演奏会等が開催されるなど、10月に入り開催される勇壮な「秋祭り」等とは少し趣を異にするやさしい祭りでした。

そんな会場となる、レトロな町を象徴するある商店のたたずまい、昔はどこにでもこんなお店がありましたよね。

高砂町1

蔦の絡まる崩れかけた土塀、かなり大きなお屋敷のようですが、人の住んでいる気配はありません、こんな風景が結構あちこちに残されている、高砂町はそんな不思議な町でもあります。

高砂町3

そんな町の中心、謡曲「た~か~さ~ご~や~…」で有名な高砂神社内では6時過ぎから、ろうそくの点灯が始まりました。
ひとつひとつの明かりは単純でも、こうして多くの明かりが一つの規制をもって配置されると、全く別の意味を持って来ます。

単純でありながら、色、配置…等々、その構成によりまた別のものに変革される、芸術とはそんな「紙一重」の差にあるのかも知れません。

万灯ろう

見逃してしまいそうですがよく見るとそこには、大きくはないが明日あさっての身近な願いが書かれています、そんな願いが一つ一つ叶うことで、そんな繰り返しで人生を豊かに生きていく事ができる、「祭り」にはそんな思いが込められているのでしょうか。

万灯ろう2

等間隔で街中を彩るローソクの明かり、どこを歩いても幻想的な雰囲気が漂います。

そんな中、昔ながらの風情で有名な風呂屋の建物がライトアップされ、鮮やかに浮かび上がっていました。

風呂屋

その後は例にもれず、気安い写真仲間との一杯…、これがまたたまらん!!


初秋の棚田

一難去って久しぶりに見られた澄み切った青空、白い雲、悲しげなヒグラシの鳴き声…、ようやく漂い始めた秋の気配…、近辺では稲刈りが始まりました。
幸いに今日も青空、そろそろあの棚田でも稲刈りが始まったのではないかと、養父市の「別宮の棚田」へ出かけました。

その道中、眼に入る風景は黄色く色づいた稲田ばかり、その稲穂に光が当たるとまさに「黄金色」、そんな風景は、米を主食として育った日本人のDNAがなせる技か、何故かホッとし心安らぐものがあります。

「別宮の棚田」はちょうど田植え前に写真クラブで撮影に出かけたところですが、あれから約4か月でこのように見事に稲穂が実っています、定番ですが、その証拠写真を一枚。

棚田1

あぜ道を散策…、草むらにしゃがみこみ目線を下げると、普段は見えないものが見えてきます。

動くごとに小さな生き物が飛び跳ねます。

まずは「蝶々」、一心不乱に花の蜜を吸っています。

チョウ1

次は「バッタ」、何か獲物を狙っているのか、その獲物がそれとも知らず近づいてきています。

バッタ

ここは「赤トンボ」の宝庫で、シーズンには多くのトンボが飛び交っています、また一度とまった場所に必ず戻ってくるという習性を知れば、まさに撮り放題の題材なのですが、少し時期が早いのかまだ余り見かけません。

そんな中で貴重な一匹を見つけました。

赤トンボ

ここの棚田は鉢伏高原の少し下、「シシウド」が沢山あります、「ウドの大木」と大きさの割に役立たずの例えにされて気の毒な花ではありますが、その花はちょうど「線香花火」のようでなかなか魅力的です。

そしてこの花は青空が似合います、青空と白い雲を配してその雄姿を一枚。

シシウド

そして最後にまた何故か、「つゆ草」を…。

我が家のそれと違い、栄養も行き渡りふくよかで、よりやさしく見えます。

つゆ草bb-2

大阪の下町を散策…

昨日は丹波の写真クラブの撮影会で大阪の中崎町へ行ってきました。

当日は天気予報の通り朝から雨、「私の行く撮影会に雨はない」と「晴男」を自負する私ですが、さすがに今回はそのジンクスも破れたか、と自信を失いかけたのですが、出かけるころには雨もやみ、大阪に着く頃には陽が射し青空が見えてきました、私のジンクスは生きていたのです。

午後2時、参加者6名が現地に着いた頃は、雨どころか日傘や日よけの帽子が必要なほどの好天、それから約2時間、腰を下ろすことや水を飲むことさえ忘れ、シャッターチャンスを求めて近辺を散策しました。

大阪中崎町、それは市内ど真ん中にありながら都市開発から取り残されたような、古い民家や長屋が密集した町ですが、ごみごみしたところはなくきれいに丁寧に手入れされていて、民家をそのままカフェーにしたり、小物店にしたり…、と実におしゃれな町で、若者、特に若い女性に人気があるようです。

もうひとつの特徴は、そんな古い街並みの背景に、必ず新しい高層ビルやマンションの姿が見られること…、その「新旧」の対比はカメラマンにとっては大きな魅力で、単にノスタルジーに浸るだけでなく、そんな視点から見ると実に興味深い町です。

まず、ある店先のキリンの置物、何ともとぼけた表情が魅力的で、何となく中を覗いてみようかと言う気にさせます、「あそびや」とありますが衣料店のようです。

あそびや

歩けば歩くほどに、ユニークな建物や店が目に入ります。

そのひとつ、店先が朝顔の蔓に覆われたカフェー、面白いのはその背景に高層マンションがそびえていること。

朝顔喫茶

また面白い店を見つけました。

その昔、民家や商店などにかかっていてどこででも見られた商品宣伝の看板、テレビなどにとって代わる以前はこれが大きな宣伝手段だったのですね。

右から左への横書きも、メリヤスなどと言う言葉もなつかしい…。

昔看板

衣料店の店先にある鳥と鐘の飾りもの、ストロボ一発で背景から浮き上がらせました。

店番

そして軒先に植えられた朝顔や緑の植物、自転車…等々、生活感あふれた長屋の風景、その奥には高層ビルとマンションが顔をのぞかせています。まさに新と旧が混在したこの町を象徴する風景です。

路地

ただひとつ、心配事は地震です、どうかこの町並みを壊さないように…。

雨の高山寺へ

二つの台風の影響を受けてか、大雨洪水や竜巻等で一昨日から各地に大きな被害がもたらされています。

思えばここ数年前から、今までに経験しなかったような大きな災害が頻発、天変地異の現れでしょうか。
そういえば地球も単なる物体でなくひとつの生き物…、であれば怒りもすれば笑いもする、くしゃみもすればイビキもかく…、そんな地球を誰かが怒らせたのでしょうか…?荒ぶる地球をなだめる手立てはないものでしょうか…?

そんな大雨の今日、浸水や洪水で悩まされている人たちに申し訳なく思いながら、こんな日こそ普段と違う写真が撮れるのではと、傘とカメラを持って近くの高山寺へ出かけました。

まず、濡れた参道、雨に打たれるモミジ…、少し重々しい雰囲気を一枚。

雨の参道2

雨に煙る参道はなかなかいい雰囲気です。

雨の参道1

雨に洗われた木々は鮮やかで新緑のようです、そんな中、参詣者を見守る石仏が一体…。

雨の境内1

石畳に散る落葉が雨に濡れて鮮やかです。

雨の境内2

そこではたと考えました、私は一体何をしてるのだろうと…。

大雨洪水警報が出されている中、誰もいないお寺の境内で、雨にぬれ足元をびしょびしょにぬらしながら、何でこうしてカメラのシャッターを押しているのだろうと…。

答えはひとつ、それでもやはり「いい写真が撮りたいから…」であります。
なのにこの結果は何!

降雨


大雨洪水注意報発令!

昨日1日は、午前に地区内の溝掃除、その後「防災訓練」で炊き出しやAEDの講習と午後2時過ぎまで。その後少し休憩して夕方から市役所の宿直へ、と忙しい日でした。
 
ところが宿直明けの今朝、播磨丹波地域に「大雨洪水注意報が発令」されました。おかげで早朝より「浸水、がけ崩れ、道路冠水…」等々の通報が1時間に100本近くも入り、電話2台、宿直者2名での対応には限界があり大混乱、かなり疲れました。
通報によれば丹波市各地で「床上、床下浸水や道路の冠水で通行止め」等かなり大きな被害が出たようです。

幸いに私の家は無事で、帰宅後家の裏手を覗いてみると、刈入れの済んだ田は水浸し、遠くには色づいた稲穂と山にかかる雲…、となかなかきれいでした(そんなこと言ってられないのに…)。

雨後

その後、雨は降ったりやんだり…の繰り返し。
小休止の間に庭に出てみると、シュウメイギクが花を咲かせていました、しかし雨に打たれ花びらが少し痛んでいて、かわいそう。

シュウメイギクb

目を転じると、ニラの花に蝶々…、多分「シジミチョウ」と言うんでしょう?小さなチョウが食事をしていました。そしてその蝶と対面するかのように、小さな蜂もいました、共存共栄…、そんな大したものではありませんが、何となく微笑ましい一瞬でした。

シジミチョウ3

次は蝶のアップ、背景とボケを生かしてほのぼのと…。

シジミチョウ5

ただし、そんな悠長な天候ではありません、その後は断続的に激しい雨降り…、大きな被害が出なきゃいいのですが…。
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR